男女問題をメインに法的書面作成と最新の情報を提供するサイト  【男女問題専門】行政書士アークス法務事務所 受付10:00~18:00

-契約書・誓約書の作成を通じて浮気トラブルを解決します-

本気で不倫浮気を解決する!
男女の契約書
作成.
com

日本行政書士連合会 登録番号14130747 行政書士アークス法務事務所

24時間メール受付中

経験豊富なプロが対応

個人間の契約書に押印する印鑑

【ご相談実績4,000件以上】不倫・男女問題専門の行政書士

個人間の契約書に押印する印鑑

日本行政書士連合会 登録番号14130747
行政書士アークス法務事務所

実印で押印する?契約書に押印するときの注意点

押印する印鑑について説明する男性

不倫など男女問題専門の行政書士大谷です。
今回は、押印について説明します!
 


「印鑑の書類はどれを使えば良いのか?」

「実印でなければダメ?」

「拇印や署名のみの契約書も有効?」

印鑑の押印については意外と複雑なので、このような疑問をお持ちの方も多いと思います。
 

個人間の契約の場合、認印の押印で足ります

書類等へ押印をする機会は減りつつありますが、まだ印鑑(ハンコ)による押印は、身近で一般的なものといえます。

契約書への押印のみならず、勤怠表への押印、町内会・PTAなどの委任状への押印、宅配便の受け取りなど、様々な場面で押印をします。

押印する書類に合せて、実印・銀行印・認印・スタンプ印など、多種多様な印鑑の種類があります。

会社で法務の仕事をしていたときには、押印する書類によって使用する印鑑の種類を間違えないように、いつも気を付けていました。

複雑でわかりにくい印鑑ですが、個人が契約書に押印するときの印鑑は、認印を押印すれば足ります。

 

契約書にどの印鑑で押印しても、契約書の法的効果に違いはないため、認印であっても有効な押印として認められます。

サイン(署名のみ)でも契約書は有効に成立する

契約書への押印は、これまで慣例として、署名に加えて押印をすることが一般的でした

現在は、契約の電子化の流れができつつありますので、今後、実物の印鑑による押印は急速に減少していくことでしょう。

電子契約であっても、実物の印鑑であっても、押印やサインをすることの意味は、確かに押印やサインをした者が意思表示をしたということの確認です。


署名(サイン)があれば、本人の意思確認をすることができるため、サインがあれば押印までは不要であると考えることができます。


海外の企業と契約するときは会社間の契約であっても押印は行わず(そもそも外国人は印鑑を持っていません)、代表者のサインのみで契約することが多いです。

企業間の重要な契約であっても本来は、代表者の署名(サイン)があれば十分足りるのです。

個人間の契約書においても、契約者本人の意思表示であることを確認するために、少なくとも署名があれば契約書は有効に成立します。

ただ、今のところ慣例的に署名に加えて印鑑を押印することが、まだ一般的であるといえます。

 

印鑑を用意できないときは、拇印(ボイン)で代用することも

示談書の取り交しなど個人間で契約書と取り交わすときには、あらかじめ相手に印鑑を持参するよう伝えることができないという場合があると思います。

印鑑を用意できない場合には、拇印を印鑑に代用することもできます。

拇印とは、親指の腹の部分に朱肉をつけて、指紋の跡が判別できるように押印する印のことを言います。

不貞行為に関する誓約書・示談書」に押印してもらう場合などは、あらかじめ相手に印鑑を持参してほしいと伝えることが難しい場合もあるでしょう。

拇印をもって契約書へ押印することは一般的な方法とは言えませんが、事前に印鑑を用意できないような事情があり、それでも、その場でどうしても押印しなければならないというような場面では、契約書に「拇印」で押印することもあります。

本人の署名の近くに、右手の親指の腹の部分に朱肉を付けて押し付ける方法で行われます。

署名と拇印でも契約書は有効に成立します。


ただし、拇印はあくまでもイレギュラーな対応方法となりますので、お互いに印鑑を用意する方法が一般的です。
 

実印の場合は印鑑証明書とセットにする

実印は、印鑑の印影を、市区町村などの役所に届出て、登録した印鑑のことを言います。

印鑑の中でも本人の印鑑であることを証明する信用力が最も強いと言えます。

また、市区町村から登録された印鑑であることを証明する「印鑑証明書」を発行してもらうことができます。

実印の押印に、印鑑証明書を添付するというセットで、確かに本人の押印であることをより強く証明することができるようになります。

印鑑証明書は、誰でも好きなように取得することはできません。

そのため、実印の押印と印鑑証明書をセットにすることで、確かに本人が押印していることを証明することができます。

ただ、個人間の契約で、この印鑑証明書の提出まで求めるというケースは稀です。

実印と印鑑証明書のセットで、本人を確認することができますが、それは運転免許証などを提示してもらい、署名押印欄にサインした住所と氏名が、免許証と合っていることを確認すれば本人確認としては十分だからです。

相手の身元が不確かな場合には、相手の承諾を得たうえで、身分証明書に記載された氏名・住所と、契約書に記載された氏名と住所が合っているか確認すれば、より万全です。

ただ、無理やりに相手の身分証明書を提出させたり、提示させたりすることはできませんので、趣旨をよく説明して、相手に納得して協力してもらう他ありません。

お互いに身分証明書を見せ合う・提示し合うというような、方法で自然と本人確認ができれば良いと思います。

 

