男女問題をメインに法的書面作成と最新の情報を提供するサイト  【男女問題専門】行政書士アークス法務事務所 受付10:00~18:00

-契約書・誓約書の作成を通じて浮気トラブルを解決します-

本気で不倫浮気を解決する!
男女の契約書
作成.
com

日本行政書士連合会 登録番号14130747 行政書士アークス法務事務所

24時間メール受付中

経験豊富なプロが対応

約束を破ったらどうなる?

【ご相談実績4,000件以上】不倫・男女問題専門の行政書士

婚前契約書に書いてある約束を破ったらどうなる?

日本行政書士連合会 登録番号14130747
行政書士アークス法務事務所

まずは契約書に基づき当事者で話し合い、決着がつかなければ裁判所を利用する


婚前契約書(結婚契約書)の法的効果を理解するための4つのポイント。

その内の2つ目「約束を破ったらどうなる?」という点について説明します。

結婚契約書に書いてある約束を破ったらどうなるか?皆さんが特に気になるところだと思います。

このページでも簡単な事例を挙げてわかりやすく説明します。
 

不貞行為を行ったときは慰謝料として金300万円を支払う

婚前契約書結婚契約書)において上記のような内容の契約をしたとします。

不貞行為を行った場合300万円支払うという約束をしている状況で、夫が実際に不倫をしてしまいました。

夫は、妻に対して契約で定めた300万円を支払う義務を負っています。

妻は、契約書に基づき夫に対して300万円の支払いを請求することができます。

このときもし、妻が300万円を請求したのに夫が払ってくれない場合にはどうしたらいいか?


契約書に書かれた義務が履行されない場合、契約の相手に債務不履行があったとき、まずは当事者間の話し合いで解決を目指します。

契約書に定めたとおりの金銭を支払ってほしいと要求します。

 

そして、いくら請求しても契約内容を守ってもらえない場合、最終的には裁判や調停といった裁判所の手続きを利用して解決を図ることになります。

妻は契約書があるからといって、夫の貯金から勝手に300万円奪い取ることはできません。

夫がどうしても300万円を支払わない場合、妻は裁判所に訴え(または調停制度を利用して)300万円支払うことを命じる判決・決定をしてもうらう必要があります。


この時に、婚前契約書結婚契約書)は「不貞行為を行った場合300万円支払う」という約束をしたことを証明するための証拠資料として利用することができます。

ただし、裁判の判決や調停での話し合いは、不貞行為の内容、日ごろの夫婦関係や契約書を作成した際の状況、約束を破った理由などすべての要素が考慮されます。

契約書で取り決めた300万円全額が支払われることが必ず保証されているという訳ではありませんので注意してください。


上記のとおり契約違反があった場合には、まず契約書の内容をもって、当事者同士の話し合いで契約内容を履行するよう相手に要求します。

それでもどうしても契約を守ってもらえない場合には、最終的に裁判や調停制度を利用して解決を図ります。

この時に、契約書がなければ、そもそも約束の存在を証明するものが何もないということになってしまいます。

そのようなことを防ぐため、何か重要な約束を交わしたときには、万が一、トラブルが発生したときでもスムーズに解決できるようにするため契約書を作成することが一般的となっています。

 

次は「盛り込むことができない内容」

結婚式女性

専門行政書士が作成した婚前契約書をご利用頂けます。

徐々に話題になってきた結婚契約書!これからのお二人の将来のために、結婚時の約束を法的書面にして残すことができます。お金に関すること、生活について、浮気に関する約束など、基本的に自由にふたりの約束を文書化します

お客様の声

生の声を是非ご確認ください!

当事務所は、男女問題に関する法的書面作成で多くの実績があります。多数のお客様の生の声を是非ご覧頂き、安心の実績をご確認ください。

メールでのお問合せ、ご相談は24時間受付中!

代表デスク

まずはご相談から、お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

04-2935-4766

受付時間:10:00~17:00(土日も対応可能)

info@kekkon-keiyaku.com

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

10:00~17:00(土日祝対応可)

04-2935-4766

info@kekkon-keiyaku.com

メールでのお問合せは24時間受け付けております。メールにてお気軽に問合せていただいて構いません.
遠慮なくご連絡ください。

サイドメニュー