浮気・不倫をメインに法的書面作成と最新の情報を提供するサイト  【男女問題専門】行政書士アークス法務事務所 受付10:00~18:00

-契約書・誓約書の作成を通じて不倫浮気トラブルを解決します-

本気で不倫浮気を解決する
男女の契約書・誓約書作成.com

日本行政書士連合会 登録番号14130747 行政書士アークス法務事務所

24時間メール受付中

経験豊富なプロが対応

【ご相談実績3,000件以上】不倫・男女問題専門の行政書士

慰謝料の金額(相場)に関する判例紹介

日本行政書士連合会 登録番号14130747
行政書士アークス法務事務所

不倫と慰謝料(相場)に関する裁判例をご紹介します

具体的な不倫の事例と裁判で認められた慰謝料の額をご紹介

不倫・浮気問題専門の行政書士アークス法務事務所です。

 

それでは早速、「慰謝料金額の相場」について、本ページで一緒に考えてみましょう。

 

本ページでは具体的な裁判の判例に基づく事例を紹介していますので、慰謝料金額の目安となるイメージをつかむことができます。
 

・離婚に至らない場合、100万円~150万円がひとつの目安!?

不倫に関する慰謝料について、実際の裁判例や具体的な不貞行為の態様を確認して、どのようなケースで、どれくらいの金額が認められるのか(相場のイメージ)を、一緒に確認してみましょう。

 

支払金額が大きくなる原因としては、 不倫(不貞行為)によって、円満だった夫婦が、離婚や長期の別居に至った場合、夫婦の間に幼少の子がいるケースなどでは、被害が大きいとして高めの慰謝料が相当とされる「傾向」がうかがえます。

 

一方で、不倫後も、離婚までは至らず夫婦関係がその後も継続している場合には、100万円から150万円がひとつの目安になっている印象も受けます。

 

もしかすると慰謝料の金額は、全体的に「思っていたよりも低額」という印象を受ける方が多いかもしれません。

 

それでは、具体例を見てみましょう。
 

・夫が米国単身赴任中に妻が不倫していたケース(慰謝料100万円)

A男とB子は、平成13年に結婚しました。

 

しかし、B子は、C男と親しく付き合うようになり、平成15年には肉体関係をもつに至り、その後も継続して肉体関係を伴う交際を続けました。

 

そのような事情は知らずに、A男は、平成20年にアメリカに駐在員として、単身赴任することとなりました。

 

A男の単身赴任中も、B子とC男は不貞関係を継続したが、平成21年に、それまでA男と同様に単身赴任中であったC男が転勤となり、C男は自分の妻子と同居する生活に戻ることとなった。

 

妻子と同居することとなったC男は、B子に別れを切り出します。

 

そして、B子は薬を大量に服用して自殺を図ります。

 

命に別状はありませんでしたが、B子は、夫であるA男に、自殺を図ったこと、C男と不倫関係にあり、別れを切り出され自殺を図ったことをすべて告白します。

 

A男はアメリカから一時帰国し、その後、C男を訴えました。

 

その後も、A男とB子は婚姻を継続している。

 

判決は、C男とB子との不貞行為によってA男の受けた精神的苦痛を慰謝するための慰謝料は、100万円が相当であるとした。
 

・不倫により夫婦関係が破たんしたケース(慰謝料250万円)

A男と、B子は、平成14年に結婚し、その後、1男1女の子をもうけた。

 

不倫したのはA男で、相手はホステスとして働いているC子、A男は客としてC子の店を訪れていたことから交際が始まった。

 

平成19年頃から、両者の間に不貞行為があり、A男の携帯電話には、ホテル客室内で撮影したC子の写真や、C子の寝姿の写真があった。

 

その他の事情としては、A男とB子は結婚後、2回しか性交渉を行っていないセックスレスの状態であり、すでに夫婦関係が破たんしているのではないか、という議論もされることとなった。

 

ただし、これについては、両者が婚姻した際に、すでに長男を懐妊していたこと、更に、長女の懐妊・出産育児と続いているため、これらの期間に、夫婦間で性交渉がほとんどなかったとしても、それをもって夫婦関係が実質的に破たんしているとは言えないとされました。

 

不倫の発覚後、A男とB子は、別居することになった。(この別居をもって、夫婦関係が破綻した)

 

