男女問題をメインに法的書面作成と最新の情報を提供するサイト  【男女問題専門】行政書士アークス法務事務所 受付10:00~18:00

-契約書・誓約書の作成を通じて男女問題を解決する-

本気で不倫浮気を解決する!
男女の契約書
作成.
com

日本行政書士連合会 登録番号14130747 行政書士アークス法務事務所

24時間メール受付中

経験豊富なプロが対応

【ご相談実績5,000件以上】不倫・男女問題専門の行政書士

浮気・不倫に関する悩みの声、体験談(投稿)

日本行政書士連合会 登録番号14130747
行政書士アークス法務事務所

不倫や浮気は同じような悩みを抱えている人が多い

ご自身の体験と、胸につかえる気持ちを吐き出して、皆でシェア(共有)してください。

投稿されたお悩みについて、当事務所からコメントさせていただきます。

気持ちの整理の助けになり、少し心も落ち着くかもしれません。今回どのような浮気や不倫があり、また今後はどうするつもりなのか?あなたの今の気持ちをお聞かせください。

また、あなたが不倫問題を解決し、立ち直ることができたのであれば、その体験談をシェアしていただけませんでしょうか。

貴重な体験談は、同じような境遇になった人に役立つ可能性があります。

もしかすると同じような境遇の人が他にもいることを知って、すこし気持ちが安らぐかもしれません。

文字数に制限はないため、思いの丈をすべて吐き出すように記載して頂いてもかまいません。

投稿頂いたメッセージ内容は、編集を行ったうえで体験談として匿名で本サイト内に掲載させていただきます。

「まるこ」さん  ご年齢 : 30代

百年の恋は冷め、今は冷静に夫を見られるようになりました。

3年近くに及ぶW不倫をされていました。

夫は前職の同僚でよくモテる人で浮気癖がある人だと認識していました。

私はその当時はただの同僚でしたが、数年ぶりに再開するきっかけがあり付き合うこととなり、結婚に至りました。

色んな女性と付き合ってきた夫が結婚を決意したのが私とゆう所に自尊心が満たされて色ボケしていました。

不倫が発覚したのは、生後8ヶ月の息子が夜泣きをしたタイミングに私が起き、飲んで帰ってきた夫がリビングで寝こんでいるので起こそうと近づいたスマホのライン画面からでした。

女性の名前の人とやり取りで呼び方や親密度から黒だと確信し、すぐに叩き起こし問い詰めると全て白状しました。

結婚前に学生時代の飲み会があり久しぶりに再開した既婚者の元カノと関係をもち、そこから都合の良いお互い割り切った関係で、家庭を壊す気はなくズルズル3年近く続いていたとのことでした。

それを聞いた時に、まず離婚はしないと決意しました。

私は結婚同時に仕事を辞め、専業主婦になっており生活力がありません。

それまではずっと営業職だったので、子供の成長と共に少しずつ社会復帰をし自分で稼げる経済基盤を作ることが先決であると考えました。

また幼い息子とのかけがえのない幸せな日々を少しでも長く満喫したい気持ちもありました。

シングルマザーになれば息子を保育所に預けて働かなくてはいけなくなりますから。

何より大きいのは、夫が高収入で金銭的な心配が今のところないことです。

子供を育てるにはお金がかかります。現実的に考えて離婚することは今の状況では不倫された私の方がデメリットであると思いました。

それまでは大好きで子供が産まれても夫の方が大事だ!と思っていた私ですが百年の恋は冷め、今は冷静に夫を見られるようになりました。

結論、家族として父親としてしっかり働いて生活保証してもらえれば、それ以外のことは好きにしてくれていいと思っています。

発覚から時が経ち、普通に家族としては会話もあり穏やかな毎日ですが、W不倫が分かって以降、男として気持ち悪くて無理なので、多少のスキンシップを求められれば断りはしませんが、男女としては終わっています。

そんな状態なので他所でされても仕方ないかなと思っています。その兆候を見れば、次は探偵をつけてしっかり証拠集めをし適切なタイミングで対処したいと考えています。

またきっと夫は不倫をすると思います。

そうゆう病気持ちの人だと諦めています。

そこに私がいつまで付き合えるかな?と今では呑気に考えるまでになりました。

発覚当初はショックで生きていたくない、と思うほど絶望しましたが、今はスヤスヤ寝ている息子の顔を見る度に生きていてよかったなー、結婚して子供を産めてよかったなーと思えているので人生は捨てたもんじゃありません。

