男女問題をメインに法的書面作成と最新の情報を提供するサイト  【男女問題専門】行政書士アークス法務事務所 受付10:00~18:00

-契約書・誓約書の作成を通じて浮気トラブルを解決します-

本気で不倫浮気を解決する!
男女の契約書
作成.
com

日本行政書士連合会 登録番号14130747 行政書士アークス法務事務所

24時間メール受付中

経験豊富なプロが対応

【ご相談実績5,000件以上】不倫・男女問題専門の行政書士

夫と浮気の話し合いをする

日本行政書士連合会 登録番号14130747
行政書士アークス法務事務所

浮気をした夫と話し合うときに知っておくこと

夫の話し合いを説明する男性

不倫、夫婦問題専門の行政書士事務所で代表を務める大谷と申します。
浮気について夫と話し合うときに知っておくことについて説明したいと思います!


夫と浮気の話し合いをするとき、まず夫の言い分を聞く姿勢をみせ、夫に語ってもらい、真実を引き出す必要があります。

十分な話し合いができないまま、夫婦関係を再構築することはできません。

さらに、話し合いをするだけで問題は解決しないため、不倫の再発を抑止するための約束もしっかりするようにしてください。
 

夫との話し合いを円滑にする方法

膝を突き合わせて話し合えるタイミング

まずはじっくりと夫婦で話し合う環境を整えてください。

子どもが近くにいたり、明日の仕事に影響する深夜の話し合いでは「明日も仕事がある」と話し合いを切り上げる言い訳を与えることになってしまいます。

休日や、子どもが自宅にいないときなど、話し合いのできる十分な時間を確保してください。

話し合いをすることのできるタイミングを掴まないと、十分に納得できるレベルまで話し合いをすることが難しくなってしまいます。
 

まず何よりも事実関係を確認する

何があったのかを知らずして、話し合いをすることはできません。

まずは夫から話を引き出すことに徹します。

いきなり夫を責めまくってしまうと、事実を隠されたり、夫と話し合いを行うこと自体が難しくなってしまいます。

誰と浮気していたのか、不貞行為はあったのか、いつ頃からだったのか、浮気相手との関係を解消するつもりはあるのか、まずはこのようなことから聞き出す必要があります。

夫が自ら事実を語るように、話を途中で遮って責めることは我慢しましょう。

はじめは黙って夫が話す説明を聞き取る、聞き役に専念してください。
 

威圧したり過度な詰問をしない

威圧したり過度な詰問をしても、夫は心を閉ざしてしまうかもしれません。

相手を責めることは、話し合いが終わった後からでも十分責めることができます。

まだ話し合いの途中の段階で、夫を威圧したり詰問攻めにしてしまっては、本当のことを聞き出すことができなくなってしまいます。

とにかく、自分自身が冷静になるよう努めてください。

こちらが攻撃的になったり、威圧をすれば、夫は「正直に話しても無駄だ」と諦めてしまい、開き直ったような態度をとる可能性があります。

夫に開き直られて夫から「離婚する」と言われてしまうと、建設的な話し合いをすることができなくなってしまいます。

また場合によっては話の流れが一気に離婚に向かってしまうこともあるため、冷静に対話するよう心掛けてください。
 

解決に向けた話し合いであるという姿勢を見せる

なぜこんなにも辛い問題に向き合って、何度も話し合いをするのか?

