浮気・不倫をメインに法的書面作成と最新の情報を提供するサイト  【男女問題専門】行政書士アークス法務事務所 受付10:00~18:00

-契約書・誓約書の作成を通じて不倫浮気トラブルを解決します-

本気で不倫浮気を解決する
男女の契約書・誓約書作成.com

日本行政書士連合会 登録番号14130747 行政書士アークス法務事務所

24時間メール受付中

経験豊富なプロが対応

【ご相談実績3,000件以上】不倫・男女問題専門の行政書士

上手な内容証明文書の書き方

日本行政書士連合会 登録番号14130747
行政書士アークス法務事務所

相手の行動を促す通知書の書き方

・不倫相手とまともな話し合いにならない場合も多い

不倫・浮気、男女問題専門の行政書士アークス法務事務所です。

 

それでは早速、「上手な内容証明文書の書き方」について、本ページで私と一緒に考えてみましょう。

 

不倫相手から不貞行為の慰謝料を支払ってもらうことは、一筋縄ではいかないことが多いです。 

 

不倫相手は、慰謝料を支払わなければならないということを理解しているにもかかわらず、素直に支払いに応じません。

 

人は誰であれ、金銭の支払いを履行することは苦痛なのですから仕方がありません。

 

ではどのようにして相手の行動を促せば良いのでしょうか。

 

不倫、浮気相手に対して直接メールで、不倫関係解消と謝罪・慰謝料を要求している方も多いかと思います。

 

直接、不倫相手に接触してみても反応が薄く、反省の弁もない、不倫相手とまともな話し合いにならないということも多いと思います。

 

『不倫相手の奥さんから、謝罪と慰謝料を要求されている。相手の奥さんには悪いことをしたとは思うが、金銭を支払う必要は無いと考えているので、メールは無視している。』

 

もしかすると、不倫相手はこの程度でしか捉えていないかもしれません。 

 

本人同士の電話、メール、LINEなどのやり取りでは、まともに話し合いのテーブルに乗ってこない、話し合いによる示談を進めることができない、そのような相手に対しては、書面による通知、内容証明郵便で通知書を送付するという方法をお勧めします。
 

・無視をしたら損をすることを、相手にイメージさせる

内容証明郵便による通知書には、こちら側がどのような被害を被っているのか、どれだけの精神的苦痛を受けているのかを伝えたうえで、法的な根拠に基づく請求を行うことになります。

 

そして、法律の根拠に基づいて、相手方に対して不貞関係の解消や、慰謝料の請求を行うことになります。
 

通知書で要求された不貞関係の解消・慰謝料の支払いに応じなければ、さらに状況が悪化する、もはやうやむやにして逃げることはできない、と不倫相手に対してしっかりとイメージさせる内容にする必要があります。

内容証明郵便という方法で正式な通知書を受け取り、プレッシャーを与えられた相手方は、こちらの主張をこれまでと同じように無視することはできないはずです。

 

通知書によって、こちらが本気でこの問題に取り組んでいることを知り、もはやごまかし続けることはできないことを悟り、通知書一通で不貞関係の解消・慰謝料の支払いに応じ、問題が一気に解決するということも多くあります。
 

・相手の考えを探ってみる、返事をもらう

不倫相手と話し合いを行う上では、相手が何を考えてどのような主張を持っているのかを知る必要があります。

 

もしかすると、不倫相手は、自分の行動で他人にどれほどの精神的苦痛を与えているのか想像できていないかもしれません。

 

不貞行為を軽い火遊び程度にしか考えていない。そんな不倫相手に対して、「不法行為を直ちに中止すること」を書面で正式に要求すれば、簡単に縁が切れるというケースもあります。

 

一方、誰かに甚大な精神的苦痛を与えていると理解しながら不貞関係を継続している、こちら側が大きな被害を被っている事を承知のうえで、それでも不倫を止めない悪質な場合もあります。

 

まずは、不倫相手がどんなつもりなのか、相手の考えを探る必要があります。

 

不倫相手の考えや主張を知るためには、不倫相手から内容証明に対する返信や謝罪、何らかの反応を得ることを第一に考えなければなりません。

 