認印とは

実印による押印は、印鑑登録している印影を他者に知られてしまう、実印を自宅から持ち出す場合には、紛失などのリスクも負うことになります。

そのため、なんでもない書面に日常的に実印を使用して押印するということは避けた方が良いです。

実印の代わりに、日常的に利用できる印鑑として、認印(三文判)があります。

朱肉を使って押す印鑑であれば、どのような印鑑でも認印として使用することができます。

積極的にお勧めすることはできませんが100円ショップで購入できる印鑑でも、認印として契約書の押印に使用することもできます。

しかし、大量に製造されいて、他人も同じものを購入できる印影の印鑑では、他人も同じ印鑑で押印できるということになりますから、不安が残ることは否めません。

 

スタンプ印(シャチハタ等)

スタンプ印(シャチハタなど)を用いて、契約書に押印することは回避すべしとされています。

通例として一般的に、契約書にスタンプ印は使用しないこと、他者が同じスタンプ印を容易に入手できる可能性が高く、本当に本人による意思表示なのか確認することができないためとされています。

また、朱肉を使わないスタンプ印は、経年による印影の変化や、インクが薄くなるため契約書への押印には不向きであるとする理由もあるようです。

いずれにしても、契約書にスタンプ印(シャチハタ)を用いることは、一般的には行われていません。

 

割印と契印について

「割り印」の意味

割り印は、複数の契約書作成した場合に、複数の契約書が同じタイミングで、同一の内容で作成されたことを証明するために捺す印鑑のことをいいます。

割り印は、通常、署名押印欄に押印した契約当事者双方の印鑑で捺すことが一般的な方法となっています。

だだし、製本された複数部の契約書に割り印を行うことは現実的に困難なこともあり、すべての契約書において必ず割り印が押されるということではありません。

また、割り印がなくても、契約書が無効になるようなことはありません。

割り印は、あくまで後に同じタイミングで、作成されたセットの契約書であることを便宜的に証するために押されるもので、割り印がないからといって契約書そのものが無効になるというものではありません。

 

「契印」の意味

契印とは、複数ページの契約書において、そのうちの一部が抜き取られたり、差し替えられてしまうことを防ぐために、各ページをまたいで押される印のことをいいます。

契印を捺すことで契約書の各ページの連続性を確認することを目的としています。

契印も割り印と同様に、複数ページの連続性を担保するために便宜的に押されている印で、契印がないからといって契約書そのものが無効になるというものではありません。

 

訂正印を捺すときのポイント

契約書の文言の一部を手書きで訂正することもできます。

手書きで訂正した部分に、契約当事者がサイン欄に押印した印鑑と同じものを、訂正印として押印します。

契約書の手書き訂正のやり方は何種類かありますが、次の点がポイントとなります。

 

訂正するときのポイント
  • 契約者全員が、訂正印を押すこと(これにより全員が訂正を認めていることを証明できる)

  • 署名押印欄(サイン欄)に押した契約印と同じ印鑑を、訂正印として使用すること


この2点に注意してください。

訂正削除部分は、二重取り消し線で取り消し訂正印を捺して、訂正後の正しい文言を直近の空白のスペースに手書きで書き入れることによって、訂正することができます。

あらかじめ用意した契約書の金額部分が、話し合いのその場で訂正になるようなこともありますので、その場合には、二重取り消し線+訂正印にて、修正することができます。

 

不倫相手に印鑑を持ってきてと言えない…

不倫相手との話し合いの場に、事前に作成した誓約書や示談書などを持参して、その場で押印してもらうということをお考えの方もいらっしゃると思います。

ただ、印鑑を持参するように伝えると、相手が構えてしまい、話し合いがスムーズに進まないかもしれない、相手が話し合いの場に来ないかもしれないという不安もあります。

確かに印鑑を持参してほしいと伝えれば、相手は不利な書面にサインさせられるかもしれない、余計なことは言わないでおこう、簡単に不貞行為を認めないようにしよう、といったように少し構えてしまうかもしれません。

もしそのような不安がある場合には、押印を省略して、当事者がサイン(署名のみ)行うという形式の書面とすることもできます。

また、サイン(署名のみ)の契約書では、何か違和感がある押印してもらわないと安心できないという方は、親指の拇印で印鑑に代用して捺してもらうこともできます。

 

不倫浮気の誓約書

不倫・浮気の誓約書19,800円(税込)

不倫・浮気は絶対に許さない!
不倫・浮気を防止するための誓約書

男女間で絶対に守ってもらいたい約束の№1は「浮気をしない」ことではないでしょうか。何度も浮気を繰り返す恐れのあるパートナーには、誓約書で二度と浮気をしないことを誓ってもらうほかありません。

お客様の生の声を是非ご確認ください。

当事務所は、男女問題に関する法的書面作成で多くの実績があります。多数のお客様の生の声を是非ご覧頂き、安心の実績をご確認ください。

メールでのお問合せ、ご相談は24時間受付中!

代表デスク

まずはご相談から、お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

04-2935-4766

受付時間:10:00~17:00(土日も対応可能)

info@kekkon-keiyaku.com

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

10:00~17:00(土日祝対応可)

04-2935-4766

info@kekkon-keiyaku.com

メールでのお問合せは24時間受け付けております。メールにてお気軽に問合せていただいて構いません.
遠慮なくご連絡ください。

サイドメニュー