浮気・不倫をメインに法的書面作成と最新の情報を提供するサイト  【男女問題専門】行政書士アークス法務事務所 受付10:00~18:00

-契約書・誓約書の作成を通じて不倫浮気トラブルを解決します-

本気で不倫浮気を解決する
男女の契約書・誓約書作成.com

日本行政書士連合会 登録番号14130747 行政書士アークス法務事務所

24時間メール受付中

経験豊富なプロが対応

【ご相談実績2,500件以上】不倫・浮気問題専門の行政書士

「好き」「愛している」というメールは不貞行為に該当するか?

日本行政書士連合会 登録番号14130747 行政書士アークス法務事務所

「大好きだよ」という内容のメールに関する法的な考え方

不倫・浮気問題専門の行政書士アークス法務事務所です。

 

それでは早速、「好き・愛してるというメールが不貞行為にあたるか」について、本ページで私と一緒に考えてみましょう。

 

不貞行為と呼ばれるものの、典型例は、性行為などの肉体関係であることは誰もが認識できています。

 

では、「性行為などの肉体関係がなければ、不貞行為ではないのか?」というと、そうではありません。

 

東京地方裁判所の判例によると、「第三者が相手配偶者と肉体関係を結んだことが違法性を認めるための絶対的要件とはいえない」とされていて、

 

すなわち性行為、肉体関係を伴わない行為であっても、夫または妻の権利を侵害する行為である場合には、違法性を伴う行為(慰謝料)であると認められることがあることを示しています。

 

このページでは、「好き」「愛してる」といった内容を伴うメールが、違法性を有する行為に該当するのか否かについて、裁判の判例を紹介しながら、考えていきたいと思います。
 

裁判の判例でも、否定するケースと肯定するケースに割れている

裁判所の裁判例においても、「好き」「愛している」とうメールが違法な行為に該当し、慰謝料の支払いを認めるのか否か、判断が割れています。

 

※あくまで相手が既婚者であることが前提です。

 

「好き」「愛してる」といったメールのやり取りをする行為について、個別の状況や本人の考えも異なるため、たしかに画一的に線引きすることは難しいということが理解できます。

 

ここから読み進めていただくにあたっては、

 

「夫婦の平穏を侵害するような行為に該当するかどうか?」

 

という考え方を基本に置いていただけると、理解がスムーズになります。

 

「夫婦の平穏を侵害する⇒違法、侵害しない⇒違法ではない」というイメージをもって、読み進めて頂ければと思います。

 

ケース① 違法性を認めた例

まずは、「逢いたい」「大好きだよ」というような内容のメールのやり取りをすることが、違法性のある行為に該当するのか争われて、結果、違法性と慰謝料支払いが認められた判例を紹介します。

 

このケースでは、不倫相手から、既婚者である一方へ、愛情表現を伴う内容のメールを送信していました。

 

また、そのようなメールは既婚者の配偶者に、見られる、気付かれる可能性がありました。

 

上記に関する裁判判例の結論を、かみ砕いてご紹介します。

 

「このような「逢いたい」「大好きだよ」というメールは、性交渉の存在自体を直接想像できるものではないが、

 

不倫相手が夫婦の一方に好意を抱いており、また、知らないところで不倫相手と会っていることが示唆されている。

 

さらに、夫婦の一方と不倫相手に肉体関係があるような印象を与えるものであり、このようなメールを配偶者が読んでしまった場合は、結婚生活における平穏を侵害する行為であるというべきである。」

 

上記のように判断し、愛情表現を含んだメールのやり取りについて、違法性のある不法行為であることを認めました。

 

ただし、「逢いたい」「大好きだよ」というメールのやり取りという行為自体の違法性は軽いと判断し、慰謝料の金額は30万円とう、低額な金額としました。

 

低額ではありますが、裁判所が慰謝料支払いを認めたというところは、今後このようなケースがあった場合の考え方について大いに参考になります。
 

ケース② 違法性を認めなかった例

一方、次に紹介する裁判判例は、「愛している」「大好き」等の、通常の男女間ではない表現を伴うメールのやり取りがされているにもかかわらず、

 

慰謝料請求を否定しました。その内容、かみ砕いてご紹介します。

 

「性行為までには至らないが、婚姻を破綻に至らせる可能性がある異性との交流・接触も、慰謝料請求権を発生させる余地がないとはいえない。

 

しかし、私的なメールのやり取りは、たとえ夫婦であっても、自分以外の他人の目に触れることを想定したものではなく、

 

性的な内容を含む親密なメールのやり取りをしていたこと自体を理由とする慰謝料請求は、プライバシーを暴くものであるというべきである。

 

また、「愛している」「大好き」メールの内容についても、婚姻生活を破綻に導くことを、意図していたとはいえない。

 

よって、浮気相手の行為は、慰謝料請求を受けるほどの違法性はない。」

 

上記のように判断し、メールのやり取りについて、違法性のある不法行為ではないとしました。

 

この裁判例からは、「プライバシーを暴く」という文言も使われていて、たとえ夫婦といえども一定の自由なメールのやり取りが認められているかのような印象を受けます。

 

ただし、大前提として、夫婦の平穏を侵害しないという考え方に変わりはありません。

まとめ

ここまでにご紹介した裁判の判例から、次のようなまとめをしてみます。

 

・性行為がなくても慰謝料請求できる余地がある。

・愛情表現を含んだ「メールのやり取りのみ」で慰謝料支払いが認められるか否かは、裁判所の判断が分かれる。

 

また、今回はメールのやり取りのみに焦点を当てて解説しました。

 

考え方の基本は、平穏な夫婦生活を侵害するような行為は、違法性を有し慰謝料請求の対象になる可能性があることだと思います。

 

そして、性行為や肉体関係の証拠が得られなかったとしても、配偶者以外の異性と「愛している」「大好き」といったようなやり取りをすることは、夫婦の間では立派な浮気行為であることは間違いありません。

 

「不倫と浮気に関するコラム」に戻る

「浮気しない」という約束を法的書面で文書化する。

男女間で絶対に守ってもらいたい約束の№1は「浮気をしない」ことではないでしょうか。何度も浮気を繰り返す恐れのあるパートナーには、誓約書で二度と浮気をしないことを誓ってもらうほかありません。

内容証明による「通知書」を作成し、貴方の主張を相手に伝えることができます。

もう泣き寝入りする必要はありません。故意または過失により夫婦の平穏を侵害する加害者に対して、迷惑行為の即時中止や慰謝料の請求をすることが可能です。貴方の主張を、内容証明郵便による通知書をもって相手へ伝えることができます。

お客様の生の声を紹介!

当事務所は、男女問題に関する法的書面作成で多くの実績があります。多数のお客様の生の声を是非ご覧頂き、安心の実績をご確認ください。

メールお問合せ、ご相談は24時間受付中!

お問合せ・ご相談はメールフォームにて受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。お友達にメールするように気軽に、お問合せ・ご相談していただいて構いません。

info@kekkon-keiyaku.com

 受付時間:24時間受付可能
※こちらから営業・勧誘等で連絡はいたしませんので、ご安心ください。

サイドメニュー

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

info@kekkon-keiyaku.com

メールでのお問合せは24時間、もちろん《無料》で受け付けております。メールにてお気軽に問合せていただいて構いません。なにか気になることがありましたら、遠慮なくご連絡ください。