浮気・不倫をメインに法的書面作成と最新の情報を提供するサイト  【男女問題専門】行政書士アークス法務事務所 受付10:00~18:00

-契約書・誓約書の作成を通じて不倫浮気トラブルを解決します-

本気で不倫浮気を解決する
男女の契約書・誓約書作成.com

日本行政書士連合会 登録番号14130747 行政書士アークス法務事務所

24時間メール受付中

経験豊富なプロが対応

約束を破ったらどうなる?

【ご相談実績3,000件以上】不倫・男女問題専門の行政書士

契約書に書いてある約束を破ったらどうなる?

日本行政書士連合会 登録番号14130747
行政書士アークス法務事務所

結婚契約書に書いてある約束を破ったらどうなるか?

 

とても気になるところです、このページで簡単な事例に基づきわかりやすく説明します。

 

説明のため、具体例を挙げます

「借りているアパートの家賃は夫の負担、光熱費は妻の負担」

 

という契約(約束)があるとします。

 

妻は、夫に対して、家賃の支払い負担を拒むことができます。ただし、アパートの大家に対しては、家賃の支払いを拒むことはできません。

 

⇒「内部的な約束について」詳しくはこちら

 

では、別の例を挙げます

「不貞行為により損害を与えた場合には慰謝料として金100万円支払う。

 

この場合、結婚契約書|婚前契約書で、不貞行為を行った場合100万円支払うという内容の契約をしているので、

 

不倫により不貞行為を行った夫は、契約に基づき100万円を妻に支払う必要があり、妻は、夫に対して100万円の支払いを請求することができると考えられています。

 

夫がどうしても100万円払ってくれない場合にはどうしたらいいか?

 

契約書に書かれた義務が履行されない場合、
(法律用語では債務不履行といいます。)

 

会社間で締結する契約書も同じですが、契約の相手に債務不履行があり、いくら請求しても契約内容を守ってもらえない場合、最終的には裁判や調停といった手続きによらなければ相手に対して何かを強制することができません。

 

妻は契約書があるからといって夫の財布から勝手に100万円奪い取ることはできません。

 

夫が100万円支払わない場合に、妻がどうしても夫に100万円支払ってもらいたいときには、

 

妻は裁判所に訴え(または調停制度を利用して)100万円支払うことを命じる判決をしてもうらう必要があります。

 

この時、結婚契約書|婚前契約書は「不貞行為を行った場合100万円支払う」約束(損害賠償の予定)したことを証明する資料になると考えられています。

 

注)裁判の判決や調停での話し合いは、不貞行為の内容、夫婦の関係や契約書を作成した際の状況、約束を破った理由や何が裁判の原因となったか、などすべての要素を考慮したうえでされるので、単に契約書で約束しているからといって、必ず100万円全額を支払う判決がでることが保証されている訳ではありませんので注意してください。

 

このように、契約違反があった場合には、まず契約書の内容をもって、相手に請求を行い、それでもどうしても契約を守ってもらえない場合には、最終的に裁判や調停を行い、契約内容が履行されるよう相手に要求していくこととなります。

 

この時、契約書がなければ、そもそも約束の存在を証明することができなくなってしまいます。

 

メールお問合せ、ご相談は24時間受付中!

お問合せ・ご相談はメールフォームにて受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。お友達にメールするように気軽に、お問合せ・ご相談していただいて構いません。

info@kekkon-keiyaku.com

 受付時間:24時間受付可能 
※こちらから営業・勧誘等で連絡はいたしませんので、ご安心ください。

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

info@kekkon-keiyaku.com

メールでのお問合せは24時間《無料》で受け付けております。メールにてお気軽に問合せていただいて構いません.
遠慮なくご連絡ください。

サイドメニュー