男女問題をメインに法的書面作成と最新の情報を提供するサイト  【男女問題専門】行政書士アークス法務事務所 受付10:00~18:00

-契約書・誓約書の作成を通じて浮気トラブルを解決します-

本気で不倫浮気を解決する!
男女の契約書
作成.
com

日本行政書士連合会 登録番号14130747 行政書士アークス法務事務所

24時間メール受付中

経験豊富なプロが対応

【ご相談実績4,000件以上】不倫・男女問題専門の行政書士

オンラインゲームでの浮気

日本行政書士連合会 登録番号14130747
行政書士アークス法務事務所

ゲームを通じた浮気への対応方法などについて解説

行政書士イメージ

はじめまして、男女問題専門の行政書士大谷です。
最近はオンラインゲームで性的なやり取りをしているというご相談が増えています!


最近、夫や妻がオンラインゲームを通じた浮気している、性的なやりとりをしていて困っているというケースのご相談が増えています。 

実際に会って性行為を行うことは少ないのですが、裸の画像を送り合ったりテレフォンセックスのようなことをしていることがあります。

そこで今回は、オンラインゲームを通じた浮気について、夫や妻の取り得る対応方法などについて説明したいと思います。

 

不倫浮気の誓約書

不倫・浮気の誓約書19,800円(税込)

不倫・浮気は絶対に許さない!
不倫・浮気を防止するための誓約書

男女間で絶対に守ってもらいたい約束の№1は「浮気をしない」ことではないでしょうか。何度も浮気を繰り返す恐れのあるパートナーには、誓約書で二度と浮気をしないことを誓ってもらうほかありません。

オンラインゲームでどのような浮気があるのか?

(1)ゲーム内で疑似恋愛

ゲーム内での疑似的な恋愛関係が、現実世界での浮気に発展してしまうこともあります。

ゲームでの異性との交流には様々な方法がありますが、特定のユーザーと協力して、ゲームを攻略したり、中にはゲーム内で疑似的に結婚したり、恋人になるようなゲームもあるようです。

ゲームではありますが、チャット機能を利用してメッセージ交換したり、音声通話を行うことができる場合もあります。

ゲームを一緒にプレイしながら、メッセージを交換し合い、長時間を共に過ごすうちにリアルな恋愛感情を抱き、その後、浮気といえるレベルの行為にまで発展してしまうことがあります。

オンラインゲーム内での交際は、気軽に疑似恋愛を楽しむことができ、実際の恋愛と似たドキドキとした感情を楽しむことができるため、時間が経つのも忘れてゲームにはまり込んでしまう人も多いようです。

このゲーム内での疑似恋愛にのめり込み、帰宅した後にすぐにゲームを立ち上げ深夜から明け方までずっとゲームをするというようなことがあれば、リアルな実生活にも大きな影響を与えます。

そのような生活が続けば夫婦関係に大きな亀裂が入るきっかけとなります。

 

(2)性的内容を含むやり取り等に発展することも

オンラインゲーム内での疑似恋愛関係に留まるうちはまだ遊びの範囲内ですが、ゲーム外・現実世界でのリアルな交流に発展することもあります。

テキストメッセージを交換するチャットではなく、実際に電話で長時間会話することや、ゲーム内のシステムを通じて、深夜など時間帯にかかわらず四六時中、相手と話をしているようなケースもあるようです。

ゲームを利用する時間が長ければ長いほど、コミュニケーションする時間も長くなりますので、それに比例してより親密な関係になる可能性が高くなります。

さらに、会話だけにとどまらず、お互いの裸の写真を送り合う、性行為を行っている音声や動画を互いに閲覧するなど、さらに行動がエスカレートするケースもあります。

夫や妻が、異性と性的表現を伴う連絡を取り合うようなことはとても容認できることではありません。

この段階まで来てしまえば、立派な浮気として断固たる対応が必要になってくる状況といえます。

 

(3)実際に会って不貞行為に及ぶことも

ゲーム内で疑似的恋愛関係になった相手と会ってみたいと思うのは自然な感情かもしれません。

長期間ゲーム内で一緒に過ごしているため、もはや恋人同士と変わらない気分になってしまうこともあります。

オフラインの交流会(オフ会)などで、実際に他のプレイヤーと会って交流する機会に不貞行為に及ぶこともありますし、相手の居所が近隣県である場合には、わざわざ会いに行って性行為が行われることもあります。

また、いずれか一方の居所が東京や大阪などの大都市圏である場合には、出張の際に、自費で1、2泊追加して、浮気相手と会って性行為に及ぶというようなことも考えられます。

