男女問題をメインに法的書面作成と最新の情報を提供するサイト  【男女問題専門】行政書士アークス法務事務所 受付10:00~18:00

-契約書・誓約書の作成を通じて浮気トラブルを解決します-

本気で不倫浮気を解決する!
男女の契約書
作成.
com

日本行政書士連合会 登録番号14130747 行政書士アークス法務事務所

24時間メール受付中

経験豊富なプロが対応

婚前契約書の条件、話し合いのコツは?

【ご相談実績4,000件以上】不倫・男女問題専門の行政書士

婚前契約書の条件、話し合いのコツは?

日本行政書士連合会 登録番号14130747
行政書士アークス法務事務所

彼が婚前契約書の作成に乗り気ではない…そんな時どうする?

右手を上げる男性

はじめまして、男女問題専門の行政書士大谷です。
今回は婚前契約書作成に向けた話し合いのコツについて説明します!
 


当事務所へ婚前契約書の作成を依頼さる方の8割は女性のお客様です。

男性からの依頼は、おおよそ2割程度といった印象です。

女性の方がより婚前契約書の作成に前向きで、男性の方が躊躇するというケースが多いのだと思います。

また、女性は不倫・浮気に関する契約を希望し、男性は、離婚時の財産分与に関する契約を希望される方がほとんどとなっています。

 

女性は契約書の作成に前向き、男性はどうか…?

「浮気をするのではないか」という不安は、女性の結婚生活に対する大きな心配事となります。

さらに、出産子育てにより会社を退職してしまうと、もしもの時に経済的に自立することが難しくなるということも女性の不安をより大きくします。

このような女性の不安や心配事を打ち消すため、あらかじめ結婚生活や離婚に関する契約書を作成しておきたいというニーズが、女性から婚前契約書の作成を持ちかける理由になっていると考えられます。

しかし「パートナーの男性に反対されてしまうのではないか?」と考える方も少なくありません。

彼に対して女性から突然に「結婚契約書をつくりたい」と提案しても、彼はなかなか乗り気になってくれないかもしれません。

たいていの男性は〈契約=縛られる〉とデメリットばかりを考えてしまいます。
 

まず彼がうんうんとうなずいてくれるような、自然な約束をする。

普段の会話のなかで気軽に「ずっと仲良く一緒にいたい」「結婚記念日は一緒にすごしたい」、「○歳までにマイホームがほしいから毎月○円貯金しよう」などと彼が、うんうんとうなずいてくれるような、自然な約束をしてみましょう。

これはどのカップルもするようなことなので、結婚前のお二人なら簡単にできるはずです。

この時点では、契約書を作成したいという希望を伝える段階ではありません。

とにかく結婚後の婚姻生活に関する約束を、自由に口頭で話し合うことです。

そしておふたりがいくつか簡単な約束を、口頭で交わしたらタイミングを見計らって、「じゃあ紙に書いてみよう」と提案してみてください。

二人で話し合いながら、約束した内容を紙に書き出していきます。簡単に箇条書きで分かりやすく約束の内容を、紙に書き出していきます。

 

メモ紙でもいいので、いくつか書き出してみます。

お二人の結婚に関する約束を紙に書き出すとき、そこにはお二人の楽しい幸せな未来をイメージして自由になんでも沢山書き込んで良いと思います。

「子供は2人はほしい」

「海外旅行に行きたい」

「飲み会は週○回まで」

「不倫はもちろんありえない」

「小遣い制にして貯金しよう」

 

「せっかくだから結婚の記念にきちんと残したい」と伝えてみる。

お互いに相手に守ってもらいたいことを出し合いながら、紙に書き出してみてください。

ここで書き出したメモが、後に契約書のたたき台となります。

そして徐々にあなたが本当に不安に思うことを、相手に伝えてみてください。

「浮気はしない?」「将来、親と同居も考えてくれる?」と、普段の会話ではなかなか真面目に話さないようなことを、お互いに真剣に話し合うことができるチャンスです。

これから始まる永いおふたりの結婚生活です。結婚前の今こそ将来ついて話し合う、とても大切なベストタイミングであるといえます。

このタイミングでおふたりの合意事項を文書化することは、未来の幸せ・家庭円満に大きく影響することでしょう。

ある程度のことが紙に書けたら、せっかくだから結婚の記念に文書にしてきちんと残しておきたい旨を伝えてみてください。

契約といったとたんに〈契約=束縛される〉と彼は嫌がるかもしれませんが、このサイトを一緒にみてもらい、怖いものではない、ふたりの夫婦生活の円満のためであり、もし何かあっても二人の合意があれば取り消し・変更することができることなどを説明してください。

「今のふたりの気持ちをいつまでも忘れないために、記念に紙に書いた約束を残しておこう」、そんな気持ちに少しでもなれれば、ふたりだけのオリジナル結婚契約書の誕生までもう一歩です。

 

公序良俗に反する約束は契約書にすることができない

基本的に約束は、おふたりで自由に交わすことができます。

ただ、民法90条で「公序良俗に反する契約は無効」ということが定められています。

公序良俗とは、公の秩序や善良な風俗(一般人の良識)のことで、一般常識からかけ離れた契約しても無効になってしまいます。

また、不相当に過大なペナルティを定めることもできません。

契約に違反したら驚くような高額の金銭を支払うといったような、不相当に過大な内容は無効になってしまいます。

さらにペナルティを定める際には、現実的に支払い可能な金額とする必要があります。

例えば不貞行為で離婚することになれば、離婚後も生活費として毎月何十万円も支払うといった内容を希望される方がいらっしゃいます。

仮に月30万円支払うとした場合、金額は年間360万円、3年間で1,000万円を超える金額となってしまいます。

このような金額を離婚後も引き続き支払うという内容は、一般常識的に考えて過大な内容であることはおわかり頂けるかと思います。

仮に月収40万円のうち30万円を渡すといったように、はじめから履行することができない内容の契約を取り交わしても無効になってしまう可能性が高いです。

 

結婚式女性

専門行政書士が作成した婚前契約書をご利用頂けます。

徐々に話題になってきた結婚契約書!これからのお二人の将来のために、結婚時の約束を法的書面にして残すことができます。お金に関すること、生活について、浮気に関する約束など、基本的に自由にふたりの約束を文書化します

お客様の声

生の声を是非ご確認ください!

当事務所は、男女問題に関する法的書面作成で多くの実績があります。多数のお客様の生の声を是非ご覧頂き、安心の実績をご確認ください。

メールでのお問合せ、ご相談は24時間受付中!

代表デスク

まずはご相談から、お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

04-2935-4766

受付時間:10:00~17:00(土日も対応可能)

info@kekkon-keiyaku.com

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

10:00~17:00(土日祝対応可)

04-2935-4766

info@kekkon-keiyaku.com

メールでのお問合せは24時間受け付けております。メールにてお気軽に問合せていただいて構いません.
遠慮なくご連絡ください。

サイドメニュー