浮気・不倫をメインに法的書面作成と最新の情報を提供するサイト  【男女問題専門】行政書士アークス法務事務所 受付10:00~18:00(年中無休)

-契約書・誓約書の作成を通じて不倫浮気トラブルを解決します-

本気で不倫浮気を解決する
男女の契約書・誓約書作成.com

日本行政書士連合会 登録番号14130747 行政書士アークス法務事務所

24時間メール受付中

経験豊富なプロが対応

【ご相談実績2,000件以上】不倫・浮気問題専門の行政書士

上手な内容証明文書の書き方

【男女問題専門日本行政書士連合会 登録番号14130747 行政書士アークス法務事務所

・上手に利用すれば、膠着していた状況が一度に解決することも

不倫・浮気問題専門の行政書士アークス法務事務所です。

 

それでは早速、「上手な内容証明文書の書き方」について、本ページで私と一緒に考えてみましょう。

 

様々な男女間のトラブルが日本中で毎日発生しています。

 

正式に婚約した後に翻意し、やはり結婚できないと言いだす人。離婚の際に取り決めた、子供の養育費を支払わない人。別居の際に、妻の生活費を支払わない人。

 

本来は金銭を支払わなければならないことを認識しているにも関わらず、人は誰であれ、金銭の支払い義務を履行することは苦痛なのです。

 

浮気相手に対して直接メールで、不倫関係解消と謝罪・慰謝料を要求している方も多いかと思います。ただ、相手からの反応も薄く、まともな話し合いにならないのではないでしょうか?

 

『不倫相手の奥さんからメールで、謝罪と慰謝料を要求されている。相手の奥さんには悪いことをしたとは思うが、金銭を支払う必要は無いと考えているので、メールは無視している。』

 

浮気相手は上記に記載した程度にしか捉えていないかもしれません。

 

このように、メールや本人同士のやり取りでは、まともに話し合いのテーブルに乗ってこない相手に対して、内容証明郵便を送付します。

 

内容証明には、法的な請求はもちろんのこと、こちら側がどのような被害を被っているのか、どれだけの精神的苦痛を受けているのかを丁寧に記載します。

 

そして、法律に則って慰謝料請求を行います。

 

そこに記載された慰謝料額を支払わなければ、もっと不利になると感じるような、もう逃げることはできないと相手に多少のプレッシャーを与えるような文面にします。

 

要するに、内容証明に記載されたこちらの要求を無視すると、もっと損をするのではないかと考えてもらえるような内容を記載します。

 

内容証明という正式な書類が送付され、おそらくパニックに陥っている浮気相手は、こちらの主張をこれまでのメールや連絡と同じように無視することはできないはずです。

 

こちらが本気で取り組んでいることを知り、手紙一通で関係解消・金銭の支払いに応じ、一気に解決する場合も多くあります。

・相手の考えを探ってみる/返事をもらう

浮気に関する話し合いを行う上で、相手が何を考えてどのような主張を持っているのかを知る必要があります。

 

相手は浮気という行為で誰かに被害を与えていると理解していないかもしれません。

 

軽い火遊び程度にしか考えていない浮気相手に対しては、「貴方のやっていることは不倫という不法な行為なので止めるよう」に求めれば、簡単に縁が切れる場合が多数です。

 

一方、悪いとわかっていながら不倫や浮気の関係を継続している、こちら側に被害を与えている事を承知のうえで、それでも関係を継続しているような悪質な場合もあります。

 

まずは、浮気相手の考えを知る必要があります。

 

相手の考えや主張を知るためには、相手から内容証明に対する返信や何らかの反応を得ることを第一に考えなければなりません。

 

内容証明を受け取ったら返事を書かざるを得ないような文書にすることがコツです。

 

内容証明を受け取ると人は、何か回答しなければ気が済まないという衝動にかられるようです。

 

その衝動が生じることを理解したうえで、相手から返事や反応をもらえるような文書を検討します。

 

たとえば、単にこちらの想いを書き連ねるのではなく、「あなたはどう思いますか?」など、相手の反応を促すような文書を盛り込みます。

 

そのようにして、相手の考えを探ります。

 

内容証明文書での話し合いが進まなければ、次の手段は裁判です。

 

こちらも相手も裁判で争うことは望んでいません、そこまで事態が発展する前に、示談の成立を第一に考えて、相手に話し合いのテーブルに乗ってもらうことが重要です。
 

・送付した文書は相手側の証拠となることにも注意する

ご自身で内容証明郵便を送る場合は、送付した内容証明は相手側の証拠になることを、忘れずにいてください。

 

感情の高ぶりから「すぐに支払わなければ、警察に告訴する!」や、「あなたの職場や家族にすべて暴露する!」などといった、脅迫的な文句はNGです。

 

また、相手の職場に送付したりすると名誉棄損により、こちらが逆に訴えられてしまう可能性があるため、職場に文書を送付することは避けてください。

 

内容証明は、あくまで相手個人に送付するもののため、居所・住所宛に送付すべきです。

 

いざ郵便を投函することになったらもう一度文面を、読み返して、自分にとって不利な証拠になるようなことが書いていないかを十分に確認・検証することが必要です。

・心を込めて/気持ちが一番大切です

内容証明の文面は、冷静で論理的に『慰謝料支払いの義務があること』、『浮気は不法行為であること』、『支払いがなければ裁判に発展する可能性があること』を、分かりやすく伝える必要があります。

 

論理的に書く必要がある一方で、時には感情に訴えかけて、気持ちを込めて書く必要があります。

 

相手の感情に訴える点がある意味一番重要かもしれません。

 

どんなにこちら側が法的に有利な立場に立っていたとしても、気持ちのうえでの整理がお互いについていなければ、相手側もこちらも納得して示談を成立させ、最終的な解決に向かうことができません。

 

お客様の生の声を紹介!

当事務所は、男女問題に関する法的書面作成で多くの実績があります。多数のお客様の生の声を是非ご覧頂き、安心の実績をご確認ください。

「通知書作成サービス」お申込みはこちらのフォームから

「通知書作成サービス」をご希望される方は、以下のフォームより申込みください。
当方からメールにて、折り返しご連絡いたします。

【ご依頼前に必ずお読みください!】

・通知書を発送する際、相手の住所(普通郵便に限り職場へ送付可)と氏名、および、通知人(お客様)の氏名・住所が必要になります。


また、料金のお支払いをもってお客様からの正式なお申込みとさせていただいております。
フォームの送信で費用等は発生いたしませんのでご安心ください。

以下のフォームに必要事項をご記入の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。
個人情報の取り扱いは厳重に行い第三者への提供等は行いませんのでご安心ください。

(例:山田太郎)

(例:sample@yamadahp.jp)
当方とメール交換ができるアドレスを入力下さい。PCメールをあまり利用されない方は携帯アドレスを推奨いたします。
※※アドレスの入力間違い十分ご注意ください。※※

※適切に状況把握するためできるだけ詳しくご説明いただけると助かります。

メールお問合せ、ご相談は24時間受付中!

お問合せ・ご相談はメールフォームにて受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。お友達にメールするように気軽に、お問合せ・ご相談していただいて構いません。

info@kekkon-keiyaku.com

 受付時間:24時間受付可能(年中無休) 
※こちらから営業・勧誘等で連絡はいたしませんので、ご安心ください。

サイドメニュー

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

info@kekkon-keiyaku.com

メールでのお問合せは24時間、もちろん《無料》で受け付けております。メールにてお気軽に問合せていただいて構いません。なにか気になることがありましたら、遠慮なくご連絡ください。