実際に会って不貞行為を行えばもはやゲームは関係なく、単に不法行為を行っていることになりますので、相応の法的責任が生じることになります。

 

ゲームの浮気相手に慰謝料請求できるのか

(1)恋愛関係がゲーム内に留まる場合、基本的には慰謝料請求できない

既婚者の不倫で相手に慰謝料請求できる場合は、基本的に不貞行為(性行為)がある場合とされています。

ただ、性行為がなければ絶対に慰謝料請求できないかと聞かれれば、答えはNOです。

たとえプラトニックな関係であっても、夫婦の平穏を侵害するような迷惑行為がある場合には、相手に迷惑料(慰謝料)を請求をすることができると考えられます。

しかし、オンラインゲーム内での疑似的な恋愛関係というのは、あくまでも個人の趣味・遊興の範囲内であるため、単にゲーム内でやり取りをしている浮気相手に対して、慰謝料請求を行うことは困難であるといえます。

不適切なやり取りがあったとしてもゲーム内での疑似的な恋愛関係に対して、何らかの責任を追及することは難しいでしょう。

また、浮気相手に対して、ゲーム内で恋人のようなやり取りをすることを止めてほしい、ゲームそのものを止めてほしいと要求したとしても、相手が素直にこちらの要求に従う可能性も低いと思います。

これを解決するためには、ゲームに没頭している夫や妻自身を説得する必要がありますので、解決することがとても難しい問題であるという印象があります。

 

(2)相手に慰謝料請求できる場合

不倫の慰謝料請求は、上記にも少し記載したとおり絶対に性行為がなければ請求できないというものではありません。

夫婦関係を破綻に至らせるような何らかの加害行為が行われていれば、実際に性行為を行っていなくても慰謝料請求することができる場合もあります。

他人の夫婦を離婚に至らせるような迷惑行為を行っていながら、何もお咎めなしでは社会的正義に反するといえます。

裸の画像を送っていたり、性行為の音声を聞かせているような性的表現を伴うやり取りをしているようなケースでは、通常、これらの行為が発覚すれば夫婦関係を破綻させる原因になりかねませんので、ケースバイケースではありますが、慰謝料請求に値する加害行為に該当することもあります。

ただ、単に迷惑行為が行われているに留まる場合には、実際に肉体関係がある場合と比べて慰謝料の金額は少額となります。

性行為がない迷惑行為に対する慰謝料の請求金額は、数十万円程度の金額に留まることが多いため、弁護士に依頼して請求を行うことは難しいかもしれません。

また、直接会って不貞行為(性行為)が行われているような場合には、通常の不倫関係と何ら変わりはありませんので、もちろん不貞行為(性行為)による慰謝料を請求することができます。

性行為がない場合の慰謝料請求についての考え方は、別ページ「好きというメールは不貞行為に該当するか」でくわしく説明しています。

 

(3)慰謝料請求する方法

性行為がない場合、迷惑行為に対する慰謝料請求は、直接相手に連絡する、もしくは、相手へ慰謝料請求の書面を送付するなど、いずれにしても多くのケースでは当事者同士で慰謝料(迷惑料)の示談が行われることになります。

弁護士に依頼して請求を行うことも考えられますが、相手に対する請求金額と、弁護士に支払う報酬を考慮すると、現実的には弁護士に依頼して慰謝料請求を行うことは難しいかもしれません。

慰謝料請求を行うことが難しい場合でも、相手にこれ以上の迷惑行為を行わないよう書面通知により通知・警告することは可能です。

迷惑行為の中止を警告したり、慰謝料の請求を行う通知書面を相手に郵送する場合には、当事務所で通知書をご用意することができますので、ご相談ください。

相手へ慰謝料請求をするための通知書面の送付については、別ページ「不倫相手へ内容証明を送付する」で、くわしく説明しています。

 

オンラインゲームでの浮気を止めさせる

(1)ゲーム自体を止めさせることは困難

どのような行為がゲーム上で行われているにしても、ゲームで遊ぶこと、ゲームを利用すること自体を止めさせることはできません。

これは浮気相手に対しても、夫や妻に対しても同じように言えることです。

夫や妻に対して、今後もこれまでと同じようにオンラインゲームで疑似恋愛のようなことを続けるのであれば、「これ以上、夫婦関係を継続できない」と迫ることも考えられますが、ゲームで遊ぶこと自体は趣味や遊興に該当するものですので、中止を強制することはできません。

