浮気・不倫をメインに法的書面作成と最新の情報を提供するサイト  【男女問題専門】行政書士アークス法務事務所 受付10:00~18:00

-契約書・誓約書の作成を通じて不倫浮気トラブルを解決します-

本気で不倫浮気を解決する
男女の契約書・誓約書作成.com

日本行政書士連合会 登録番号14130747 行政書士アークス法務事務所

24時間メール受付中

経験豊富なプロが対応

【ご相談実績3,000件以上】不倫・男女問題専門の行政書士

契約書に押印する印鑑

日本行政書士連合会 登録番号14130747
行政書士アークス法務事務所

契約書に押印する印鑑について解説

不倫・浮気、男女問題専門の行政書士アークス法務事務所です。

 

本ページでは「契約書・誓約書に押印する印鑑」について解りやすく解説していますので、本ページに目を通すことで、詳しく理解することができます。

 

日々のお仕事や生活の中で、書類等への押印をする機会はとても多く、日本ではハンコ社会と呼ばれるほど、印鑑(ハンコ)による押印が、身近で一般的なものとなっています。

 

契約書(誓約書)への押印のみならず、勤怠表への押印、町内会・PTAなどの委任状への押印、宅配便の受け取りの押印など、様々なシーンで押印を行うことになります。

 

押印する書類に合せて、実印・銀行印・認印・スタンプ印など、必要な印鑑の種類も多種多様に変わるのも、興味深いです。

 

会社で法務の仕事をしていたときは、押印する書類によって使用する印鑑の種類を間違えないように、いつも気を付けていました。

 

押印する書類は、相手先企業が用意した書類であることもありますので、もし印鑑の種類を間違えてしまうと、書類を再発行してもらうため迷惑を掛けてしまうことになります。

 

このように、複雑でわかりにくい印鑑ですが、個人が契約書や誓約書に押印するときの印鑑は、認印(または実印)で押印することが一般的です。

 

契約書や誓約書にどちらの印鑑で押印しても、書面の法的効果に大きな違いはないため、問題なく有効な押印として認められます。
 

押印することで本人の意思表示を確認している

契約の電子化の流れができつつありますので、今後、印鑑の押印は減少していくことになりますが、個人レベルではまだまだハンコ社会で、日々の仕事・生活においてあらゆる書類に印鑑が押印されています。

 

この押印の意味合いは、押印した者の意思表示の確認となります。印鑑を押すという行為を通して、確かに本人の意思表示であるということを確認しています。

 

本人の意思の確認方法としては、押印の他に、署名(サイン)があります、本来は署名(サイン)のみで、本人の意思の確認は足りるため、押印までは不要であると考えることもできます。

 

ただ、契約書・誓約書に関しては、過去の慣例・慣行として、署名に加えて押印をすることが一般的となっています。

 

外資企業と契約するときは押印不要でサインのみで契約します。

 

このように企業間の重要な契約であっても本来は署名(サイン)があれば十分足りるのですが、国内の書面による契約では慣例・慣行から、必ずといって良いほど押印が行われます。

 

個人間の契約書や誓約書においても、同じように契約者や誓約者本人の意思表示であることを確認するために、署名・押印を行うことが一般的とされています。
 

印鑑の種類

・実印

実印は、印鑑登録制度に基づき印鑑の印影を、市区町村などの役所に届出て、登録した印鑑のことを言います。

 

印鑑の中でも一番本人の印鑑であることを証明する信用力が強いと言えます。

 

また、登録された印鑑が、確かにあなたの登録した印鑑であると証明する「印鑑証明書」を市区町村から発行してもらうこともできます。

 

実印の押印に、印鑑証明書を添付するというセットで、確かに本人の押印であることをより強く証明することができるようになります。

 

重要な手続き・契約をするときに、実印の押印に加えて、印鑑証明書の提出を求められた経験を皆さまお持ちだと思います。

 

実印の押印・印鑑証明書のセットで、確かに本人自身の意志であること、本人が押印していることを証明していることになります。

 

