浮気・不倫をメインに法的書面作成と最新の情報を提供するサイト  【男女問題専門】行政書士アークス法務事務所 受付10:00~18:00(年中無休)

-契約書・誓約書の作成を通じて不倫浮気トラブルを解決します-

本気で不倫浮気を解決する
男女の契約書・誓約書作成.com

日本行政書士連合会 登録番号14130747 行政書士アークス法務事務所

24時間メール受付中

経験豊富なプロが対応

【ご相談実績2,000件以上】不倫・浮気問題専門の行政書士

離婚時における戸籍と氏(苗字)について

【男女問題専門日本行政書士連合会 登録番号14130747 行政書士アークス法務事務所

離婚時における戸籍について

・まず戸籍とは

不倫・浮気・男女問題専門の行政書士アークス法務事務所です。

 

それでは早速、「離婚時の戸籍と氏」について、本ページで私と一緒に考えてみましょう。

 

戸籍とは、個人が出生した時から現在に至るまでの身分関係を把握することができる公的文書(台帳)のことで、原則として、本籍地の市区町村に登録・編成されています。

 

入籍、婚姻した場合、通常は婚姻した夫婦について新戸籍が新たに編成されます。

 

このとき戸籍上の本籍地は、日本の国内であれば自由に選択することができ、また、自由に変更することも可能です。

 

また、戸籍にはその戸籍ごとの見出しのようなものとして、「戸籍筆頭者」というものがあります。

 

入籍する際、結婚した後、夫の氏を名乗るときは夫が戸籍筆頭者となり、妻の氏を名乗る場合は、妻が夫婦の戸籍の筆頭者となります。

 

この戸籍筆頭者というものは、住民票の世帯主とは異なるものなので、注意してください。
 

・戸籍に記載される事項

戸籍に記載される事項として、上記の本籍地のほかに、氏名、出生の年月日、戸籍に編入された原因と年月日(婚姻によりとか、出生による等)、父母の氏名、父母との続柄、夫婦の場合には夫または妻であることなどが記載されています。

 

これらの事項をひとまとめの台帳に記載することにより、その個人がいつ、誰を両親として出生し、また、誰と結婚したなど、個人のパーソナルデータが一目瞭然となります。

 

私という人間はこういう者です。と証明する際は、戸籍をもって証明することも可能なため、身分証明書として、「戸籍謄本」を要求されることがあったりします。
 

・離婚すると戸籍にはどのように記載されるのか

離婚する際は、市区町村に離婚届をして、離婚届が受理されることにより離婚の効力が生じます。

 

ちなみに、本籍地以外の市区町村に離婚届を提出する場合には、戸籍謄本を添付する必要があります。

 

戸籍には、夫婦や親子といった親族関係がすべて記載されているので、「離婚」した場合には、もちろんその「離婚の事実」も、戸籍に記載されることになります。

 

離婚の形態(協議離婚・裁判離婚など)と、離婚成立日、離婚届の届出日などが戸籍に記載されることとなります。

 

なお、戸籍からそのような離婚の事実を消したい場合は、自身の本籍地をAからBに変更(転籍)することで、新たに戸籍が編成されることになり、新たに編成された戸籍には、離婚の事実は記載されないことになります。

 

このように、転籍の手続きをとることで、結果的に離婚の事実を見えないように隠すことができるようです。
 

離婚後の氏(苗字)について

・原則は旧姓にもどる

結婚により、相手の氏(苗字)を名乗っていた一方は、離婚することで、婚姻後に夫婦で新たに編成した戸籍から除かれることになりますので、原則として、婚姻前から名乗っていた元の氏(苗字、旧姓)に戻ることとなります。

 

離婚により、結婚前の元の戸籍(通常は両親の戸籍)に籍が戻る(移動する)ことになるため、結果として、氏(苗字)も元の戸籍の氏(旧姓)に戻ることになるのです。

 