根気強く夫婦で話し合いを行い、夫や妻が納得して任意的に自らゲームを止めることを促す他に方法はないのではないかと思います。

なお、オンラインゲームでの浮気が原因で、夫婦関係が破たんに至ったときには、法定離婚原因のひとつ「婚姻を継続し難い重大な事由」に該当する可能性があり、夫婦関係を破たんさせた配偶者に対して、慰謝料を請求することができる可能性があります。

法定離婚原因についての詳細は、別ページ「法定離婚原因」でくわしく説明しています。

 

(2)定期的にどのようなやり取りをしているのか閲覧させてもらう

ゲームを止めてもらうこと自体が難しいようであれば、ゲーム内でどのようなやり取りをしているのか、閲覧させてもらうという方法もあります。

嫌がられるとは思いますが、夫婦関係を維持するためには必要なことかもしれません。

このまま放置していては、不安が拭えませんし、将来また再び同じようなことが起きることを防ぐ必要があります。

いずれにしても断固たる気持ちをもって、対応することがポイントであるといえます。

 

(3)誓約書や念書を取得しておく

夫婦で取り交わした約束がある場合は、誓約書・念書などの書面で約束してもらうという方法があります。

今回どのような行為があったのか、どのような行為で精神的苦痛を受けたのかを記録として記載しておきます。

次に女性問題で精神的苦痛を与えた場合には、法定離婚原因である「婚姻を継続し難い重大に該当すること」を確認してもらい、

離婚協議の申出があったときは、誠実に応じることなど誓約書で規定しておくことで、離婚時にこちらが有利に話し合いを進める資料・証拠を確保しておきます。

また、離婚時に支払う慰謝料をあらかじめ書面で定めておくことで、万が一、離婚に至るようなことがあった場合には、誓約書・念書で定めた慰謝料をベースにして請求することができます(損害賠償の予定)。

実際にどれくらいの損害が生じたのかを証明することなく、事前に定めた金額をベースに請求することができるため、とても有用です。

このような誓約書や、夫婦間の契約書をあらかじめ取得しておくことで、万が一、離婚協議がはじまったときには、有利な資料として利用できるためスムーズに離婚条件の話し合いをすることができます。

さらに誓約書・念書を提出することによって、誓約者は、約束を守らなければならないという心理的なプレッシャーを受けることにもなりますので、より夫婦の約束を確かなものとすることができます。

 

(4)本気で止めさせるという決意が大切

中途半端な対応をしても、大好きなゲームを大人しく止めるとは考えにくいでしょう。

離婚も辞さないという強い気持ちで臨む必要があると思います。

また、単に「止めてほしい」と繰り返し伝えるのではなく、じっくりと話し合える時間を用意して本気の話し合いをする必要があります。

誓約書等の書面を用意しておくことで、こちらの本気度が配偶者に伝わることもあります。

ついに専門家へ相談して対応しなければならない段階まで来ているということを配偶者に理解させることができます。

「ゲームを中心とした関係」・「性的なやり取りをしているだけ」という事情の場合には、一般的な不倫と比べて当事者が罪悪感を感じにくいといえます。

配偶者の罪悪感が少なければ、自らの行為を改めて真摯に対応しようと本気になって考えてもらえないのかもしれません。

しかし、こちらとしては重大な精神的苦痛を受け、夫婦関係を継続していくことに疑問を感じている訳ですから、本気になって取り組むべき問題であるといえます。

いずれにしてもこちらの気持ちを相手にきちんと伝えること無しに、中途半端な対応をしていても、問題を解決することが難しい印象があります。

 

不倫浮気の誓約書

不倫・浮気の誓約書19,800円(税込)

不倫・浮気は絶対に許さない!
不倫・浮気を防止するための誓約書

男女間で絶対に守ってもらいたい約束の№1は「浮気をしない」ことではないでしょうか。何度も浮気を繰り返す恐れのあるパートナーには、誓約書で二度と浮気をしないことを誓ってもらうほかありません。

お客様の生の声を是非ご確認ください。

当事務所は、男女問題に関する法的書面作成で多くの実績があります。多数のお客様の生の声を是非ご覧頂き、安心の実績をご確認ください。

メールでのお問合せ、ご相談は24時間受付中!

代表デスク

まずはご相談から、お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

04-2935-4766

受付時間:10:00~17:00(土日も対応可能)

info@kekkon-keiyaku.com

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

10:00~17:00(土日祝対応可)

04-2935-4766

info@kekkon-keiyaku.com

メールでのお問合せは24時間受け付けております。メールにてお気軽に問合せていただいて構いません.
遠慮なくご連絡ください。

サイドメニュー