個人間の契約で、印鑑証明書を提出することは稀ですので、個人間の契約では、実印までは要らず認印の押印で特に問題はありません。
 

・認印

実印の押印は、登録している印影を他者に知られる、実印を押印のために持ち出すことによって、紛失のリスクを負うことにもつながります。

 

日常的に実印を使用して押印するということは避ける必要があります。

 

実印の代わりに、日常的に利用できる印鑑として、認印(三文判)があります。朱肉を使って押す印鑑であれば、どのような印鑑でも認印として使用することができます。

 

100円ショップで購入できる印鑑でも、認印として契約書や誓約書への押印に使用することもできます。

 

しかし、大量に製造されている同じ印影の印鑑では不安(他者も購入可能)が残ることも否めません。

 

契約書(誓約書)には自筆による署名に加えて押印と、署名と押印をセットにすることで、本人であることを担保していると言えます。
 

・拇印(ぼいん)

拇印とは、親指の腹の部分に朱肉をつけて、指紋の跡が判別できるように押印する印のことを言います。

 

拇印をもって契約書や誓約書へ押印することはあまり一般的とは言えません。

 

しかし、あらかじめ印鑑を用意できないような状況で、それでも、その場で押印しなければならないというようなシーンでは、契約書や誓約書へ「拇印」で押印することも考えられます。

 

拇印も署名とセットにして行うことによって有効な契約書(誓約書)への押印として認められます(ただし通常はあまり行われるものではありません)。

 

基本的には、右手の親指の腹の部分に朱肉を付けて押し付ける方法で行われます。
 

・銀行印

銀行印は、銀行に届けている印鑑のことで、銀行は届けられた印鑑の印影を独自に登録・保存して、確かに本人の印鑑であることを確認するシステムをもっています。

 

100円ショップで購入した印鑑を銀行印として登録することも可能です。

 

ただ、同じ印影の印鑑が大量に製造されていて、他者も購入できることから、一般的にはその他の認印とは別に、銀行印を用意して、銀行へ届けるということがされています。
 

・スタンプ印(シャチハタ等)

シャチハタと呼ばれているスタンプ印を用いて、契約書や誓約書に押印することは避けるべきであるとされています。

 

その理由は、慣例・慣行的なものの他に、他者が同じスタンプ印を安易に入手できる可能性が高く、本当に本人による意思表示なのか確認することができないためとされています。

 

また、朱肉を使わないスタンプ印は、経年による印影の変化や、インクが薄くなるため契約書や誓約書への押印には不向きであるとする理由もあるようです。

 

いずれにしても、契約書にスタンプ印(シャチハタ)を用いることは、一般的には行われていないため、避けていただく必要があります。

 

署名のみでも契約は成立する

契約書や誓約書へ押印を行わず、本人の自筆による署名のみであっても、契約は有効に成立します。

 

相手にあらかじめ印鑑を用意してもらうことが困難な状況で、契約書や誓約書を取り交わすことが、はじめからわかっているような場合には、押印を省略して、署名のみで契約を行うことも選択肢の一つとして頂いて問題はありません。

 

海外の企業との契約書では、代表者がサインするだけで契約書を取り交わすということが一般的に行われています。

 

しかし、日本国内では、契約書や誓約書へ印鑑を押印・捺印することが一般的であるため、押印はないよりも、あった方が、より本人の意思表示であることが確認されやすい(認められやすい)ということが言えます。

 

心理的にも、押印のない契約書や誓約書よりも、あった方がより安心感を得ることができます。

 

また、契約書や誓約書などの末尾に、「本契約の成立を証するため、本人により署名押印をする」といった記載がされている場合は、押印を省略することはできませんので、注意してください。
 

割り印・契印

・割り印の意味

割り印は、契約書や誓約書を複数通作成した場合に、二つの書面にまたがって印鑑を押印します.