それは夫婦関係をまだ諦めたくないからであるということを夫に理解してもらってください。

誰もはじめから離婚は望んでいません。

もし夫が離婚を望んでいるような発言をしたとしても、それは一時的な気の迷いかもしれません。

夫の浮気が発覚した時は「離婚したい、もう無理だ」と繰り返していた夫が、しばらく時間が経過すると、今度は離婚を拒むというケースは多くあります。

積極的に、家庭の崩壊や幼い子と別れることを望んでいるというケースはごくわずかです。

浮気はやはり一時的なもので、いずれ関係は解消されます。

夫婦はこの重大な問題も乗り越えて、前に進んで行かなければならない、解決に向けた話し合いであるということを夫にも理解してもらう必要があります。
 

両親などの第三者を交えて話すことも検討してみる

当事者同士でどうしても話し合いをすることができない場合は、第三者に話し合いの仲裁に入ってもらうことも選択肢のひとつです。

一般的には、親族等の第三者をいれてしまうと、話し合いがこじれてしまう可能性が高いといわれています。

ただそれは個別のケースごとに異なります。

場合によっては、両親や親族などに話し合いに立ち会ってもらうと、お互い冷静になりスムーズに話し合いすることができることもあります。

ただこの時、立ち会ってもらうのは浮気をした夫の両親ではなく、妻の両親としなければなりません。

夫の両親に立ち会ってもらう場合、両親の人格にもよりますが、夫を擁護したり、遠回りに妻の至らない点を責めて、浮気を容認するような発言をされてしまうことがあり、

余計話がややこしくなる可能性が高いです。
 

夫に問題をうやむやにすることは出来ないと分からせる

夫に、「このまま何も結論を出さず問題をうやむやにして誤魔化すことができる」という甘い認識だけはされないようにしてください!

誤魔化しが通じるという印象を与えてしまえば、夫は本当のことを語りません。

そしていつかまた同じようなことを繰り返す可能性があります。

だからといって、夫を一方的に責めてまくし立てたり、夫の言い分を一切聞かないというような態度はNGです。

ぜったいに許さないという決意をもったうえで、かつ冷静に追及してください。

決して夫に何も追及しないということではありません。

今回の浮気問題をどのように決着するのか、「納得のいく答えにたどりつくまで絶対に話し合いを止めることはない」という強い意思を冷静に示す必要があります。
 

強い気持ちで臨む

夫の浮気による精神的なショックは、甚大です。

「もう解決することは難しい、もうどうでも良い」とすべて投げ出したくなるかもしれません。

投げやりになる気持ちを克服して、問題解決に向けた強い意思が必要になります。

ただ、中には夫の浮気をきっかけにパニック障害など精神的疾患を患ってしまうことも少なくありません。

そのような場合には決して無理をせず、医師の指導に従うようにしてください。
 

夫だけを一方的な悪者にしない?

これは非常に難しいことだと思いますが、話し合いをスムーズにするためには大切なことだと思います。

夫だけを一方的に悪者にせず、妻の何が至らなかったのか、妻にどんな不満があったのか、夫の言い分も聞いてあげることで、夫と腹を割った話し合いをすることができます。

不倫や浮気は社会的にも道義的にも絶対に許すことのできない行為です。

浮気という行為だけを切り取れば、100%夫が悪く、夫は何も言い訳できないのですが、今は夫婦での話し合いをすることを優先してください。

夫婦で話し合いができなければ、不倫関係を解消する約束も、夫婦関係の再構築のきっかけを見出すことも難しくなってしまいます。

夫だけを一方的な悪者にせず、何が原因だったのか、どうしてこのような事態になってしまったのか、

夫婦で本質的な原因となる問題を理解し、共有するという気持ちを持つことが必要です。
 

今後、旦那の浮気を再発させないためにできること

会話の内容を録音しておくと良い

夫婦で話し合った会話の中身を、後から覆されないようにできるだけ録音するようにしてください。

後日トラブルが生じたとき役に立つことがあります。

これまでの浮気の経緯など、後から「当初聞いていた話と違う」「いや確かにこう伝えた」などと、後から問題になったとしても録音があれば確認することができます。

基本的に録音を聞き返すということはありませんが、何かあったときの念のための記録として、録音しておくというイメージです。

あってはならないことですが、話し合いが紛糾してしまい、何らかの拍子に暴力行為などが発生したときでも、会話の内容を録音することによって暴力行為の証拠とすることができるかもしれません。

