浮気・不倫をメインに法的書面作成と最新の情報を提供するサイト  【男女問題専門】行政書士アークス法務事務所 受付10:00~18:00

-契約書・誓約書の作成を通じて不倫浮気トラブルを解決します-

本気で不倫浮気を解決する
男女の契約書・誓約書作成.com

日本行政書士連合会 登録番号14130747 行政書士アークス法務事務所

24時間メール受付中

経験豊富なプロが対応

契約した約束は取り消せるの?

【ご相談実績3,000件以上】不倫・男女問題専門の行政書士

契約した約束は取り消せるの?

日本行政書士連合会 登録番号14130747
行政書士アークス法務事務所

・結婚前の契約は取り消すことができない

結婚前や婚約中に取り交わした契約は、法律上、他人間の契約と同様に取り扱われるため、契約をどちらか一方の都合で後から勝手に取り消すことはできません。

 

・夫婦間の契約は婚姻中でも取り消すことは困難

民法には、「夫婦間でした契約は、婚姻中これを取り消すことができる。」との定めがあるため、契約はいつでも取り消すことができると誤解されてしまうこともありますが、裁判所の判断では、民法制定時から現在までの長い間、取消権を認めない方向で進んできました。

 

その後の時代の変遷と共に、判例や解釈によって実質的には適用されない無効な条文として、夫婦間の契約取り消しについて、今では否定的に取り扱われています。

 

不倫などによって夫婦関係が破たんしたことを理由に、夫婦間の契約取り消しを否定することもできます。

 

夫婦の愛情の冷却化により別居している場合や、浮気や不倫が原因で夫婦仲が悪化している場合など、実質的に夫婦関係が破綻してしまった状態になると、もはや他人の関係に近いとみなされ契約した内容を取り消すことができなくなります。

 

例えば浮気や不倫が原因で夫婦関係が破たん状態なった場合に、以前に作成した契約や合意書・誓約書などを、後だしジャンケンのように勝手に取り消そうとしても、そのような取り消しは認められないといえます。

 

・昭和33年3月6日最高裁判所判例より

夫婦関係が、破綻に瀕しているような場合にされた夫婦の間での贈与契約はこれを取り消すことができないと解するべきである。

 

・昭和42年2月2日最高裁判所判例より

夫婦の間での贈与契約の取消について考えてみると、民法でいう「婚姻中」とは、単に形式的に婚姻が継続しているだけではなく、実質的にも婚姻が継続していると解するべきだから、婚姻が実質的に破たんしている場合には、夫婦の間での契約を取り消すことは許されないと解することが相当である。

 

・契約後に内容の修正を行うことができる。

結婚前や婚姻中に締結した契約書を、一方的に取り消すことはできませんが、お互いに同意すれば取消や修正をすこともできます。

 

後の事情の変更により、取り消したい項目ができた場合は、ふたりで話し合いお互い同意したうえで取り消しや修正をします。

 

「取り消したい項目(約束)がある場合は、双方協議のうえ合意のもと取り消すことができる。」と、このような文言を盛り込む場合も考えられます。

 

ただし、心から納得したうえで契約・合意することが大前提なので、後から修正すればよいと本意ではないことを文書にすることは避けてください。

 

夫婦の間での、誓約書や同意書などの場合『パートナーがどうしても自分の意見を聞いてくれないので、納得していないけれど、仕方なくサインした。』というケースが稀にありますが、

 

後に上記のような主張を行い、契約そのものを無効にすることは原則できませんので、

 

本意ではない契約内容については、署名捺印しなことです。

 

メールお問合せ、ご相談は24時間受付中!

お問合せ・ご相談はメールフォームにて受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。お友達にメールするように気軽に、お問合せ・ご相談していただいて構いません。

info@kekkon-keiyaku.com

 受付時間:24時間受付可能 
※こちらから営業・勧誘等で連絡はいたしませんので、ご安心ください。

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

info@kekkon-keiyaku.com

メールでのお問合せは24時間《無料》で受け付けております。メールにてお気軽に問合せていただいて構いません.
遠慮なくご連絡ください。

サイドメニュー