浮気・不倫をメインに法的書面作成と最新の情報を提供するサイト  【男女問題専門】行政書士アークス法務事務所 受付10:00~18:00(年中無休)

-契約書・誓約書の作成を通じて不倫浮気トラブルを解決します-

本気で不倫浮気を解決する
男女の契約書・誓約書作成.com

日本行政書士連合会 登録番号14130747 行政書士アークス法務事務所

24時間メール受付中

経験豊富なプロが対応

【ご相談実績2,000件以上】不倫・浮気問題専門の行政書士

不倫の慰謝料請求と証拠について

【男女問題専門日本行政書士連合会 登録番号14130747 行政書士アークス法務事務所

不倫の証拠を集めることで有利に話し合いができる

不倫・浮気問題専門の行政書士アークス法務事務所です。

 

それでは早速、「不倫の慰謝料請求と証拠」について、本ページで私と一緒に考えてみましょう。

 

不倫の証拠は、裁判等で必要になるもので、裁判外での示談・交渉・慰謝料を請求をする際には「必須のものでは無い」ことを、まず初めにご理解ください。

 

最近自分のパートナーの様子がおかしい、深夜の帰宅や休日に外出することが増えたなど、パートナーに不倫の疑惑がある場合は、早く真実を突き止める覚悟をすることが大切です。

 

真実を突き止め、不倫が無かったことが分かれば、安心した元の生活に戻ることができます。

 

一方、自分のパートナーが不倫をしているかもしれないという現実を受け入れられずに、事実を知ることを恐れて、証拠をつかむかどうか長期間、迷ったままでいると証拠集めが手遅れになってしまうことがあります。

 

あなたがパートナーの不倫を疑っているのであれば、不倫が存在する可能性が高いともいえます。早めに手を打ったほう良いという点からも、一日でも早く真実を突き止める覚悟をすることが大切です。

 

あらかじめ不倫の証拠を掴んでおけば、万が一、パートナーから離婚を切り出されるようなことがあったとしても、掴んだ証拠を持ち出すことにより、パートナーからの離婚要求を拒否することもできます。理由は、不倫をした有責な配偶者からの一方的な離婚請求は原則として認められないとういう法律のルールがあるからです。

 

また、もし仮にあなたが離婚を受け入れる選択をしたとしても、不倫の証拠を集めておくことによって慰謝料など有利な離婚条件で話し合いを進めることができるようになります。

 

不倫という衝撃的な事態に恐怖して、何もしないまま日々をやり過ごすということはせずに、何らかのアクションをとることが大切です。

不倫ではどのような証拠が使えるのか

・決定的な証拠になる可能性が高いもの
  • 頻繁に相手の自宅やラブホテルに出入りしている現場写真

    例えば腕を組んでホテルに入っていく写真などは特に不倫の証拠となる可能性が高い証拠であるといえます。

  • 不貞行為を行ったことが直接明記されているメールやSNS、ブログなど

    これらの証拠だけではふざけてメッセージのやり取りをしている可能性があるため、弱い証拠となってしまう可能性がありますが、他の証拠と組み合わせることにより決定的な証拠となる可能性があります。

  • 相手の自宅に複数回泊っていることが明らかな現場写真

  • パートナーや不倫相手が不貞行為を認める発言をしている録音データ

  • 探偵、調査会社の報告書

単独では証拠として弱いもの、または証拠にならないもの
  • 不倫のうわさ、目撃証言
    不倫をしているらしいという噂や、XXさんの旦那が女性と腕を組んで歩いていたという伝聞や目撃証言などは、それ単独では弱い証拠になります。

  • 仲良く連絡を取り合っているメールやSNSのみ
    仲良く連絡を取り合っているだけでは単に友人関係との言い訳をすることができてしまうため、それ単体では証拠として弱いものとなります。

  • 飲み屋などで二人きりで写っている写真
    居酒屋などで仲良く寄り添って撮影されているツーショット写真のみでは足りず、不倫・不貞行為の証拠にはならない可能性が高いといえます

  • シティホテル、ビジネスホテルの領収書
    シティホテルやビジネスホテルの領収書のみでは、一人でツインやダブルの部屋を利用することもできるため、不倫・不貞行為の証拠にはならない可能性が高いといえます。ただし、例えば一緒に宿泊した内容のメールがある等、他の証拠を組み合わせることにより決定的な証拠となる可能性があります。

  • 相手の自宅に一回のみ泊っている写真
    相手の自宅に1度だけ宿泊した事実のみでは、不貞行為の証拠としては弱いものとなります。

     