録音することを夫に伝えても良いですが、夫に無断で録音したからといって、証拠として利用できないということはありません。

浮気の話し合いでは、話が二転三転することがとても多いため、録音はとても有用です。
 

妻がお金を管理する約束を取り付ける

妻が家計の管理、夫のが使うお金の管理をするようにしてください。

具体的には、給与明細やクレジットカード利用明細などを見せてもらい、収入と支出の内訳を妻が把握するようにします。

理想的にはお小遣い制にすることです。

自由に使えるお金が少なければ、浮気することもできません。

後になってから夫とお金に関する約束をしようとしても、抵抗がより激しくなることが考えられます。

鉄は熱いうちに打てと言われるように、できるだけ浮気発覚時の夫婦の話し合いでお金の管理についての約束も取り付けると良いでしょう。
 

LINEやSNSなどの閲覧に同意してもらう

LINEやSNSなどの閲覧は、プライベートに属することのためプライバシーの問題が気になります。

ただ、夫婦関係を再構築するため、夫が任意に同意すればLINEやSNSを閲覧しても問題にはなりません。

夫婦の話し合いで、夫が真摯にスマートフォンの履歴等を妻に見せることに同意するのであれば、夫が同意した事実を書面にして残しておきます。

このようなLINEやSNSの内容が浮気発覚のきっかけとなることがほとんどであるため、これらの閲覧に関する約束を書面でする人も多くいます。

反対に、たとえ夫婦であっても一定の距離感を保ち「プライバシーは絶対に侵されたくない」という場合もありますので、LINEやSNSの閲覧は、夫婦ごとに取扱いがことなります。

浮気の発見に有用なことは間違いないため、できるだけ夫から同意を得たいものです。
 

夫と約束したことを書面にする
夫婦の誓約書」はこちら

GPSアプリを利用して互いの所在地を把握する

所在地の確認については、GPSを利用して位置情報を確認できるアプリがたくさんあります。

とても便利な世の中になりました。

夫の帰宅が遅いときや、また浮気しているのではないかと不安に感じたときは、位置情報アプリを利用して、現在どの辺りにいるのかをすぐに確認できます。

夫婦関係の再構築のためにこれら位置情報アプリを上手に利用してください。

浮気の発覚時に、GPSを利用してお互いの所在地を確認することの約束をしてもらうことも多くあります。

浮気によって妻を苦しめた償いとして、当面の間は、自身の居場所を明らかにすることに同意してもらいたいものですね。

これがあれば、浮気された妻にとって大きな安心材料になります。
 

夫に誓約書を書いてもらう

夫と取り交わした約束について、夫婦間で誓約書など書面を取り交わすことが有用です。

浮気を止めること、浮気相手と連絡・接触しないこと、今後、再び不貞行為を行わないこと、もし次に不貞行為を行った場合の慰謝料、離婚協議に応じることなどを誓約書に盛り込んで署名押印してもらいます。