またいつか私自身の人生に全力で舵を切れる日を楽しみに、それまでにしっかり戦闘力を上げて、今の生活を乗り切っていくつもりです。
 

まるこさん

本ページへの投稿ありがとうございました。投稿文を読み終わったあとに思わず唸ってしまいました。すごく力強い活力といいますかまるこさんの意思が伝わってきました。そして、夫が高収入のため今のお子様との生活を維持できるのであれば、夫が外で何をしても構わないという割り切りについても、ある意味気持ちが良くて前向きな意味で感心し、思わず唸ってしまいました。子どもは本当に天使ですもんね。「結婚して子供を産めてよかったなー」という今ある幸せを大切にする気持ち。すごく素敵だと思います。ただ、ここまでお気持ちを整理されるまでの過程はとても辛いものだったと思います。その絶望の底から上がってきた今のまるこさんだからこそ、より一層の力強さを感じます。今のうちから戦闘力を付けておくというものすごく応援したいです。それこそ熟年になってから突然に自分一人の力で生活してみろと言われても、それはとても厳しいでしょうから。私からアドバイスできることは少ないですが、今後もし不貞行為が発覚したときには結婚中であっても旦那様からその都度、慰謝料を受け取ることだと思います。それは分割払いでも良いので。受け取った慰謝料はまるこさんの特有財産(固有財産)となりますので、万が一もし将来離婚するようなことになっても財産分与の対象外として確保しておくことができます。また、夫が高収入であれば、夫に浪費させずにたくさん貯蓄されることだと思います。万が一離婚に至ったときでも結婚中に貯めた貯金の半分は財産分与で受け取ることができます。
絶対に幸せな人生を歩みましょうね。というか、まるこさんはきっと幸せな人生を歩むことのできる人なのだろうと思います。

行政書士アークス法務事務所 大谷
 

「よもぎ」さん  ご年齢 : 40代

夫への不信感、相手への女性への怒りは一生消える事はありません。

小学校の役員をしている夫が、同じ役員の女性とラインで恋愛感情のやりとりをしている事が発覚しました。

そのラインを見つけたのは、息子でした。

これまで、浮気・不倫と言えば、ドラマや芸能人の不倫問題、友達の知り合いの不倫話といった、全く自分には関係なく、他人事という意識しかありませんでした。

息子から、ラインの話を聞いた時、言葉では表現できない感情になりました。

あり得ない事が自分の身に起こったかもしれない。 冷静にならなければ、子供2人が起きている。さまざまな感情がありました。

夫のしどろもどろの言い訳をする表情も覚えています。

でも、言い訳は通用せず、私との生活はもう終わりだから、全てを失っても相手の女性と一緒になると決めていて、相手女性とラインで確認し合っていました。

その後私は、離婚だけは回避しなければと、夫を説得し、早い段階で夫は考えを変えてくれました。

夫からは、体の関係はなく、ラインだけのやりとりしかないと言われました。

この事は証拠もなく、事実はわからないままです。

ですが、ラインの内容は、恋人関係そのものの内容です。 妻の私も言われた事がない、愛情のこもった言葉がありました。

その期間、家族で遠出の遊びにも出かけました。

夫の両親が来た日もありました。結婚記念日があり、私へラインを送ってくれました。

それと同時に私への裏切り行為も続けていました。

夫への不信感、相手への女性への怒りは一生消える事はありません。

ですが、過去をいつまでも引きずっていても、辛くなるだけであるし、2人の子供の為にも、今は日々なんとか過ごして行っています。
 

よもぎさん

本ページへの投稿ありがとうございました。突然自分の身に降りかかった今回の問題、落ち着くまでにとても辛い思いをされたと思います。そして、その苦しみは投稿にもあったように今はまだ消化することはできず消し去ることはできないのかもしれません。旦那様と相手女性の信じられないような内容のやりとりを目の当たりにされてさぞかしショックだったと思います。しかし、旦那様は家族を選択しました。本気でよもぎさんと家族を裏切って相手女性と一緒になるつもりであれば、そうなっていると思います。実際にそのようなかたちで離婚に至ってしまう夫婦もたくさんあります。しかし、旦那様は家族を選びました。刺激を求め、相手女性とのやり取りに舞いあがり過剰な表現をしていたのかもしれません。その言葉は額面通りに、旦那様の心からの本心ではないかもしれません。長い期間が経過した後、なんてバカなことをしてしまったのかと旦那様は心から後悔することになるかもしれません。よもぎさんがなんでこんな思いをしなければならないのか…、たしかにとても理不尽なことだと思います。お子さまの幸せのために今は踏ん張ってください。長く寒い冬でも明けない冬はありません。いつか来る春の訪れを信じてほしいです。