また、一度元の戸籍(通常は親の戸籍)に戻った後に、新規に自分だけの戸籍を編成することができます。

 

これは「分籍」とよばれる手続きで、分籍を行った場合にも、転籍と同様に新たに編成された戸籍には、離婚の事実が記載されないため、離婚の事実を隠したい場合など、分籍の手続きを取る方もいるようです。
 

・婚姻時の氏(苗字)を引き続き使用する

離婚後も婚姻中の氏(苗字)を使用した場合には、離婚の日から3か月以内に、「婚氏続称」の届けをすることにより、離婚後にも、婚姻中の氏(苗字)を使用することができるようになります。

 

離婚により、一旦は元の戸籍に戻ることになり、元の戸籍の氏(旧姓)に復することとなりますが、

 

婚姻中に称していた(名乗っていた)氏が変わってしまうと、自身の関係者に離婚した事実を知られてしまったり、公的書類や身分証明書などの苗字も変更しなければならないため、社会生活において不便なことも多く、このような不利益を回避するために、離婚後においても婚姻中の氏(苗字)を継続して使用できるようにするための制度が、「婚氏続称」の届け制度となります。

 

具体的には、離婚届を提出するとき、または離婚届けをした後(3か月内)に、「婚氏続称」の届けを本籍地、もしくは市区町村に行うこととなります。

 

なお、一度婚氏続称の手続きをとってしまうと、後から「やっぱり旧姓に戻したい」となった場合、家庭裁判所の氏の変更手続きが必要となり、容易に旧姓に戻すことはできなくなってしまいますので、注意してください。
 

・離婚後の「子」の氏(苗字)について

ここまで、親の戸籍の移動と氏(苗字)の変更について、記載しましたが、「子」については、両親の離婚後も、婚姻中の両親の戸籍に残ることとなります。

 

母親が旧姓の戸籍に戻ったり、分籍で新たな戸籍を編成しても、子の戸籍は、婚姻中の戸籍のまま変動はありません。

 

これは、離婚した母親と子は氏(苗字)も戸籍も異なることを意味します。

※母親は離婚により、両親の旧戸籍に戻り、氏(苗字)も旧姓に変更されるが、子はそのまま変更がないため。

 

このような場合に、母と子の氏(苗字)や戸籍を同一にするためには、家庭裁判所において、「氏の変更」についての審判を申し立て、家庭裁判所の許可を得る必要があります。

 

当該許可を得た後に、「母の戸籍に入籍する」旨の届け行うことにより、母と子は、同一の氏(苗字)となり、戸籍も同一とすることができます。
 

「離婚協議書(公正証書原案)の作成」に戻る

離婚時の約束は絶対に口約束で済まさないでください。

離婚時は、大切な約束を取り交わす必要があります。この時に「面倒だから」、「一刻も早く別れたいから」と、口約束で済ましてしまい、後に泣き寝入りされている方がこれまでにたくさんいらっしゃいました。

当事務所では、ひとりでも多くの方が離婚協議書を作成できるよう、「離婚給付等契約公正証書」の原案作成を20,000円で承っております。

お客様の生の声を是非ご確認ください!

当事務所は、男女問題に関する法的書面作成で多くの実績があります。多数のお客様の生の声を是非ご覧頂き、安心の実績をご確認ください。

メールお問合せ、ご相談は24時間受付中!

お問合せ・ご相談はメールフォームにて受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。お友達にメールするように気軽に、お問合せ・ご相談していただいて構いません。

info@kekkon-keiyaku.com

 受付時間:24時間受付可能(年中無休) 
※こちらから営業・勧誘等で連絡はいたしませんので、ご安心ください。

サイドメニュー

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

info@kekkon-keiyaku.com

メールでのお問合せは24時間、もちろん《無料》で受け付けております。メールにてお気軽に問合せていただいて構いません。なにか気になることがありましたら、遠慮なくご連絡ください。