浮気・不倫をメインに法的書面作成と最新の情報を提供するサイト  【男女問題専門】行政書士アークス法務事務所 受付10:00~18:00

-契約書・誓約書の作成を通じて不倫浮気トラブルを解決します-

本気で不倫浮気を解決する
男女の契約書・誓約書作成.com

日本行政書士連合会 登録番号14130747 行政書士アークス法務事務所

24時間メール受付中

経験豊富なプロが対応

【ご相談実績3,000件以上】不倫・男女問題専門の行政書士

男女間の法的書面作成のすすめ

日本行政書士連合会 登録番号14130747
行政書士アークス法務事務所

1.男女問題に契約書や誓約書などの法的書面が有効活用できる

不倫・浮気・男女問題専門の行政書士アークス法務事務所です。

 

それでは早速、「男女間の法的書面作成」について、本ページで私と一緒に考えてみましょう。

 

カップルや夫婦の間では、契約書や誓約書など必要ないとお考え方もいるかもしれません。

 

しかし、一度した約束を「うやむや」にするようなやり取りが、男女関係では多く発生しています。


「あの時はこう言ったはず」
「あの時はこう思っていたけど…今は…。」
「そんなつもりで言った訳ではない!」

 

男女関係では、このように心変わりや、一度した約束を守らないといった事態が頻繁に発生します。

 

そして、重要な約束事や取り決めは、『口頭で』約束しても、意味がありません。

 

大切な男女間の約束を確たるものにする方法、心変わりや、一度決めた約束を守らないといったトラブルを、未然に防ぐための有効な手段として、『契約書・誓約書』といった法的な書面を利用することができます。

 

「離婚協議書」「遺言書」といった法的書面は、今や一般的になり、完全に市民権を得ることができました。しかし、他にも男女問題に利用できる法的書面(契約書など)は、たくさん存在します。

2.男女問題に関する効果的な法的書面

例えば、夫婦間で不倫など不貞行為があった場合を考えてみましょう。

 

離婚せずに夫婦関係の再構築を決断した場合、「次に再び不貞行為を行ったら、その時は、慰謝料請求をしたうえで離婚する」という約束が考えられますが、慰謝料の金額や支払い方法など、合意した内容を、口約束だけで取り交わしても、何の意味もありません。

 

最低限、何らかの書面にして残す必要があります。

 

慰謝料支払(損害賠償の予定)を明記した浮気・不倫に関する正式な書面を作成しておくことで、再び浮気や不倫をした場合には、慰謝料問題や離婚問題に発展するという状況をつくり、浮気・不倫防止の抑止効果を得ることができます。

 

不貞行為があった場合のペナルティーを定めて不倫を抑止する誓約書は、当事務所でも特に多く作成の依頼を頂いている契約書面です。

 

不倫相手との慰謝料支払いに関する示談書(和解合意書)など、契約書を利用するシーンと作成できる内容は、多種様々あります。

 

欧米では、結婚時に結婚後の生活やお金に関する約束を契約書にするプレナプシャルアグリーメントが、広く一般に浸透しています。日本でも同じように結婚時に契約書や誓約書を作成することができます。

 

そして、トラブルの多い婚約破棄・婚約解消に関する示談書の作成や、別居時の夫婦間合意書の作成、不倫相手に慰謝料するための通知書など、不倫相手から取得する誓約書など他にもここでは紹介しきれませんが、たくさんの文書が存在します。

 

当事務所では、開業当初より1,000回の口約束よりも、1回の文書作成が約束をより明確で確かなものとする』というスローガンを掲げて、契約書を作成するメリットを紹介し、不倫をはじめとする男女問題の解決・トラブル抑止のための活動を行っています。

3.そもそも契約書とは何なのか?

