浮気・不倫をメインに法的書面作成と最新の情報を提供するサイト  【男女問題専門】行政書士アークス法務事務所 受付10:00~18:00(年中無休)

-契約書・誓約書の作成を通じて不倫浮気トラブルを解決します-

本気で不倫浮気を解決する
男女の契約書・誓約書作成.com

日本行政書士連合会 登録番号14130747 行政書士アークス法務事務所

24時間メール受付中

経験豊富なプロが対応

別居婚・週末婚の契約書(合意書)

別居婚・週末婚の契約書について詳細に説明します。

別居婚・週末婚の契約書(合意書)

日本行政書士連合会 登録番号14130747 行政書士アークス法務事務所

別居婚(週末婚)を選んだ理由、同居するまでの期間、互いの生活費の分担や、会う際の交通費の負担など、お二人のお約束の内容を、正式な契約書としてカタチにすることができます。

1.別居婚・週末婚とは

不倫・浮気・男女問題専門の行政書士アークス法務事務所です。

 

本ページに一通り目を通すことで、「別居婚・週末婚に関する契約書」について、くわしく理解することができます。

 

それでは早速、私と一緒に考えてみましょう。

 

別居婚とは、結婚しているけれども何らかの事情により、互いの住居を別にする夫婦のことをいいます。

 

なお、特に週末だけ一緒に過ごす夫婦のことを週末婚ともいいます。

 

結婚当初は同居していたが、不仲により別居することとなった場合は、厳密には「別居」であり、「別居婚」とは異なるとされています。

 

別居婚を選択する理由は、例えば以下のようなものがあります。

・仕事や職場の都合(この理由が一番多い)
・あくまで「個」を維持したい(でも家庭や子も設けたい)
・束縛や干渉を嫌う
・経済的な理由
・離れて暮らしていても二人の関係を確たるものにしたいので籍は入れておきたい

 

結婚前からそれぞれ離れた場所で仕事をしていて、いますぐ転勤や引っ越しをすることができないという「仕事上の理由」がある場合には、別居婚が選択肢にあがってくることは自然なことかもしれません。

 

子が生まれるまでの当面の間は、別居婚(週末婚)の関係でいて、妊娠・出産を機に仕事を休職または退職し、同居を始めるケースが多いとされています。

 

結婚しているのに離れて暮らす。少し前であれば、「眉をひそめられてしまう」ような話かもしれませんが、近年は別居婚・週末婚を選択するカップルが少しずつ増えています。

 

二人の関係を確たるものにするため、籍を入れることには同意している。ただ、「もう少し今の一人の状況を継続したい」という社会的なニーズは確かに存在するようです。

 

また、別居婚・週末婚の場合は、生計をある程度独立させて、それぞれが金銭管理を行っているケースが多い傾向があります。経済的に男性に依存しなくても、女性が自立できる社会環境が整い、夫婦別生活を可能にしています。
 

2.別居婚・週末婚のメリットとデメリット

・別居婚(週末婚)のメリット

別居婚のメリットは、独身時の生活スタイルを崩すことなく、結婚後も生活できることに尽きます。

 

多くの方は、お仕事の都合などで現在の居所を離れることができずに、当面の間、別居婚(週末婚)とすることを選択されています。

 

結婚のために現在の居所を離れることで、仕事を辞めざるをえない状況になった際、別居婚を選択し、仕事も住環境も、これまでの状態を維持することができます。

 

幸運にも、とても条件の良い仕事や、自身の理想に近い仕事に就くことができている方の場合、結婚を理由に一度仕事を辞めてしまうと、再び同じような職に就くことが困難であるため、仕方なく、しばらくは別居婚(週末婚)でいることを選ばれているようです。

 

女性の場合は、家事負担が自身ひとり分だけなので、楽ちんというメリットがあります。

 

また、「週末にだけ会う」ということは、結婚してもなお遠距離恋愛の新鮮さを維持できる、恋人同士の関係を続けられるという点もメリットとして挙げることができます。
 

・別居婚(週末婚)のデメリット

別居婚のデメリットとしては、まだまだ世間の理解を得にくいという点が挙げられます。

 

友人や親戚に対して、当面、別居婚(週末婚)をすると伝えても、あまり良い反応を得られないことが多いようです。

 

本当に結婚しているのか?偽装結婚ではないのか?と、まったく理解してもらえない場合もあるとのことです。

 

自らの親からも早く孫の顔が見たいと、同居するようにプレッシャーを受けることも多いようです。

 

また、夫婦の生活拠点が2か所になるため、当然生活費の負担も、夫婦が同居している場合とくらべて割高になってしまうというデメリットは覚悟しなければなりません。

 

そして、子の妊娠・出産を期に別居婚(週末婚)を中止して、同居婚となるケースがほとんどであるため、やはり子の育児にとって、別居婚(週末婚)は不向きというデメリットがあります。

 

もちろん子が出生した後も、別居婚(週末婚)を継続する方もいらっしゃいますが、その場合には、育児の負担が夫婦の一方に偏ることになってしまうため、デメリットとなってしまいます。
 

3.契約書(合意書)に盛り込む内容について

・約束を契約書(合意書)というカタチにすることができます

契約書とは、当事者同士の約束事について、権利義務関係を明確にしたうえで、正式な書面という形にして、後のトラブルを予防することができます。

 