不倫の証拠は大きく3つに分けて考えることができます

不倫の証拠については、大きく次の3つに分けて考えることができます。1つ目は物的証拠を集めること、2つ目は不倫に関する様々な情報を集めること、3つ目は不倫の状況を記録・メモすることです。
 

・物的証拠を集める

ノートとペンと電卓の写真

まずは物的証拠を集めます。物的証拠とは、物証とも呼ばれ、読んで字のごとく「物」による証拠です。

 

不倫の物的証拠の集め方には様々な方法があります。物的証拠を集めるノウハウを知っておくことで、スムーズに証拠集めができるようになります。

 


物的証拠集めについては、パートナーの日常使用しているゴミ箱や衣服など身に付けているものから順にすべてチェックする必要があります。チェックが甘いと見過ごしてしまいますので、少しずつ時間をかけて念入りに探す必要があります。

 


洋服のポケットをさぐってみたり、手帳や財布、仕事かばん、机の引き出し、自家用車の車内など日常的に使用している物や場所が物的証拠を探す対象となります。

 


特に手帳や日記をつけている場合は必ず全てに目を通すようにして下さい。手帳や日記の場合は勝手に持ち出してしまうと、あなたが物的証拠を探していることがバレてしまいますので、あやしい記載があった際は、スマホなどで写真を撮影しデータを保管する様にしましょう。写真には日付を入れておくとより効果的です。

 


また、不倫相手と一緒に撮った写真やもらった手紙、プレゼント、ラブホテルの領収書など、不倫の痕跡が残っている証拠はすべて集めておくようにしましょう。少しでもおかしいと感じたら写真を撮るなど証拠の保存を行います。

 


これらの物的証拠は、夫婦であれば比較的集めやすく見つけやすい証拠であり、また決定的な証拠となる場合が多くあります。

 

パートナーが外出している時、入浴している時、寝ているとき、トイレに行った時など細切れの時間を使って少しずつ証拠を探すようにしてください。

 

この物的証拠集めは様々な場所を確認することになるため、探した場所はきちんと元通りに戻しておく事を忘れないでください。ドキドキしたり、焦った心理状態のまま行動すると普段ではしないようなミスを犯してしまいます。探した際に様々な物の位置がずれてしまえば、当然パートナーが探っていることに気付いてしまうので十分な注意・配慮が必要になります。
 

・不倫に関する情報を集める

キーボードとスマホ

不倫に関する情報の集め方としては、スマホに残されているメールや、SNSなどでのやり取り、通話・通信履歴など、インターネット上に残っている情報を集める方法が代表的なものとして挙げられます。

 


これらの情報を集めることによって、毎週帰宅が遅くなる日や、出張が入る日など、パートナーが不倫相手と会っている可能性の高い日を把握することもできます。

 


また、SNSで夜に女性と密会していたことがわかるやり取りがあり、さらに、同日のホテルの領収書が出てきた場合など、情報(SNS)と物的証拠(領収書)を組み合わせることにより、不倫や不貞行為の決定的な証拠となる場合があります。

 


なお、携帯電話の通話明細は家族であれば取り寄せる事が出来ますので、通話明細をみるとどこに連絡しているか一目瞭然となります。見た事のない電話番号があれば、不倫相手の可能性も出てきます。

 


毎月の携帯電話の通話明細を取り寄せて、その中で頻繁に発信・着信している電話番号があれば、要チェックです。

 

メール等のやり取りについては、未読のメールを見てしまうと当然バレてしまうため、既読の物だけを見るように自制してください。

 


ブログやSNSを利用している場合はそれらを必ず確認するようにして下さい。

 

書いている内容に注目する事ももちろんですが、やりとりしているコメントも熟読して下さい。コメントをいつもしてきている怪しい相手を見つけた場合にはスクリーンショットで保存しておくと、万が一、ブログやSNSのアカウントを消されてしまい閲覧することができなくなった場合でも証拠を残しておくことができます。
 

・不倫状況の記録・メモを集める

パートナーの行動が怪しいと感じる日は、不倫相手と密会をしている可能性があるので、メモを取って記録するようにしてください。

 

例えば、決まって仕事が遅くなる曜日があったり、月に数回出張がある場合は、出張のあった日や出張の予定をすべて把握・記録しておく事によって、これらの記録やメモが後に不倫をしている決定的証拠に繋がる場合があります。

 


また、もちろんパートナーが不倫相手の自宅にいったり、ラブホテルに一緒に入っていくところを写した写真、不貞行為中の写真や動画、室内での会話を録音したものなどの記録は、最も有力な証拠として扱われることになります。

