男女問題をメインに法的書面作成と最新の情報を提供するサイト  【男女問題専門】行政書士アークス法務事務所 受付10:00~18:00

-契約書・誓約書の作成を通じて浮気トラブルを解決します-

本気で不倫浮気を解決する!
男女の契約書
作成.
com

日本行政書士連合会 登録番号14130747 行政書士アークス法務事務所

24時間メール受付中

経験豊富なプロが対応

【ご相談実績4,000件以上】不倫・男女問題専門の行政書士

離婚届の不受理申出とは

日本行政書士連合会 登録番号14130747
行政書士アークス法務事務所

勝手に離婚届を提出されないようにするための手続き

行政書士イメージ

夫婦仲が不安定になり離婚の危機に瀕している場合で、夫婦の一方が離婚を強く望んでいるときには、無断で離婚届を提出されてしまうというトラブルが起きることがあります。

今回は、そのような夫婦の一方が勝手に離婚届を提出してしまうというような事態を防ぐための離婚届不受理申出制度について説明したいと思います。

 

過去に離婚届を書いてしまったけどもう少し考えたい

離婚届けを市区町村役場へ提出し、受理されることによって離婚は成立します。


離婚届けの提出窓口である市区町村役場の戸籍課では、提出された離婚届に不備がなければ、そのまま離婚の届出を受理します。

離婚届けの提出について、役場の戸籍課では、

「本当に本人の意思に基づき作成された離婚届かどうか」というところまでは確認しません。

もし、無断で離婚届に記入して押印されるようなことがあっても、書類に不備がなければそのまま離婚届は受理され、離婚が成立してしまいます。

何らかの理由によって、夫婦のいずれか一方が離婚を強く望んでいるけれども、他方は離婚を望んでいないというような状況は、頻繁に起こり得ます。

離婚という夫婦関係の最終局面では、夫婦の一方が、離婚届を勝手に提出してしまうということも、絶対に起こらないとは言い切れません。

離婚届に勝手に記入して、提出してしまうというような極端なケースは少ないとしても、

一度、離婚に合意して署名押印したものの、やはりもう少し慎重に考えたいと、気が変わるようなこともあると思います。

離婚の決断は重大ですので、「昨日までは離婚に納得できていたものの、反対に今日は離婚に同意できない」といったように、日々気持ちが揺れ動くことも当然あります。

また、過去に不倫をしてしまい、夫や妻から、次に不倫をしたとき、すぐに離婚できるようにと、記入済の離婚届けを渡すように言われ、

謝罪の意味も込めて署名押印済みの離婚届けを渡してしまっているという人もいるでしょう。

夫婦の一方が半ば無理やりに離婚届を提出して、離婚を成立させてしまうというようなことを予防するため、

あらかじめ離婚届の提出窓口である市区町村役場の戸籍課へ、「もし離婚届が提出されても、受理しないでほしい」旨を申し出ておくことができます。
 

離婚届の不受理申出書

離婚届を受理しないでもらうための申出

離婚届の不受理申出書とは、

「もし夫や妻から離婚届の提出があっても受理しないでください」と、離婚届が提出される前に、あらかじめ市区町村役場の戸籍課へ届け出ることをいいます。

離婚届が無断で提出される前に、先回りして不受理申出書を提出しておく必要があります。

この届出書を事前に提出しておくことによって、夫や妻から離婚届が提出されても、受理されませんので、無断で離婚届が提出され、受理されてしまうということがなくなります。

夫や妻が「無断で離婚届を提出してしまうかもしれない」という可能性が少しでもあるときには、この不受理申出書を提出しておいた方が良いと言えます。

提出先は、本籍地の市区町村役場の戸籍課、もしくは現住所の市区町村役場の戸籍課となります。

 

離婚に同意した場合は、取下書を提出する

話し合いの結果、最終的に離婚に同意して、合意に基づいたうえで離婚届を提出する場合や、

夫や妻から無断で離婚届を提出される心配がなくなったようなときには、取下書を提出して、離婚届不受理申出の効果を取り消すことになります。
 

すでに離婚届が受理されてしまった場合の対応

まずは急いで役場へ電話確認

夫又は妻が無断で離婚届を提出したことが分かった場合には、まずは離婚届を提出した役場の戸籍課に電話してみます。

まだ戸籍に離婚が記載される前で間に合えば、「提出された離婚届は無断で提出されてしまったので、その離婚届は無効である」ことを伝えます。

戸籍に記載される前であれば、離婚届は受理されず無効となりますので、離婚は成立しません。

 

離婚無効の確認を求める調停

離婚届が提出されてしまったことに気付くのが遅れて、既に戸籍に「離婚」の旨が記載されてしまった場合には、手続き上、離婚が成立したことになります。

しかし、この離婚は、「夫婦の一方が無断で離婚届を提出したことによる無効な離婚」といえるので、取り消してもらう手続きを検討します。

無断で提出された離婚届であったとしても、一度成立した離婚を無効とするためには、家庭裁判所の調停制度を利用して、離婚を無効とする手続きをとらなければなりません。

調停の場で調停員を間に挟んで、夫婦で話し合いを行い、無断で離婚届を提出したことを認めてもらい、

離婚が無効であることに合意できれば、家庭裁判所が離婚無効の審判をしてくれます。

この離婚無効の確認を求める調停の手続きを経ることによって、離婚の無効が確定し、一度離婚が記載された戸籍を、元の状態に戻すことができます。

ただ、調停では、調停員がふたりにとって妥当な解決に至るように導いてくれるものの、勝手に離婚届を提出してしまうような関係性になってしまっている訳ですから、

相手が簡単に離婚の無効を認めない可能性もあります。
 

調停でも解決できないときは訴訟するしかない

離婚無効の確認を求める調停において、相手が自らの非を認めず

「離婚の合意があった、離婚は有効だ」として譲らない場合には、最終的に裁判(訴訟)で決着をつけることになります。

裁判(訴訟)を行うためには、弁護士費用など沢山の費用と労力・時間を要することになりますので、

ここまで事態が泥沼化する前に、少しでも離婚届が提出されてしまう可能性があるときは「離婚届の不受理申出」を行っておくことが大切になります。

「なにもそこまでしなくても、まさか勝手に離婚届を提出するなどという馬鹿な真似はしないだろう」と高を括っていると、

とんでもない事態に発展してしまうかもしれません。

急がば回れという言葉のとおり、リスクがある場合には、念のため不受理申出を行っておく方が良いといえます。

 

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

10:00~17:00(土日祝対応可)

04-2935-4766

info@kekkon-keiyaku.com

メールでのお問合せは24時間受け付けております。メールにてお気軽に問合せていただいて構いません.
遠慮なくご連絡ください。

サイドメニュー