浮気・不倫をメインに法的書面作成と最新の情報を提供するサイト  【男女問題専門】行政書士アークス法務事務所 受付10:00~18:00

-契約書・誓約書の作成を通じて不倫浮気トラブルを解決します-

本気で不倫浮気を解決する
男女の契約書・誓約書作成.com

日本行政書士連合会 登録番号14130747 行政書士アークス法務事務所

24時間メール受付中

経験豊富なプロが対応

男女間の法的書面作成のすすめ

【ご相談実績2,500件以上】不倫・男女関係専門の行政書士

男女間の法的書面作成のすすめ

【男女問題専門日本行政書士連合会 登録番号14130747 行政書士アークス法務事務所

トラブルの再発防止・予防のため男女問題に関する契約書が作成できます。

1.男女問題に関して、契約書や誓約書を有効活用できる

不倫・浮気・男女問題専門の行政書士アークス法務事務所です。

 

それでは早速、「男女間の法的書面作成」について、本ページで私と一緒に考えてみましょう。

 

カップルや夫婦の間では、契約書や誓約書など必要ないとお考え方もいるかもしれません。

 

しかし、男女の間では、約束を「うやむや」にするようなやり取りが、多く発生するという事実があります。


「あの時はこう言ったはず」
「あの時はこう思っていたけど…。」
「そんなつもりで言った訳ではない!」

 

男女の間では、このように心変わりや、約束を守らないという事態が頻繁に発生するため、『口頭で』重要な約束事や取り決めをしても、あまり意味がありません。

 

心変わりや、約束を守らないといったトラブルを、未然に防ぐための有効な手段、それがまさに契約書や誓約書といった『文書・書面』なのです。

 

男女間で法的書面|法的文書を取り交わすことが有効な場面は、たくさんあります。

 

「離婚協議書」や、「遺言書」といった法的書面は、今や一般的になり市民権を得ることができました。

 

しかし、他にも男女問題に利用できる書面は、たくさん存在します。

2.男女問題に関する効果的な法的書面|法的文書

例えば、夫婦間で浮気や不倫などの不貞行為があった場合。

 

離婚せずに慰謝料請求をすることができますが、金額や支払い方法などの合意内容を、口約束だけで取り交わしても意味がありません。

 

最低限度として何らかの書面に残す必要があります。

 

浮気|不倫に関する正式な書面を作成し、再び浮気や不倫をした場合には、離婚協議や慰謝料問題に発展するという状況をつくり、浮気|不倫防止の抑止効果を得ることができます。

 

具体的には、浮気や不倫があった場合のペナルティーを定めて浮気|不倫の抑止とする書面は、当事務所でも特に多くのご依頼を頂いている書面です。

 

さらに、『ギャンブル』をやめさせたい、『結婚する前』『結婚した後』にこれからの生活について約束したい、『別居』や『婚約解消』に関する合意事項を文書にするなど、そのシーンと作成できる書面は多種様々です。

 

欧米では、結婚時の約束を契約書にするプレナプシャルアグリーメントが、広く一般に浸透しています。

 

日本でも同じように結婚時に契約書や誓約書を作成することができます。

 

そして、トラブルの多い婚約破棄・婚約解消に関する示談書の作成や、別居時の夫婦間合意書の作成、浮気や不倫をしてしまった夫が妻に差し入れるための誓約書など、たくさんの文書が存在します。

 

『100回の口約束より、1回の文書作成が約束をより明確で確かなものとする。』という事実は間違いありません。

 

取り交わした約束を文書にして、契約書や誓約書がもつ大きなメリットを上手に利用することで、おふたりの約束をより確かなものにすることができるのです。

3.そもそも契約書とは何なのか?

このサイトには、契約や誓約・合意といった言葉がたくさんでてきますが、契約の意味を少しご説明します。

 

契約とは、お互いが約束し合うことです。

 

ちがう言い方をすれば「ふたつの意思の合致」です。

 

この約束や意思の合致は、申込と承諾によって成立します。

 

「結婚してください」「はい、わかりました」このような結婚の申し込みも、大きな意味では『契約』といえます。

 

申込と承諾さえあれば、口約束であっても契約は成立します。

 

ただし、間違い、勘違い、後にうやむやにすることを防ぐため、重要な約束は文書にして残すのが一般的です。

 

これが契約書、合意書、示談書です。

 

法律のルールに反した約束でない限り、約束をした人にはその約束を履行する義務が生じます。

 

結婚の申し込みや、夫婦生活についての約束、浮気は絶対にしない、などの大切な約束は口約束ではなく文書にして残してください。

 

後に取り交わした約束をめぐってトラブルになってしまった場合、どのような約束を取り交わしていたのかを明確にするための有効な手段となります。

 

一度、契約書を作成すればもはや「そんなつもりはなかった…」とか、「あの時はそう思っていたけど今は変わった」などの主張をすることはできません。

4.誓約書とは何なのか?