内容証明を受け取った後、あなたに返事をしなければ、もっと不利な状況になることを相手にイメージさせる文書にしなければなりません。

 

内容証明郵便による通知書を送付しても相手から何の反応もない場合、書面を無視されて話し合いが進まない場合、こちらの次の手段は、調停や訴訟など裁判所の手続きで解決を図ることとなります。

 

こちらも、不倫相手も裁判で争うことまでは望んでいないはずです。

 

そこまでの事態に発展してしまう前に、示談の成立(示談解決)を第一に考えて、まずは不倫相手に話し合いのテーブルに乗ってもらうことが必要です。
 

・[脅迫、名誉棄損]内容証明で送付した書面が、不利な証拠にならないよう注意する

ご自身で内容証明郵便を送る場合、送付した通知の内容は書面としてすべて記録が残ることを念頭に置かなければなりません。

 

感情の高ぶりから「あなたの職場や家族にすべて暴露する!」「社会的な制裁を受けさせてやる!」などといった、脅迫的な表現は絶対にNGです。

 

慰謝料を払わないと訴えるという内容も、表現を間違えれば脅迫と捉えられてしまう可能性があるため、書面中の文言の使用には、十分配慮する必要があります。

 

また、むやみに相手の職場へ情報を開示してしまうと名誉棄損などと、言いがかりをつけられる恐れもあるため、通知書の宛先は、基本的には相手の自宅住所へ送付することになります。

 

どうしても相手住所がわからず、やむを得ず職場に送付する場合には、少なくとも「親展」扱いで送付するなど、最低限の配慮は行ってください。

 

最後に、実際に内容証明郵便を発送することになったら、もう一度文面を読み返してみて、脅迫めいた、行き過ぎた表現をしていないか、十分に確認・検証する必要があります。
 

・時には心を込めて、心情に訴えることも

内容証明郵便による通知書は、冷静、丁寧、論理的な文面とすることが基本で、かつ、こちらの通知を無視して何も対応しなければ、さらに不利な状況になることを、不倫相手に分かりやすく伝える必要があります。

 

通知書の文面は、論理的に書く必要がある一方で、時には相手の感情に訴えかけて、気持ちを込めて書くことが効果的な場合もあります。

 

お互いに相手の立場を考えられる程、ある程度の気持ちの整理がついていなければ、当事者同士が、お互いに納得したうえで示談を成立させて、和解解決に至ることは困難です。

 

ただし、不倫相手にへりくだる必要はありませんので注意が必要です。

 

不倫相手の立場を考慮して、不倫相手が心から反省し謝罪してくることを期待して、精一杯、誠実に優しく接しているのに、逆に、甘い相手だと不誠実な痛いしっぺ返しを受けることもありますので、必要以上にへりくだる必要はありません。
 

慰謝料請求の書面作成は当事務所にお任せください

・メール交換によるサポート、男女問題専門の行政書士が作成します

不倫や浮気といったショッキングな事態に直面し、心身ともに疲れ果てていらしゃることかと存じます。

 

このうえ、不倫相手に主張することなど、正直もうどうでもよい気持ちかもしれません。

 

しかし、不誠実な不倫相手は野放しに放置され、被害者であるあなたが、このまま泣き寝入りしなければならないというのは、納得することができません。

 

あなたは不倫相手の不法な行為により、甚大な被害を受けている可能性があるからです。

 

慰謝料の請求について、今回受けた苦しみは、お金で解決できるものではないかもしれません。

 

しかし、不倫相手から慰謝料を受け取ることを、一つの区切りとして「気持ちの整理をつける」という考え方もあります。

 

不倫相手と直接話し合うことは、受けた傷口をさらに広げることにもなるため、できるならもう関わりたくないという心情であることが通常です。

 

そのような場合であっても、内容証明郵便による通知書を不倫相手に送付するという簡易で、かつ、効果的な方法がありますので、一度検討してみてください。

 

本ページを運営している、行政書士アークス法務事務所は、事務所開業当初から一貫して不倫や男女問題に関する書面作成を専門としているため、より多くのノウハウを有しています。

