男女問題をメインに法的書面作成と最新の情報を提供するサイト  【男女問題専門】行政書士アークス法務事務所 受付10:00~18:00

-契約書・誓約書の作成を通じて浮気トラブルを解決します-

本気で不倫浮気を解決する!
男女の契約書
作成.
com

日本行政書士連合会 登録番号14130747 行政書士アークス法務事務所

24時間メール受付中

経験豊富なプロが対応

不倫相手から「離婚する」と騙されていた

【ご相談実績4,000件以上】不倫・男女問題専門の行政書士

不倫相手から「離婚する」と騙されていた

日本行政書士連合会 登録番号14130747
行政書士アークス法務事務所

「離婚する」という言葉を信じていたとき責任は軽くなるのか?

行政書士イメージ

はじめまして、男女問題専門の行政書士大谷です。
「妻とは離婚する」と言って、ずるずると不倫関係を継続するというケースは少なくないと思います。



不倫の場面では「妻とはうまくいっていない、もうすぐ別れるから」というような言葉のやり取りがされることが多くあります。

このような男性の言葉を鵜呑みにして、離婚すると信じた女性の責任は軽くなるのか?

今回は、この点について説明したいと思います。 

 

「夫婦関係がうまくいっていない」と聞いていた

相手の言葉を信じていたとき、責任は軽くなるのか?

既婚男性が女性を口説く際に、よく聞くセリフとして、「妻とはうまくいっていない」「もうすぐ離婚する」といったようなものがあります。

おそらくこれは、夫婦仲が冷え切っていることをアピールして、女性側の不倫に対する罪悪感をなくし、安心させることを目的としているのではないかと思います。

女性も、相手男性の家庭を壊すことについては、さすがに躊躇する・気が引けると感じることが普通だと思います。

いずれ相手男性の夫婦が離婚するのであれば、今のまま不倫関係でしばらく我慢してみよう。

しかし、結果として男性は家庭に戻り、女性だけが一人にさせられてしまう。

もしくは男性の妻から慰謝料請求されるようなことがあれば、女性にとって踏んだり蹴ったりです。

「妻とは離婚する」という男性の言葉を信じていたからといって、女性の不倫に対する責任がなくなるということはありません。

 

私は、相手男性から夫婦仲はすでに破たんして離婚すると聞いていた、私は家庭を壊すつもりはなかった

女性がこのように主張して、不倫の責任を逃れることができるでしょうか。
 

不仲と信じていたという主張はほぼ「認められない」

実際の裁判等では、上記のような女性からの主張については、ほどんと認めらないと考えられています。

男性の妻から慰謝料請求された女性が、


「不倫開始時に相手が結婚していると知らなかった、後から知ったときも夫婦関係はすでに破たんしていると聞いていたため、私には責任がない」


と主張して争った、裁判の判旨を見てみましょう。

一部理解しやすいように文言を変更しています。

 

(はじめは結婚していると知らなかったとしても)平成15年頃には婚姻の事実を知るに至ったというのであるから、その後も夫婦関係が破綻しているとの説明を鵜呑みにして、漫然と不貞関係を継続したことは、不法行為となるというべきである。

平成21年・大阪家庭裁判所

これは、不倫の途中で既婚者であると知った後も、夫婦が不仲であるという相手の説明を鵜呑みにして関係を解消しなかったことについて、

慰謝料を支払う責任があると言っています。


もう一つ、女性が同じような主張をして争った別の裁判判旨を紹介します。一部理解しやすいように文言を変更しています。

 

まだ夫婦は別れておらず、離婚もしていないため、(不倫相手は)婚姻関係が破綻していたと認識していたとまでは言えず、そのおそれがあるという程度の認識で、破綻していることを希望していたにすぎないというべきであるから、不貞行為による不法行為責任を負うべきである。

平成25年・東京地方裁判所

女性からの「夫婦関係が破綻している(不仲である)と聞いていたので、私には責任がない」という主張に対して、

裁判所は、上記の判例をみる限り、厳しい態度を示しているといえます。

 

しかし、慰謝料の減額理由になることはある

夫婦関係は破綻していた、不仲であると信じていたため、私には責任はないという主張は認められにくいということが分かりました。

ただ、「夫婦関係が破綻していると信じていた」という事情が、まったく考慮されないということではありません。

他の裁判例では、相手から夫婦が不仲であると告げられ、相手の夫婦関係が円満ではないと信じていたという事情が、

慰謝料の減額事由として考慮されているニュアンスのものもあります。

男性から騙されていたという事情があるのであれば、慰謝料を減額してもらう材料になる可能性はあるということです。

しかし、あくまでも慰謝料を減額する材料になる可能性があるということで、基本的に、責任をすべて逃れることは難しいと考えるべきかもしれません。

 