行政書士アークス法務事務所 大谷
 

「ひまわり」さん  ご年齢 : 36歳

最近携帯のパスワードを変更するなど誠実さの感じられない行動が気になっています

結婚8年目(お付き合いから15年)の夫に一年半の間不倫されてました。

問いただしたところ白状し、謝罪されました。

夫と相手にも連絡先を削除させ、夫には離婚届と誓約書を記入してもらい、相手から慰謝料をもらう形で再構築の選択をしました。

少なくとも夫には恋愛感情があった関係ではないようだったので、その選択が出来た理由でもあります。

2ヶ月前の出来事です。

最初の1ヶ月くらいは、これまでよりも良好な関係になれたかな。と思えるような状態でしたが、最近携帯のパスワードを変更するなど誠実さの感じられない行動が気になっています。(不倫していた相手と続いてるとは思いませんが、別にまたいるのではないかと疑ってしまう)

仮に本当に何もなかったにしても、パスワードを変更する等、このタイミングでする行動じゃないんじゃないかな。と思ってしまいます。

失った信用を、こちらも頑張って信用しようと努力しているのに、それすら踏みにじられてる気分です。

最近、心の距離を感じる。と夫に一度伝えましたが、特に変化はありません。

あからさまにペコペコして欲しいわけではありませんが、もう少し継続して反省の色を見せるとか、私のことをケアして欲しかったです。

私が理想や期待を抱くからいけないのでしょうか。

いつまでも被害者意識を持ってるからいけないのでしょうか。

信用したいのにし切れないのがツライです。

お互いの親にはこのことは話していませんが、夫の親には相談してしまおうか悩んでいます。

体調も芳しくなく、メンタルクリニックへ通院しようかとも検討しています。

夫だけが平常運転している感じがして、余計に苛立ちます。(会社、友人にも話してないので)

 

ひまわりさん

本ページへの投稿ありがとうございました。問題が発覚して日が浅いにもかかわらず、携帯のパスワードを変更されるというのは確かに再び裏切られたようなショックを受けてとても辛いお気持ちだと思います。もしかすると、ひまわりさんがどれくらい辛く苦しい思いをされているのか、旦那様のイメージが足りないのかもしれません。平常を装ったりしていませんか?いつまでも被害者意識を持っている自分が悪いのかと自責されているようですが、決してそのようなことはないと思います。被害者側のお話を聞いていると、自分にも悪いところがあったと、自分を責められる方が割と多いのですが、もしそのようなことがあったとしても不倫して良いことになりませんし、至らないところなど誰しもがもっていることですし、おそらく至らないことは相手の方が多いとすら感じるのではないでしょうか。これは法的なアドバイスではなくあくまでも一個人の意見としてですが、親も含めてもっと大ごとにしてもいいのかもしれません。少なくとも自分であればそのようにすると思います。辛い・苦しい・このまま生活することはできないという気持ちをもっと相手にぶつけても良いのではないかと感じました。ひまわりさんの気持ちを十分に理解できていれば、パスワードを変更するという軽率な行動はとらないのが普通だと思います。また、メンタルクリニックを受診することは初め抵抗を感じるかもしれませんが、心の平静を取り戻すために有用だと思います。いつか問題を乗り越えて、あの頃はつらかったなぁと振り返ることのできる日は必ず来ます。ひまわりさんの幸せを願っています。

行政書士アークス法務事務所 大谷

「ゆうまま」さん  ご年齢 : 45歳

単身赴任中の夫に半同棲中の女性がいることが発覚

3ヶ月程前に、単身赴任中の夫に半同棲状態の女性がいることを知りました。

知った時には1年近くは続いている関係と分かり、信じられない気持ちでした。

月に2回程はこちらにら帰ってくるのですが、それまで気づかなかった事やこの一年の家族での思い出などが全て虚構の様なむなしい気持ちと夫の事を信じていた私がバカみたいだなという気持ち、これからどうしたら良いのか、どうしたいのか、等まだ気持ちの整理がついていません。

単身赴任ということもあり、話し合いをしても無駄ではないか、私が責められるのではないかと想像してしまい、子供には知られてはいけないと平静に努めるのに必死な状態です。

少しでもどこかにこの気持ちを出す事で前に進まなければならないと思っています。

ゆうままさん

本ページへの投稿ありがとうございました。とてもお辛い日々をお過ごしだと思います。
さて、問題の解決に向けて旦那様との話し合いは避けては通れないのではないかと思います。対話の機会を設けるようにしてみてはいかがでしょうか。このままうやむやにしていても、今の苦しい日々が続いてしまいます。まだ自分自身どうしたいのかわからないとのことですが、旦那様との話し合いで、今すぐに何か結論を出さなければならないということではありません。まずは、現状から一歩でも前に進むため、旦那様との対話を試みてはどうでしょうか。基本的に不倫は一時的なもの、長続きしないことの方が多いはずです。もし、相手女性との関係解消を旦那様に約束してもらえることができたら、口約束で済まさずに夫婦間で契約書を取り交わしてください。何かあったときにはゆうままさんに大変有利な証拠資料とすることができます。