内容にもよりますが、夫婦間でも法的効果を有する契約を取り交わすことができます。

また、離婚時の子の親権や養育費に関すること、財産分与に関することなどを規定する人もいます。

その他に、例えば上記で説明した、スマホの履歴閲覧や、GPSで所在を確認することの同意なども、後からトラブルにならないように書面で約束してもらいます。

夫婦間で取り交わす誓約書については、別ページ→「不倫・浮気の誓約書と示談書」でくわしく説明しています。
 

継続的にコミュニケーションをとる

夫婦の話し合いは浮気発覚時だけでは終わりません。

その後も、継続的に話し合いを続けていくことになるでしょう。

夫に一度裏切られたという事実は変わりません。

夫を許すことはできないと思います。

どうしようもない虚無感に襲われることもあるでしょう。

しかし、離婚を決断しない限り、夫婦関係はこれからも続いていきます。

より良い未来を掴むために前向きに夫婦関係の再構築に努めなければなりません。

今すぐにはできないことですが、夫とはこれまで以上にコミュニケーションが必要になります。

夫婦関係再構築の道のりは長く、つらいものですが、いつか「あの時に離婚を決断しなくてよかった」と思える日がやってくると信じたいものです。
 

夫の浮気を防止するための考え方

大きな理由のひとつはマンネリ化

厳しい表現になってしまいますが、男性が浮気する大きな理由はマンネリ化した夫婦生活への飽きによるものといわれています。

ひどい話ですがマンネリ化が原因で刺激を求めて別の女性と遊んだり、不貞関係を持とうとします。

かつて愛し合った夫婦でも、長く一緒にいればお互いのことが大体分かってしまい、生活に刺激がなくなってしまうのが通常です。

もちろんこれは男性だけではなく女性側も同じだと思います。

安定志向の女性と比べて、男性側の方がよりマンネリの影響が大きく、さらに性行為を求める傾向があるようです。

マンネリによる浮気は、ごく自然に起こることだと認識し直した方が良いのかもしれません。

浮気を絶対にしないという男性の割合は、意外に低いものです。
 

「浮気がバレてもなんとかなるだろう」と誤解させない

不倫や浮気が発覚したときは「どうなるか分からない」という、厳しい一面を夫に認識させておくことが大切です。

浮気をする夫は、心のどこかで「浮気をしても大丈夫だろう」「バレてもなんとかなるだろう」という甘い考えがあります。

そんな甘い考えのため魅力的な女性に出会ったときにブレーキが掛からず浮気に走ってしまうのです。

夫に対して「浮気が発覚したときは、二度と今の穏やかな暮らしには戻ることはできない」という強い意思をはっきりと伝え、理解してもらう必要があります。

不倫や浮気がバレても謝れば済むというような優しさ・甘さを妻が夫に見せてしまうと、夫はそこに、つけこんできます。

妻から夫に対する浮気についての強い態度とプレッシャーこそが、夫の浮気を防止することに有用であることは間違いありません。
 

恋人の心を射止めたままにするための努力

男性は浮気をするものだと、あらかじめそれを前提にして対策をしておいた方が良いと思っています。

うちの夫に限ってそのようなことはないと油断していると、後で大変なショックを受けることになるかもしれません。

日頃から夫が浮気をしないようにアンテナを張って注意しておく必要があるといえます。

夫の行動に興味をもって注意すると共に、夫にとって理想の女性であるように心がけることも大切です。

もちろん、夫は、妻にとって理想の男性であるように心がけなければなりません。

長い間一緒にいると、いつの間にかお互いに「理想の相手」であり続けることの大切さを忘れてしまいます。

夫にとってこの女性しかないと思わせることができれば、リスクのある不倫に足を踏み入れることはありません。

とても単純なことですが、大切なのは夫にとって魅力のある女性になるということかもしれません。

冒頭でも触れましたが、男性は本能的に不倫や浮気をする生き物なので「とにかく浮気をするな」と束縛・精神論だけでは防ぐことが難しいといえます。

いくら夫の行動に目を光らせていても女性として妻としての魅力に欠けてしまえば、男性は他の女性に目が移ってしまいます。

夫にとって愛すべき女性になるように努力する必要があります。

「バカにするな」という反論が聞こえてきそうですが、これは媚びだとか、男性に対してへりくだっているとかそういうことではありません。

「魅力的でなければ相手の心は離れていってしまう」ということは夫婦双方に対して言えることです。

恋人同士だった時のことを思い出してください。

彼に対して魅力的であろう、他の人に目移りされないよう努力していたはずです。

夫婦とは、婚姻届けを提出し戸籍上の手続きをすることにより「夫婦」という“法律上の”立場になっただけ、夫と妻は、出会った時からずっと恋人同士の関係が続いているのです。

恋人の心を射止めたままにするためには、それなりの意識と努力が必要であると言えます。
 

勘のいい女と認識させる

常に浮気の様子がないかをチェックして、夫に対して牽制をすることが大切です。

他の女性と会っていたらバレてしまうと思わせることができれば、男性も安易に不倫や浮気をしようという気にはなりません。

「勘のいい女をアピールする」こと、これもポイントになります。

「夫の些細な変化にすぐに気がつく妻」であることことが浮気の抑止になります。

普段から些細な変化に気がつくのであれば、隠れて女性と会っているとすぐにバレてしまうと考えますから、夫に悪い印象を与えることなく自然と不倫や浮気を抑止することができます。
 

夫を完全にフリーに行動させて良いのものか?