もし本当に夫婦関係が破たんしていた場合には責任なし

本当に夫婦関係が破たんしていた場合には、法律で守られるべき相手の夫婦の平穏というものが、そもそも無かったということになります。

「不倫の開始時」において、すでに相手の夫婦関係が破たんしていた場合には、慰謝料を支払う責任は生じません。

不倫関係になった当初から、相手の夫婦関係が破たんしていた必要があります。

先に不倫がはじまって、その後に相手の夫婦関係が破たんしたという順番ではダメです。

それですと、不倫によって相手の夫婦を破たんさせてしまったことになってしまいます。

不倫のスタート時にすでに相手の夫婦関係が破たんして場合に限り、不倫の責任を負う必要がないということになります。

 

どういう状況であれば破たんしていると言えるのか

どのような状態であれば、相手の夫婦関係が破たんしているといえるのか。

明確な基準があるわけではないため、判断はケースバイケースとなります。


一つの目安として、夫婦が離婚を前提として、すでに長期間の別居状態であるか否か、というものがあります。


夫婦が数年間にわたる長期間の別居に至っており、

さらにその別居が、夫婦関係を再構築するための前向きなものではなく、再構築に向けた話し合いも行われることがなく、

離婚に向け長期間の別居を続けているようなケースでは、夫婦関係はすでに破綻しているとみなされる可能性が高いといえます。


ただ、単純に別居しているイコール夫婦関係が破綻しているということではないので注意してください。

夫婦関係の冷却を目的として、一時的に別居するというのであれば、破たんしているとはいえません。

再構築に向けた話し合いが行われることなく、離婚に向け、長期間別居しているような状況であれば、破たんしていると言える可能性があるということになります。

別居が不倫の慰謝料に与える影響については、別ページ「別居中の不倫と慰謝料請求」で、よりくわしく説明しています。

 

慰謝料の金額は50万円から300万円程度

不倫の責任は、慰謝料の支払いをもって償うことになります。

慰謝料の相場は、おおむね50万円から300万円程度の範囲内に収まると言われています。

不倫の態様・違法性の大小・不倫により夫婦が離婚に至ったのか、幼い子がいるのか等、様々な事情が総合的に判断され慰謝料の金額が決まることになります。

責任をとる方法は慰謝料の支払いとなります。

 

慰謝料以外を求めることは難しい

被害者から不倫当事者に対して、慰謝料以外の方法で責任をとることを求めることは基本的にできません。


会社の退職や異動、近所から引っ越すことなどを、被害者から不倫の当事者に対して、法的に要求することはできません。

しかし、慰謝料のように法的請求をすることはできませんが、当事者同士の話し合いによって、相手が任意的にこれらの求めに応じるというのであれば、問題はありません。

 

まとめ

本ページでは、「妻とはうまくいっていない」「もうすぐ離婚する」といった話を信じた女性の責任について説明しました。

「夫婦関係が破たんしていると信じていたので、私には責任がない」というような主張は認められにくいということがわかりました。

ただ、まったく上記のような事情が考慮されないということではなく、

夫婦関係が破たんしていることを信じても仕方がなかったというような事情がある場合は、慰謝料の減額事由になる可能性があります。

また、不貞行為の開始時において、本当に夫婦関係が破たんしていた場合には、そもそも不倫の責任を負わなくてすむ可能性が高いといえます。

不倫のスタート時に本当に夫婦関係が破たんしていたのであれば、法律によって保護されるべき、夫婦の円満・平穏といったものが、元からなかったといえます。

 

契約書と印鑑

男女問題専門の行政書士が作成した書面を19,800円(税込)~ご利用頂けます。

男女関係解消の場面では、トラブルを予防するため契約書(合意書)を取り交わしておきます。特に手切れ金の支払いや、秘密の保持、迷惑行為の禁止など約束を書面で確かなものにしておく必要があります。

お客様の声

生の声を是非ご確認ください!

当事務所は、男女問題に関する法的書面作成で多くの実績があります。多数のお客様の生の声を是非ご覧頂き、安心の実績をご確認ください。

メールでのお問合せ、ご相談は24時間受付中!

代表デスク

まずはご相談から、お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

04-2935-4766

受付時間:10:00~17:00(土日も対応可能)

info@kekkon-keiyaku.com

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

10:00~17:00(土日祝対応可)

04-2935-4766

info@kekkon-keiyaku.com

メールでのお問合せは24時間受け付けております。メールにてお気軽に問合せていただいて構いません.
遠慮なくご連絡ください。

サイドメニュー