 

不倫現場の記録を集めるのには多大な手間と労力が掛かるため、現場の記録写真などの証拠集めは探偵などプロに任せることをお勧めします。
 

浮気現場の写真撮影について

証拠にならない可能性がある、または単独では証拠として弱いもの

パートナーが不審な行動をする日に一定の規則性があれば、浮気現場の写真を撮影する事も可能です。

 

例えば毎週金曜日は決まって深夜に帰宅するなど、行動がおかしい日に狙いを定めて職場の出口やエレベーターホール等で張り込みを行います。職場から出て自宅とは違う方向に向かうのであれば不倫相手に会いに行く可能性が高くなります。

 


現場の写真はできるだけ高画質なカメラで撮影を行うようにしてください。

 

また、二人きりで食事をしているだけの写真では「仕事の打ち合わせだった」と否定されてしまう可能性があるので、出来れば言い訳が出来ないようホテルに入る時と出る時の写真を撮影(日付・時刻あり)することができれば一番です。

 

撮影した写真は、データで保存するだけではなく、データが消えてしまった場合の対策としてプリントアウトして保管してください。

 


一回や二回の張り込みでそこまでの写真撮影に成功することは難しいかもしれませんが、本当にパートナーが不倫をしているのであれば、ある程度の時間をかければ不倫の現場写真を撮影する事ができるはずです。

 

不倫現場の写真撮影ができれば、それは言い訳が出来ない決定的な証拠になりますので、今後の交渉を有利にする事が出来ます。
 

必要に応じて探偵などのプロのアドバイスを受ける

証拠にならない可能性がある、または単独では証拠として弱いもの

不倫の証拠集めについては、インターネット上で十分に証拠の集め方を調べたうえで行動を開始するか、または、はじめから専門家である探偵等に依頼しても良いかと思います。

 

パートナーはあなたに不倫が発覚することを最も警戒しているため、安易に行動を起こして、調べられていることに気付かれてしまい、「確実な証拠」が得られないまま、真実がわからなくなってしまうという事態を防ぐ必要があります。

 

証拠を集めていることが知られてしまうと、パートナーは昼夜問わず警戒心を強めることになり、それ以降、証拠を集めることが難しくなってしまいます。

 


そして、探偵等を利用するメリットとしては、もしも自分で不倫の証拠を掴んだ場合に、その場でパートナーに対して感情的に詰め寄ってしまう可能性が高いからです。

 

不倫の対処は、難しいことではありますが冷静さとクールな対応が必要になります。探偵等は、入手した証拠をどのように扱うかについて冷静な判断の助けになってくれます。

「不倫・浮気の慰謝料と内容証明について」に戻る

不倫相手への「通知書作成サービス」お申込みはこちらのフォームから

「通知書作成サービス」をご希望される方は、以下のフォームより申込みください。
当方からメールにて、折り返しご連絡いたします。

【ご依頼前に必ずお読みください!】

・通知書を発送する際、相手の住所(普通郵便に限り職場へ送付可)と氏名、および、通知人(お客様)の氏名・住所が必要になります。


また、料金のお支払いをもってお客様からの正式なお申込みとさせていただいております。
フォームの送信で費用等は発生いたしませんのでご安心ください。

以下のフォームに必要事項をご記入の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。
個人情報の取り扱いは厳重に行い第三者への提供等は行いませんのでご安心ください。

(例:山田太郎)

(例:sample@yamadahp.jp)
当方とメール交換ができるアドレスを入力下さい。PCメールをあまり利用されない方は携帯アドレスを推奨いたします。
※※アドレスの入力間違い十分ご注意ください。※※

※適切に状況把握するためできるだけ詳しくご説明いただけると助かります。

お客様の生の声を紹介!

当事務所は、男女問題に関する法的書面作成で多くの実績があります。多数のお客様の生の声を是非ご覧頂き、安心の実績をご確認ください。

メールお問合せ、ご相談は24時間受付中!

お問合せ・ご相談はメールフォームにて受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。お友達にメールするように気軽に、お問合せ・ご相談していただいて構いません。

info@kekkon-keiyaku.com

 受付時間:24時間受付可能(年中無休) 
※こちらから営業・勧誘等で連絡はいたしませんので、ご安心ください。

サイドメニュー

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

info@kekkon-keiyaku.com

メールでのお問合せは24時間、もちろん《無料》で受け付けております。メールにてお気軽に問合せていただいて構いません。なにか気になることがありましたら、遠慮なくご連絡ください。