夫婦の関係性から、お互いの行動にはあまり干渉しない、休日には夫が好きなように外出しているというご夫婦も多いと思います。

ただ、夫の行動をフリーにすればするほど、不倫のリスクを抱えることになることを認識しておかなければなりません。

これはごく当たり前のことであるといえます。

夫の行動に干渉すると、怒られる、あからさまに嫌な顔をされるということあると思いますが、あきらめないで少しずつそのような関係性を改善するよう努力してみてください。

妻に行動を管理されていれば、不倫は発生しません。

お互いの行動に突っ込まない干渉しないという夫婦関係が悪いというわけではありませんが、やはり夫に自由な時間があれば、その分不倫が生じるリスクを伴うという点を忘れてはいけません。
 

夫婦での話し合いを拒む夫の特徴

逃げてしまう

浮気が発覚した後、妻からの追及を避けるために、夫が家出してしまうということがあります。

夫が自宅に戻らず、夫婦で話し合いをすることもできません。

逃げた先が、夫の実家であれば所在の把握ができるのでまだ良いのですが、勝手にホテル暮らしを始めてしまう場合や、最悪のパターンは、浮気相手の自宅へ転がり込んでしまうこともあります。

話し合いができない間、被害者側の妻はとても「つらい時間」を過ごすことになってしまいます。

夫に自宅へ戻ってもらい、夫婦で膝を突き合わせた話し合いをする必要があります。
 

逆ギレして怒り出す

自ら不貞行為を行っておきながら、浮気の事実を指摘されたり、問い詰められたりすると怒り出すというケースがあります。

中には、妻から浮気を問い詰められると家具を壊すほど暴れ出してしまうというケースもあります。

しかし、これらの行為の根底には「怒る、暴れるという行為によって誤魔化し、自己の非を責められたくない」という心理が働いているのだと考えられます。
 

黙り込んで話し合いに応じない

いわゆる完全黙秘。黙り込んでしまい何も話そうとしません。

夫が黙り込んでしまう場合は、夫が口を開くまで根気強く問いかける必要があります。

ただ、強い口調で詰問をしても絶対に口は開かないため、冷静に語りかけてみてください。

夫が黙り込んでしまう理由は「どうせ話をしてもわかってもらえない、自分が一方的に責められるだけ(だったら黙ってしまった方が良い)」と考えているからです。

夫の口を開かせるためには、一方的に責めるのではなく対話する姿勢を示すことです。

一方的に詰問するのではなく、そちらの言い分もきちんと聞くからという歩み寄りの姿勢を見せて、前向きな対話をする意思があることを根気強く語りかける必要があります。
 

不倫浮気の誓約書と示談書

不倫・浮気の誓約書19,800円(税込)

不倫・浮気は絶対に許さない!
不倫・浮気を防止するための誓約書

男女間で絶対に守ってもらいたい約束の№1は「浮気をしない」ことではないでしょうか。何度も浮気を繰り返す恐れのあるパートナーには、誓約書で二度と浮気をしないことを誓ってもらうほかありません。

当事務所は、男女問題に関する書面作成で多くの実績があります。お客様の生の声を是非ご覧頂き、安心の実績をご確認ください。

メールでのお問合せ、ご相談は24時間受付中!

代表デスク

まずはご相談から、お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

04-2935-4766

受付時間:10:00~17:00(土日も対応可能)

info@kekkon-keiyaku.com

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

10:00~17:00(土日祝対応可)

04-2935-4766

info@kekkon-keiyaku.com

メールでのお問合せは24時間受け付けております。メールにてお気軽に問合せていただいて構いません.
遠慮なくご連絡ください。

サイドメニュー