 

複数の契約書や誓約書が同じタイミングで、同一の内容で作成されたことを証明するために割り印を押印します。

 

割り印はどの印鑑で行っても構いませんが、通常は、署名押印欄に押印した、契約当事者双方の印鑑で割り印することが一般的となっています。

 

だだし、製本された複数部の契約書に割り印を行うことは困難なこともあり、すべての契約書や誓約書において必ず割り印が押されるということではありません。

 

割り印のない契約書・誓約書も多く見受けられます。

 

また、割り印がない契約書であっても、書面の法的効果に影響はありません。

 

割り印は、あくまで後に同じタイミングで、作成されたセットの契約書であることを便宜的に証するために押されるもので、割り印がないからといって契約書や誓約書そのものが無効になるというものではありません。
 

・契印の意味

契印とは、複数ページの契約書において、そのうちの一部が抜き取られたり、差し替えられてしまうことを防ぐために、ページをまたいで押される印です。

 

契約書の各ページの連続性を担保することを目的とする印鑑のことを言います。

 

ホチキス留めの契約書では、契約書や誓約書を見開いた両方のページを跨ぐように、契印を押印します。

 

基本的に契印は、署名押印した契約当事者全員が、契約した印鑑と同じもので押印する方法が一般的です。

 

契印も割り印と同様に、複数ページの連続性を担保するために便宜的に押されている印で、契印がないからといって契約書や誓約書そのものが無効になるというものではありません。
 

訂正印

契約書の文言の一部を、手書きで訂正する場合は、訂正のために削除した部分に、署名押印欄で契約当事者が押印した契約印を、訂正印として押印します。

 

契約書の手書き訂正のやり方は何種類かありますが、ポイントしては、①契約者全員が、訂正印を押すこと(これにより全員が訂正を認めていることを証明できる)と、②署名押印欄に押した契約印と同じ印鑑(これにより他人ではなく契約者本人が訂正していることを証明できる)を押すこと、という2点に注意してください。

 

訂正削除部分は、二重取り消し線で取り消し、訂正後の正しい、文言を直近の空白のスペースに手書きで書き入れることによって、訂正を行うことができます。
 

不倫・浮気に関する書面作成サービスご案内

・メール交換によるサポート、男女問題専門の行政書士が作成します

ノートPCを操作する男性

当事務所では開業以来、一貫して不倫・浮気、男女問題に関する書面作成を専門としています。

 

夫婦間の誓約書、不倫相手用の誓約書、慰謝料請求を行う通知書、和解合意書など、経験豊富でこれまでに多くの依頼を手掛けています。

 

不倫・男女問題でお悩みの方には書面作成のご依頼を通じて、メール交換によるサポートを行うことも可能です。

 

また、より多くの方にご依頼いただき、お抱えの男女問題を解決して頂きたいため、手軽に誰でもプロ(専門家)に作成を依頼できるような、利用料金の設定を行いました。

 

プライバシーに関することや、センシティブな身の上の問題を取り扱うことになるため、他人に相談や依頼することをためらってしまう方がいらっしゃいます。

 

当事務所は、原則としてお客様とのメール交換のみで文書を作成しています。

 

メール交換で、お客様の状況を聞き取り、文書の内容を決定していくので、プライバシーを尊重したまま書面を完成させることができます。

 

他人に相談することをためらうような問題でも、気にせずに相談・依頼をすることができます。

 

この機会に、不安で苦悩する日々ときっちり決別する、勇気ある行動を起こしてみてください。

 

私がお手伝いいたします。

 

事務所概要

お問い合わせはこちらのフォームから

以下のフォームに必要事項をご記入の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。

(例:山田太郎)

(例:sample@yamadahp.jp)
※メールアドレスの入力間違いが多く発生しています。十分にご注意ください。

「@docomo.ne.jp」「@softbank.ne.jp」「@ezweb.ne.jp」といった携帯キャリアのアドレスの場合、初期設定等により、こちらからのメールが届かないケースが非常に多いです。
当事務所のアドレス「info@kekkon-keiyaku.com」
を受信できるよう再設定頂くか、または他のメールアドレス(gmail.yahooメールを推奨)をご利用ください。

より適切なご案内をするため、お客様の状況や、どんな文書を作成したいのかを、できるだけ詳しく教えて下さい。

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

info@kekkon-keiyaku.com

メールでのお問合せは24時間《無料》で受け付けております。メールにてお気軽に問合せていただいて構いません.
遠慮なくご連絡ください。

サイドメニュー