当事務所HPの各ページには、契約、誓約、合意といった言葉がたくさんでてきますが、ここでは「契約」の意味を少しご説明します。

 

契約とは、お互いが約束し合うことです。

 

ちがう言い方をすれば「ふたつの意思の合致」ということもできます。この約束や意思の合致は、申込と承諾によって成立しています。

 

「結婚してください」「はい、わかりました」このような結婚の約束も、申し込みと承諾という大きな意味では『契約』であるといえます。

 

申込と、承諾さえあれば、口約束であっても契約は成立します。

 

ただし、間違い、勘違い、後にうやむやにされること等を防ぐため、重要な約束は文書にして残すことが一般的です。このとき作成する書面が、契約書、合意書、示談書です。

 

法律のルールに反した約束でない限り、約束をした人にはその約束を履行する義務が生じます。

 

結婚の申し込みや、夫婦生活についての約束、不貞行為の慰謝料支払いなど、大切な約束は口約束ではなく文書にして残してください。

 

後に取り交わした約束をめぐってトラブルになってしまった場合、契約書があればどのような約束を取り交わしていたのかを明確にすることができます。

 

一度、契約書を作成すればもはや「そんなつもりはなかった…」とか、「あの時はそう思っていたけど今は変わった」などといった主張をすることはできません。

 

そして、取り交わした約束の内容を守らずに、当事者同士では問題を解決することが出来ない場合、最終的には、調停や訴訟など裁判所の手続きで解決を図ることになりますが、この時に、契約書の有無は大きな違いとなり、作成した契約書を、あなたにとって大変有利な資料として利用することができます。

4.誓約書とは何なのか?

二者間で『一方が』相手に対して何か約束するときに「誓約する」と言うことがあります。

 

そして、誓約書とは、一方が相手に対して、何かの約束したときに、その約束の内容を紙に書いて相手に差し入れる書面のことをいいます。

 

「誓」約書は、約束を誓った『一方が(1名のみが)』誓約書を作成してサイン捺印のうえで、相手にその文書を差し入れます。

誓約書の場合、約束の方向は、
相手→あなた】と一方通行になります。

誓約書のことを「念書」と言ったりもしますが、同じ書面です。

 

誓約書に対して、「契」約書は、二者間(三者以上の場合もある)で取り交わした約束を文書にして、『約束をした当事者がお互いに』それぞれ署名・押印して作成します。

契約書の場合は、約束の方向が、

相手⇔あなた】と双方向になります。

取り交わしたその約束は、本当に信じることができるのでしょうか?

 

相手の約束がどうしても信じられない場合や、約束を絶対に守るという自分の固い決意を相手に対して表現したい場合などには、契約書・誓約書を活用することをお勧めします。

 

しかし、単純に「不倫しない」というような約束を紙に書いても意味がありませんので、不貞行為を行った場合の慰謝料の取り決めをしておくなど、法的に有効なペナルティを課すことによって、はじめて作成した契約書が法的な意味を有することになります。

5.契約書や誓約書などの法的文書の作成は、専門家にお任せください。

約束を契約書面にする作業は、法律のルールに則って行わなければ、作成した契約書面そのものが無効になってしまうこともあります。

 

単純に「浮気・不倫しません」という誓約書を作成しても、それ自体にはあまり意味はありません。

 

ペナルティをしっかりと記載して、そのペナルティに有効な権利義務関係・法的拘束力が生じるように規定しなければなりません。

 

契約書や誓約書などの法的書面は、後の誤った解釈を防ぐため、誰が読んでも同じ解釈となるように分かりやすく、網羅的に、シンプル・簡潔に記載することが良いとされています。

 

もしかすると、契約書を一見して誰でも簡単に書けるような気がするという方もいるかもしれません。ただし、それは明らかに間違いで有効な契約書の作成には、必ず法律の専門知識が必要となります。

 

権利や義務が曖昧な書類を作成してしまうと、かえって後のトラブルの原因となり、本来は主張できるはずの権利が主張できなくなってしまうなど、逆に不利益を被ってしまうこともあります。

 