結果、A男とC子の不貞が原因で、夫婦関係が破たんしたものと認められ、B子の精神的損害に対する慰謝料としては、250万円と認めるのが相当であるとされた。
 

・子が幼少であるケース(慰謝料150万円)

A男とB子は、平成18年に結婚し、長男が出生した。

 

平成20年頃、A男は知人の紹介によりC子と知り合い、A男は自らC子へ交際を申し込んだ。

 

A男とC子は、知人とともに会食を少なくとも3回は行い、また、メールの交換を続けた。

 

そして、B子は、A男とC子とのメールを発見し、激しい夫婦喧嘩となった。
(A男はその他にも複数の女性とメール連絡をしていた)

 

数か月後、A男が経営している会社の業績が悪化したため、A男はB子に後で復縁することを前提として形式的に離婚することを提案した。

 

形式的な離婚後も、A男とB子は同居を続けていたが、その後、結婚中にC子とA男が性的関係を持っていた可能性が高い内容のメールを複数発見し、翌日、別居に至った。

 

B子との別居後、A男はC子と同居し子を出産している。

 

B子は、C子を訴えました。

 

その結果、A男とB子の婚姻関係は、C子の不法行為によって破たんしたものと認められる。

 

また、不法行為の態様、A男とB子の婚姻期間、B子の年齢、両者の子が未だ幼少であることなどから、C子の不法行為により、B子が受けた精神的苦痛に対する慰謝料は、150万円とするのが相当とされた。

 

・不倫により家庭内に様々な被害が生じたケース(慰謝料300万円)

A男とB子は、平成5年に婚姻し、一男一女の子をもうけた。

 

A男は平成13年に単身赴任となり。赴任先の職場でC子と出会った。

 

C子は、A男に妻子がいることを知っていたが、ふたりは交際を開始し、A男の単身赴任先で同棲を始めた。

 

平成21年にA男に人事異動があり、A男は自宅のマンションに戻り、家族との同居生活に戻ることとなった。

 

B子が単身赴任中の荷物を整理している際に、女性用の下着を発見し、問いただすことによってC子との関係が、明らかとなった。

 

A男は、C子と同棲したことをB子に伝え、C子と結婚したいので、離婚するようにB子に求めた。

 

B子は、A男の不貞行為が発覚したことにより情緒不安定になり、一時は職場で勤務することもできず、社会生活を送ることが困難となるほどのうつ状態になった。

 

その当時、A男とB子の長男は中学生で高校受験を控えていたが、A男は長男を高校へ進学させずに、中学卒業後、働かせる旨の発言をし、これらの言動に対して、B子は強い衝撃を受けた。

 

また長女は、上記夫婦関係の破たんにより、強いストレスを受けて、パニック症を発症し、一時通院を要した。

 

長女の体調の変調に対しても、B子は強い衝撃を受けた。

 

C子の行為は、A男とB子が婚姻関係にあることを知りながら、A男と不貞行為におよび、B子に対する、不法行為を行ったと構成することができる。

 

結果、C子とA男の不貞行為によって、婚姻関係の継続は不可能となり、B子の家庭はきわめて大きな痛手を受け、B子は多大な精神的苦痛を受けた。 

 

これらの苦痛に対する慰謝料の額は、300万円を下らないという判決がされた。
 

お問い合わせはこちらのフォームから

以下のフォームに必要事項をご記入の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。

(例:山田太郎)

(例:sample@yamadahp.jp)
※メールアドレスの入力間違いが多く発生しています。十分にご注意ください。

「@docomo.ne.jp」「@softbank.ne.jp」「@ezweb.ne.jp」といった携帯キャリアのアドレスの場合、初期設定等により、こちらからのメールが届かないケースが非常に多いです。
当事務所のアドレス「info@kekkon-keiyaku.com」
を受信できるよう再設定頂くか、または他のメールアドレス(gmail.yahooメールを推奨)をご利用ください。

より適切なご案内をするため、お客様の状況や、どんな文書を作成したいのかを、できるだけ詳しく教えて下さい。

お客様の生の声を紹介!

当事務所は、男女問題に関する法的書面作成で多くの実績があります。多数のお客様の生の声を是非ご覧頂き、安心の実績をご確認ください。

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

info@kekkon-keiyaku.com

メールでのお問合せは24時間《無料》で受け付けております。メールにてお気軽に問合せていただいて構いません.
遠慮なくご連絡ください。

サイドメニュー