別居婚(週末婚)について、おふたりでお約束をしている場合には、正式な契約書(合意書)を作成することを検討してみてください。

 

契約書(合意書)にすることで、お約束の内容をうやむやにすることができなくなりますし、また、後になってから「そんなつもりではなかった」と、約束を覆すこともできなくなります。
 

・別居婚(週末婚)に合意していること

当事者の合意に基づき、入籍後も別居していることを明確にすることができます。

 

また、この時に、●●の理由により、別居婚を選んでいるという、「理由・原因」を記載することをお勧めします。
 

・別居婚(週末婚)でいる期間について

「~までの間、別居婚とする」というように、お二人がいつまで別居婚(週末婚)でいるのかを、書面で明らかにしておくことが必要です。

 

もちろん別居婚(週末婚)でいることを選択する際に、お二人の間でいつまでと、期間を区切って約束されるケースがほとんどだと思いますが、後に誤解によりトラブルになることを予防するという観点から、期間を明確にしておくことも大切です。

 

また、別居婚(週末婚)スタート当初に、終了時、すなわち同居の開始時期について、よく話し合わずになんとなくぼやっとしている場合などは、契約書の作成を機会に明確にしておくこともできます。

 

「~になった場合は、同居するための話し合いを開始する」といったように、将来的には、同居について協議を行うという内容にとどめて記載することもできます。
 

・生活費・交通費の負担について

別居期間中の生活費の負担について、契約書に盛り込むことができます。

 

お二人のそれぞれの生活費は各自が賄う場合がほとんどですが、結婚しているため「共通の財布」という考え方に基づき、お二人の収入を合算して、あらかじめ取り決めた生活費の分担・分配や、一定額の貯蓄を行う場合もあります。

 

その場合には、毎月の各々の生活費の金額を明確にしておく必要があります。

 

週末に「会う」ための交通費がかなり高額になるため、一方だけが常に負担するというのも不公平になる場合があります。

 

どちらが、どちらに会いに行く。その場合の費用は、どうするという部分について、明確に取り決めておくと後の無用な衝突を避けることができます。
 

・不貞行為の禁止について

入籍後は、夫婦となりますので不貞行為等により、相手に損害を与えた場合には、損害を賠償するなど法的な責任を負うことになります。

 

別居婚(週末婚)期間中の、不貞行為や浮気の禁止について、当たり前のことですが、注意的に契約書に盛り込んでおいても良いかもしれません。
 

4.別居婚・週末婚の契約書作成サービスについて

別居婚(週末婚)に関する、お二人の約束事を正式な契約書として書面化することができます。

 

法的な権利義務関係を明確にして、後にトラブルが生じないよう、お二人のお話し合いの結果を、正式な契約書として、当方でまとめることが可能です。

 

契約書の内容は、あくまでお二人のお話し合いの結果に基づき作成いたします。

 

ただし、これまでに別居婚(週末婚)に関する、契約書の作成実績があるため、どのような契約内容とすれば良いのかなど、書面に盛り込む事項に関して助言を行うことも可能です。

 

契約書の作成は、開業当初から男女関係の書面作成を専門としている、当事務所に是非お任せください。

お客様の生の声を是非ご確認ください!

当事務所は、男女問題に関する法的書面作成で多くの実績があります。多数のお客様の生の声を是非ご覧頂き、安心の実績をご確認ください。

作成費用
別居婚・週末婚の契約書(合意書)作成

¥20,000円
固定料金で追加費用はございません

当事務所では、お一人でも多くの方にサービスをご利用頂き、不倫・浮気に関する問題を解決して頂きたいと考えています。
不倫専門のプロが作成した『本物の契約書』をご提供いたします。
依頼者に有利となる高品質の書面を提供することで、社会に貢献していきたいと考えております。

開業以来、男女関係の法的書面作成専門
日本行政書士連合会 登録番号14130747
行政書士アークス法務事務所

・係争中(裁判で争っている)事案についてはお受けすることができません。
裁判所への提出書類は作成することができません。

その他のオプション

こちらのフォームからお申込み下さい

別居婚・週末婚カップルの契約書お申込みを希望されるお客様は、以下のフォームより送信ください。

内容を確認し、当方から折り返しメールにてご連絡いたします。

個人情報の取り扱いについては厳重に取り扱い第三者への提供等は行いませんのでご安心ください。

(例:山田太郎)

(例:sample@yamadahp.jp)
当方とメール交換ができるアドレスを入力下さい。PCメールをあまり利用されない方は携帯アドレスを推奨いたします。

より適切なご案内をするため、お客様の状況やどんな文書を作成したいのかを、できるだけ詳しく教えて下さい。

通常はメール交換で作成できます。

メールお問合せ、ご相談は24時間受付中!

お問合せ・ご相談はメールフォームにて受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。お友達にメールするように気軽に、お問合せ・ご相談していただいて構いません。

info@kekkon-keiyaku.com

 受付時間:24時間受付可能(年中無休) 
※こちらから営業・勧誘等で連絡はいたしませんので、ご安心ください。

サイドメニュー

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

info@kekkon-keiyaku.com

メールでのお問合せは24時間、もちろん《無料》で受け付けております。メールにてお気軽に問合せていただいて構いません。なにか気になることがありましたら、遠慮なくご連絡ください。