せっかく契約書面を作成するのであれば、専門家の作成した契約書をお手元に残すようにしてください。
 

不倫・浮気に関する書面作成サービスご案内

・メール交換によるサポート、男女問題専門の行政書士が作成します

ノートPCを操作する男性

当事務所では開業以来、一貫して不倫・浮気、男女問題に関する書面作成を専門としています。

 

示談書・和解合意書、男女関係解消に関する合意書、夫婦間の誓約書など、経験豊富でこれまでに多くの依頼を手掛けています。

 

不倫・男女問題でお悩みの方には書面作成のご依頼を通じて、メール交換によるサポートを行うことも可能です。

 

また、より多くの方にご依頼いただき、お抱えの男女問題を解決して頂きたいため、手軽に誰でもプロ(専門家)に作成を依頼できるような、利用料金の設定を行いました。

 

プライバシーに関することや、センシティブな身の上の問題を取り扱うことになるため、他人に相談や依頼することをためらってしまう方がいらっしゃいます。

 

当事務所は、原則としてお客様とのメール交換のみで文書を作成しています。

 

メール交換で、お客様の状況を聞き取り、文書の内容を決定していくので、プライバシーを尊重したまま書面を完成させることができます。

 

他人に相談することをためらうような問題でも、気にせずに相談・依頼をすることができます。

 

この機会に、不安で苦悩する日々ときっちり決別する、勇気ある行動を起こしてみてください。

私がお手伝いいたします。
 

事務所概要

料金表

契約書作成費用(メール相談・サポートを含む)
不倫に関する誓約書・念書作成
※署名捺印は1名
¥18,000円(税別)
 
示談書作成
※署名捺印は2名
¥22,000円(税別)
 
別居する際の合意書作成
※署名捺印は2名
¥22,000円(税別)
 
男女関係解消の合意書作成
※署名捺印は2名
¥22,000円(税別)
 
結婚/婚前契約書の作成
※署名捺印は2名
¥38,000円(税別)
 
婚約解消・婚約破棄の示談書作成
※署名捺印は2名
¥22,000円(税別)
 

上記は、書面作成に関するメール相談、サポート等の一切を含んだ料金です

当事務所では、お一人でも多くの方にサービスをご利用頂き、男女関係の問題を解決して頂きたいと考えています。

男女関係専門のプロが作成した『本物の契約書』をご提供いたします。
依頼者に有利となる高品質の書面を提供することで、社会に貢献していきたいと考えております。

開業以来、男女関係の法的書面作成専門

日本行政書士連合会 登録番号14130747
行政書士アークス法務事務所

お問い合わせはこちらのフォームから

以下のフォームに必要事項をご記入の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。

(例:山田太郎)

(例:sample@yamadahp.jp)
※メールアドレスの入力間違いが多く発生しています。十分にご注意ください。

「@docomo.ne.jp」「@softbank.ne.jp」「@ezweb.ne.jp」といった携帯キャリアのアドレスの場合、初期設定等により、こちらからのメールが届かないケースが非常に多いです。
当事務所のアドレス「info@kekkon-keiyaku.com」
を受信できるよう再設定頂くか、または他のメールアドレス(gmail.yahooメールを推奨)をご利用ください。

より適切なご案内をするため、お客様の状況や、どんな文書を作成したいのかを、できるだけ詳しく教えて下さい。

お客様の生の声を是非ご確認ください!

当事務所は、男女問題に関する法的書面作成で多くの実績があります。多数のお客様の生の声を是非ご覧頂き、安心の実績をご確認ください。

メールお問合せ、ご相談は24時間受付中!

お問合せ・ご相談はメールフォームにて受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。お友達にメールするように気軽に、お問合せ・ご相談していただいて構いません。

info@kekkon-keiyaku.com

 受付時間:24時間受付可能 
※こちらから営業・勧誘等で連絡はいたしませんので、ご安心ください。

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

info@kekkon-keiyaku.com

メールでのお問合せは24時間《無料》で受け付けております。メールにてお気軽に問合せていただいて構いません.
遠慮なくご連絡ください。

サイドメニュー