浮気・不倫をメインに法的書面作成と最新の情報を提供するサイト  【男女問題専門】行政書士アークス法務事務所 受付10:00~18:00

-契約書・誓約書の作成を通じて不倫浮気トラブルを解決します-

本気で不倫浮気を解決する
男女の契約書・誓約書作成.com

日本行政書士連合会 登録番号14130747 行政書士アークス法務事務所

24時間メール受付中

経験豊富なプロが対応

【ご相談実績2,500件以上】不倫・浮気問題専門の行政書士

浮気相手のストーカー行為について

日本行政書士連合会 登録番号14130747 行政書士アークス法務事務所

恋愛感情による「つきまとい行為」は犯罪で法により罰せられます。

不倫・浮気問題専門の行政書士アークス法務事務所です。

 

それでは早速、「浮気相手のストーカー行為」について、本ページで私と一緒に考えてみましょう。

 

浮気や不倫は恋愛感情が錯綜し、時として嫌がらせなどのストーカー行為が発生してしまうケースがあります。

 

浮気相手による「つきまとい」行為や、嫌がらせ行為があった場合、まず嫌がらせ行為がストーカー行為に該当するかどうか検討してみます。

 

ストーカーの目的は、「恋愛感情や好意が満たされなかったこと」に対するうらみの感情を充足することとされています。

 

一方的な激しい感情で相手に対して迷惑行為を行ったり、不安に陥れることを防止するため、ストーカー規制法により、禁止行為が定められています。

 

ストーカー規制法の第2条では、以下の①~⑧の行為が、具体的なつきまとい行為と定められています。


①つきまとい・待ち伏せ・押しかけ・見張り
②監視していると告げる
③面会・交際の要求
④粗野・乱暴な言動
⑤無言電話、連続した電話・ファクシミリ
⑥汚物などの送付
⑦名誉を傷つける
⑧性的しゅう恥心の侵害

 

上記のつきまとい行為を、同じ相手に反復して行った場合、ストーカー行為として警察に動いてもらうことが可能となります。
 

具体的なストーカーへの対応方法は?

ストーカー規制法では、

「何人も、つきまとい等の行為により、相手方に身体の安全、住居等の平穏もしくは名誉が害され、行動の自由が害される不安を覚えさせてはならない。」

としています。

 

このように、浮気や不倫相手から生活の平穏を脅かされている方は、具体的な行動にでて今の現状を解決する必要があります。

 

・警察に警告を求める
まずは、警察につきまとい行為のあったことを相談し、ストーカー相手に対する警告をしてもらいます。警察が動いたと知れば、大概の迷惑行為は解決するはずです。

 

・禁止命令を発令してもらう
警察からの警告を受けてもまだ、つきまとい行為が止まない場合、公安委員会に届け出て禁止命令をだしてもらいます。禁止命令に違反すると最高で1年以下の懲役または100万円以下の罰金という刑罰の対象となります。

 

・仮の命令をだしてもらう
警告を求める旨の申出を受けた警察は、申出者の身体の安全、住居の平穏が害されることを防止する緊急の必要があるときは、加害者の聴聞や弁明の機会を付与せずに、ストーカー行為をしてはならない旨の、仮の命令を発することができます。(ストーカー規制法第6条)

 

このように、浮気相手のつきまとい行為などによって、生活の平穏を害されてしまっている方は、ささいな行為であっても、警察に相談すべきだと考えます。

 

警察内でも被害者やその親族の保護のために、ストーカー規制法をより積極的に活用するように周知されているとのことですので、ストーカー行為に少しでも該当している場合には、迷わずに相談してみることをおすすめします。

不倫と浮気に関するコラムに戻る

「浮気しない」という約束を法的書面で文書化する。

男女間で絶対に守ってもらいたい約束の№1は「浮気をしない」ことではないでしょうか。何度も浮気を繰り返す恐れのあるパートナーには、誓約書で二度と浮気をしないことを誓ってもらうほかありません。

内容証明による「通知書」を作成し、貴方の主張を相手に伝えることができます。

もう泣き寝入りする必要はありません。故意または過失により夫婦の平穏を侵害する加害者に対して、迷惑行為の即時中止や慰謝料の請求をすることが可能です。貴方の主張を、内容証明郵便による通知書をもって相手へ伝えることができます。

お客様の生の声を紹介!

当事務所は、男女問題に関する法的書面作成で多くの実績があります。多数のお客様の生の声を是非ご覧頂き、安心の実績をご確認ください。

メールお問合せ、ご相談は24時間受付中!

お問合せ・ご相談はメールフォームにて受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。お友達にメールするように気軽に、お問合せ・ご相談していただいて構いません。

info@kekkon-keiyaku.com

 受付時間:24時間受付可能
※こちらから営業・勧誘等で連絡はいたしませんので、ご安心ください。

サイドメニュー

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

info@kekkon-keiyaku.com

メールでのお問合せは24時間、もちろん《無料》で受け付けております。メールにてお気軽に問合せていただいて構いません。なにか気になることがありましたら、遠慮なくご連絡ください。