行政書士アークス法務事務所 大谷

「ひめくん」さん  ご年齢 : 47歳

いまだ浮気相手が同じ職場に勤務しています。

同棲中に現在の主人の浮気が発覚しました。それからお互い話し合いを重ねてやりなおす覚悟で結婚しましたが、いまだ浮気相手が同じ職場に勤務しております。結婚はしたものの正直、毎日不安で精神的に安らぐ日はありません。

ひめくんさん

本ページへの投稿ありがとうございました。浮気相手が同じ職場にいのでは、御心が休まらないお気持ち十分理解できます。旦那様との私的関係を完全に解消すること、二度と個人的に連絡を取り合わないこと、違反した場合の違約金支払いを約束した誓約書へサインしてもらうという方法があります。そのような書面を差し入れてもらうことで、次に同じようなことがあった場合には、即、違約金・これまでの精神的苦痛による慰謝料請求が行われることとなり、またそれを相手本人も自覚することとなりますので、大きな抑止効果を得ることができます。また、離婚時の条件をあらかじめ定めることもできるため、法的効力を有する契約書を証拠として手元に残しておくことで精神的な安定にもつながります。さらに公正証書を作成しておけば、不履行のときに強制執行を行うことができる効力を付与してもらえる可能性もあります。

行政書士アークス法務事務所 大谷

※自身の気持ちを整理することが目的です。素直な気持ちを表現してください。

(例:30代)

誰かに相談することで気持ちが軽くなる

不倫の悩みをかかえているとき、その悩みを外に吐き出すということをしなければ、苦しさで押し潰ぶされてしまいます。

悩みを一人で抱えずに、誰かに相談してください。

友人や両親、不倫問題を専門とする弁護士や行政書士であれば、法律面からの助言を行うこともできます。

また、離婚や夫婦の悩み相談を専門に扱う夫婦問題カウンセラーに相談してみるのも選択肢の一つだと思います。

私たち専門家は同じような悩みを抱えた方からの相談を多く受けていますので、これまで積み上げた経験から問題解決に向けた有用な助言をすることができる可能性があります。

一人で悩みにつぶされてしまう前に、私たち専門家へ相談するという一歩を踏み出してみてください。

人に悩みを打ち明けるだけできっと気持ちが軽くなるはずです。
 

過度のストレスを溜めたままにすると…

悩みを誰にも相談せずに大きなストレスを抱えたままにしていると、いつか心への負担が限界に達して、表面化してしまうことがあります。

不倫の悩みだけに留まらず心療内科などへの通院が必要になってしまうと、悩みが増えてしまうことになります。

実際に当事務所へご相談頂く方も中にも、適応障害や、パニック障害などの精神的な症状に悩まされているという方が少なくありません。

不倫の悩みが原因で発症してしまったとおっしゃられる方がほとんどです。

心への負担がある一定限度を超えてしまうと、精神的な症状として体に異常を来してしまう可能性がありますので、悩みはできるだけ誰かに話して、吐き出すように意識して行動してください。

精神的な疾患として表面化する前に、辛い状態にあるとは思いますが、できるだけ外に出て、誰かに悩みを打ち明けて気持ちを楽にするようにしなければなりません。

契約書

「夫婦の約束を法的書面で文書化する。

不倫・浮気は絶対に許さない!
不倫・浮気を防止するための誓約書

男女間で絶対に守ってもらいたい約束の№1は「浮気をしない」ことではないでしょうか。何度も浮気を繰り返す恐れのあるパートナーには、誓約書で二度と浮気をしないことを誓ってもらうほかありません。

温かい家族のイラスト

お客様の声を是非ご覧になってください。

当事務所は、男女問題に関する法的書面作成で多くの実績があります。多数のお客様の生の声を是非ご覧頂き、安心の実績をご確認ください。

メールお問合せ、ご相談は24時間受付中!

女性の手と空

お問合せ・ご相談はメールフォームにて受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。お友達にメールするように気軽に、お問合せ・ご相談していただいて構いません。

info@kekkon-keiyaku.com

 受付時間:24時間受付可能 
※こちらから営業・勧誘等で連絡はいたしませんので、ご安心ください。

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

11:00~17:00(土日も対応可能)

04-2935-4766

info@kekkon-keiyaku.com

メールでのお問合せは24時間受け付けております。メールにてお気軽に問合せていただいて構いません.
遠慮なくご連絡ください。

サイドメニュー