 

夫婦で取り交わす誓約書をはじめ、示談書・和解合意書、不倫相手への慰謝料請求の書面など、経験豊富でこれまでに多くの依頼を手掛けています。

 

不倫・男女問題でお悩みの方には書面作成のご依頼を通じて、メール交換によるサポートを行うことも可能です。

 

また、より多くの方にご依頼いただき、お抱えの男女問題を解決して頂きたいため、手軽に誰でもプロ(専門家)に作成を依頼できるような、利用料金の設定を行いました。

 

プライバシーに関することや、センシティブな身の上の問題を取り扱うことになるため、他人に相談や依頼することをためらってしまう方がいらっしゃいます。

 

メール交換で、お客様の状況を聞き取り、文書の内容を決定していくので、プライバシーを尊重したまま書面を完成させることができます。

 

他人に相談することをためらうような問題でも、気にせずに相談・依頼をすることができます。

 

この機会に、不安で苦悩する日々ときっちり決別する、勇気ある行動を起こしてみてください。

私がお手伝いいたします。
 

事務所概要

通知書作成サービスの料金表

料金表

・通知書作成、送付手数料

(郵送実費、メール相談・サポート含む)

¥22,000円(税別)

クレジットカードによる手数料のお支払いが可能です

当事務所では、お一人でも多くの方にサービスをご利用頂き、不倫・浮気に関する問題を解決して頂きたいと考えています。
不倫専門のプロが作成した『本物の契約書』をご提供いたします。
依頼者に有利となる高品質の書面を提供することで、社会に貢献していきたいと考えております。

開業以来、男女関係の法的書面作成専門
日本行政書士連合会 登録番号14130747
行政書士アークス法務事務所
 

・既に係争中(争いが生じている)事案についてはお受けすることができません。
裁判所への提出書類は作成することができません。

お取引の流れ

「通知書作成サービス」お申込みはこちらのフォームから

「通知書作成サービス」をご希望される方は、以下のフォームより申込みください。
当方からメールにて、折り返しご連絡いたします。

【ご依頼前に必ずお読みください!】

・通知書を発送する際、相手の住所(普通郵便に限り職場へ送付可)と氏名、および、通知人(お客様)の氏名・住所が必要になります。


また、料金のお支払いをもってお客様からの正式なお申込みとさせていただいております。
フォームの送信で費用等は発生いたしませんのでご安心ください。

以下のフォームに必要事項をご記入の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。
個人情報の取り扱いは厳重に行い第三者への提供等は行いませんのでご安心ください。

(例:山田太郎)

(例:sample@yamadahp.jp)
※メールアドレスの入力間違いが多く発生しています。十分にご注意ください。

「@docomo.ne.jp」「@softbank.ne.jp」「@ezweb.ne.jp」といった携帯キャリアのアドレスの場合、初期設定等により、こちらからのメールが届かないケースが非常に多いです。
当事務所のアドレス「info@kekkon-keiyaku.com」
を受信できるよう再設定頂くか、または他のメールアドレス(gmail.yahooメールを推奨)をご利用ください。

より適切なご案内をするため、お客様の状況や、どんな文書を作成したいのかを、できるだけ詳しく教えて下さい。

通常は当方とのメール交換で、書面を作成することができます。

お客様の生の声を紹介!

当事務所は、男女問題に関する法的書面作成で多くの実績があります。多数のお客様の生の声を是非ご覧頂き、安心の実績をご確認ください。

メールお問合せ、ご相談は24時間受付中!

お問合せ・ご相談はメールフォームにて受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。お友達にメールするように気軽に、お問合せ・ご相談していただいて構いません。

info@kekkon-keiyaku.com

 受付時間:24時間受付可能 
※こちらから営業・勧誘等で連絡はいたしませんので、ご安心ください。

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

info@kekkon-keiyaku.com

メールでのお問合せは24時間《無料》で受け付けております。メールにてお気軽に問合せていただいて構いません.
遠慮なくご連絡ください。

サイドメニュー