二者間のうちの『一方が』相手に何か特別な約束事を誓うことを「誓約する」といいます。

 

そして、誓約書とは、一方が相手に対して誓いや約束をしたときに、誓約した内容を紙に書いて相手に差し入れる書面のことをいいます。

 

「契」約書は、二者間(三者以上もある)で取り交わした約束を文書にして、『お互いが』それぞれサイン捺印して作成します。

 

「誓」約書は、約束を誓った『一方が』誓約書を作成してサイン捺印のうえで、相手にその文書を差し入れます。

 

「わたしは浮気しません!」「もう二度とギャンブルには手を出しません」

 

本当ですか?どうしても信じられない場合や、決意を相手に表現したい場合には、誓約書や念書という文書を活用することをおすすめいたします。

5.法的文書の作成は、専門の行政書士に任せてください。

約束を文書にする作業は、法律のルールに則って行わなければ文書そのものが無効になってしまうこともあり得ます。

 

契約書などの法的書面|法的文書は、後の誤解を防ぐためにとても分かりやすく簡潔に記載します。

 

そのため、一見すると誰でも簡単に書けるような気がするかもしれませんが、作成には法律の専門知識が必要となります。

 

約束を文書にするにあたっては外せないポイントがいくつかあります。権利や義務が曖昧な書類を作成すると、かえって後のトラブルの原因となり損をしてしまうこともあります。

 

せっかく作成するのであれば、専門家の作成したきちんとした文書をお手元に残してください。

 

インターネット、e-mail、などをメインにしてヒアリングを行うため事務所費用などの経費を抑え、その分サービスを低価格で、全国の皆様がお気軽に利用できるようになっています。

カップル・夫婦の念書・誓約書作成のすすめ

ご依頼実績が一番多いのは「浮気をしない」ことを誓うための誓約書です。

 

浮気の前科がありもう二度と同じことを繰り返したくない場合、二度と異性と密かに連絡を取り合うようなことは避けたい場合、この誓約書を利用してください。

 

不貞行為があった場合に、今は離婚しないが、

 

「再び浮気によって夫婦の信頼関係が破壊された場合は、○○○といった条件で離婚協議を開始する。」

 

という建付けで、慰謝料や、養育費、財産分与について正式な書面を作成できます。

 

事実婚カップルの契約書・合意書も、約束を文書にするメリットを最大限に享受することができるためおすすめです。

 

そして、結婚前や結婚後にこれからの結婚生活・お金についての約束を取り交わす『婚前契約書』『結婚契約書』も多くの依頼を頂いております。

 

夫婦のルールについて文書で約束を確かにしておくことは、とても自然な理由で合理的なことだと思います。

 

プロポーズを確かなものとするため、誓約書作成のご依頼も多数ご依頼を頂いております。

 

依頼者のご意向に沿って、様々な書面を作成することができますので、お問い合わせください。

お客様の生の声を是非ご確認ください!

当事務所は、男女問題に関する法的書面作成で多くの実績があります。多数のお客様の生の声を是非ご覧頂き、安心の実績をご確認ください。

料金表

当事務所では、お一人でも多くの方にサービスをご利用頂き、男女関係の問題を解決して頂きたいと考えています。
男女関係専門のプロが作成した『本物の契約書』をご提供いたします。
依頼者に有利となる高品質の書面を提供することで、社会に貢献していきたいと考えております。

カップル・夫婦の誓約書/合意書 料金表
不倫に関する誓約書・念書作成
※署名捺印は1名
¥18,000円(税別)
 
示談書作成
※署名捺印は2名
¥20,000円(税別)
 
別居する際の合意書作成
※署名捺印は2名
¥20,000円(税別)
 
男女関係解消の合意書作成
※署名捺印は2名
¥20,000円(税別)
 
結婚/婚前契約書の作成
※署名捺印は2名
¥30,000円(税別)~ 内容に応じ御見積り
 
婚約解消・婚約破棄の示談書作成
※署名捺印は2名
¥20,000円(税別)
 

 

開業以来、男女関係の法的書面作成専門
日本行政書士連合会 登録番号14130747
行政書士アークス法務事務所

当事務所の料金一覧表はこちら

その他のオプション

こちらのフォームからお申込み下さい

お申込みを希望されるサービスがありましたら、以下のフォームより送信ください。

内容を確認し、当方から折り返しメールにてご連絡いたします。

個人情報の取り扱いについては厳重に取り扱い第三者への提供等は行いませんのでご安心ください。

(例:山田太郎)

(例:sample@yamadahp.jp)
※メールアドレスの入力間違いが多く発生しています。十分にご注意ください。

「@docomo.ne.jp」「@softbank.ne.jp」「@ezweb.ne.jp」といった携帯キャリアのアドレスの場合、初期設定でパソコンからのメールが受信できないよう設定されていることがあります。

メール設定でPCアドレスからのメールも受信できるよう再設定頂くか、または他のメールアドレス(gmail.yahooなど)をご利用ください。

より適切なご案内をするため、お客様の状況や、どんな文書を作成したいのかを、できるだけ詳しく教えて下さい。

通常は当方とのメール交換で、書面を作成することができます。

メールお問合せ、ご相談は24時間受付中!

お問合せ・ご相談はメールフォームにて受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。お友達にメールするように気軽に、お問合せ・ご相談していただいて構いません。

info@kekkon-keiyaku.com

 受付時間:24時間受付可能 
※こちらから営業・勧誘等で連絡はいたしませんので、ご安心ください。

サイドメニュー

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

info@kekkon-keiyaku.com

メールでのお問合せは24時間、もちろん《無料》で受け付けております。メールにてお気軽に問合せていただいて構いません。なにか気になることがありましたら、遠慮なくご連絡ください。