浮気・不倫をメインに法的書面作成と最新の情報を提供するサイト  【男女問題専門】行政書士アークス法務事務所 受付10:00~18:00(年中無休)

-契約書・誓約書の作成を通じて不倫浮気トラブルを解決します-

本気で不倫浮気を解決する
男女の契約書・誓約書作成.com

日本行政書士連合会 登録番号14130747 行政書士アークス法務事務所

24時間メール受付中

経験豊富なプロが対応

男女関係解消の契約書(示談書・合意書)

【ご相談実績2,500件以上】不倫・浮気問題専門の行政書士

男女関係解消の契約書(示談書・合意書)

日本行政書士連合会 登録番号14130747 行政書士アークス法務事務所

男女関係を解消する際に取り交わす解決金(手切れ金)の支払い金額、支払い時期、支払い方法について正式な示談書・合意書を作成することが可能です。

また、書面の取り交わしをもって完全に関係を解消し、今後一切、連絡や接触をしてはならないこと、

これまでの両者の関係をみだりに口外してはならないことSNSインターネット上にアップロードしてはならないこと等を記載して、問題を蒸し返すことができないことを明確にします。

解決金(手切れ金)に関する示談書・合意書の内容

  • 今回の合意書による契約締結および解決金(手切れ金)の支払いをもって、相互の関係を完全に解消すること
  • 解決金(手切れ金)の金額、支払い時期、支払い方法について
  • これまでの両者の関係をみだりに第三者に口外してはならないこと
  • 相手の自宅や会社を訪れるなどの迷惑行為を行ってはならないこと
  • 写真や個人情報をWeb上にアップロード等してはならないこと
  • 追加的な金銭要求などを行ってはならないこと
  • 合意書記載事項のほか何ら債権債務が存在していないこと
男女が後腐れなくすっきりと関係を解消するための書面です

不倫・浮気・男女問題専門の行政書士アークス法務事務所です。

 

本ページに一通り目を通すことで、「男女関係解消に関する契約書」について、くわしく理解することができます。

 

それでは早速、私と一緒に考えてみましょう。

 

男女間で取り交わす法的文書が、世の中で徐々に認知されつつあると感じています。

 

例えば、夫婦間で交わす契約書、結婚前に作成する婚前契約書や、離婚時の離婚協議書などです。

 

夫婦やカップルの関係、財産・金銭(慰謝料)の支払い等について、口頭で約束するよりも、文書というカタチにして残すことの大切さが、徐々に世間一般へ広まってきています。

 

そして、交際の解消・男女の別れのシーンにおいても、これまでの関係解消や、交際していた相手に支払う解決金(手切れ金)について、文書作成のニーズが存在します。

 

男女関係の解消には、内縁関係や不倫関係の解消なども含まれ、後に遺恨を残さないように解決金(いわゆる手切れ金)を支払うことがよくあります。

 

男性の虚偽の甘言などにより、貞操権を侵害された女性が関係の解消に際し、相手に慰謝料を請求することもよくあるケースのひとつです。


また、婚約解消の場面においても、慰謝料請求や解決金の支払いを伴うことが多くあります。

 

男女の別れのシーンでは『情とお金』が絡むため、多くのトラブルが発生します。

 

このようなトラブルの発生する可能性が高い場面で、約束を口約束のみで終わらせてしまうと、リスクを抱えたままの状態を引きずってしまうこととなります。

 

たしかに、口頭の約束のみであっても、契約や約束というものはきちんと成立しますが、後に相手から「そんなことは言っていない。」、「そんなつもりはなかった」と、言われてしまうと、もはや反論することが難しくなってしまいますね。

 

関係解消を確認する、別れ話のもつれを金銭的に解決しようとする等の場合には、次のような事項を、口頭ではなく書面化しておくことが大切なのです。
 

  • 言った言わないという言い争いを防ぐ
  • 後の追加請求がないようにする
  • お金の支払いを完了し関係を解消したことを確認する
  • 確実に解決金(手切れ金)を受け取る


契約書(示談書・合意書)を作成して約束を書面化すれば、合意した内容が文書というカタチとして残るため、後から問題を蒸し返される心配がありません。

 

まさにこれが、合意した内容を証拠として残すことができるという、契約書(示談書・合意書)の持つ大きな効果なのです。

 

有効な契約書(示談書・合意書)で交わした合意は、後になってから覆すことはできません。

 

契約書(合意書や示談書)を利用することによって、約束した別れ話をずるずると泥沼化させずに、きれいさっぱり解決して、後にトラブルを引きずるようなことがなくなります。

 

書面化することで、別れた後もしつこく連絡や接触・金銭の要求などを求めてくるような関係を、きっぱりと断ち切ることができるようになります。
 

婚約破棄と婚約解消についてはこちら

別れる際にお金の貸し借りがある場合には…

別れの際に、お金の貸し借りがある場合は、きちんと清算して別れておかないと、後に思わぬトラブルの原因となってしまうことがあります。

 

借りていたお金を一括して返済できない場合は、分割支払いの約束をすることになりますが、この約束をただの口約束で済ましてしまうと、支払いが滞ってしまうことが考えられます。

 

そうならない為に、毎月の返済金額、返済期日、振込んで返済してもらうのであれば振込み口座などを、契約書(示談書・合意書)に記載しておきます。

 

返済方法と貸し借りの金額を明確にしておくことで、後の言い逃れができなくなり、不払いなどのトラブルを防ぐことができるようになります。

 

返済が滞った場合には、相手に対して、作成した書面に基づき法的な請求を行うことができます。
 

貞操権の侵害により慰謝料請求できる場合があります

妻子ある男性と肉体関係を持ってしまった女性が、相手の男性に対して、貞操権の侵害による慰謝料を請求できる場合があります。

 

独身を装った既婚男性から、甘言をもって交際を迫られ、相手が既婚者だとは知らずに肉体関係を結んでしまった場合など、

 

たとえ女性側が既婚男性と肉体関係をもってしまったとしても、そのきっかけが『男性の虚偽の言動』によるものであった場合には、貞操権の侵害を主張できる可能性があります。

 

この虚偽の言動とは、例えば男性が嘘をついて、「妻とは長らく不仲であり、口をきいていない。妻とは離婚協議中なので、将来的にはあなたと結婚したい。」

 

男性がこのような言動を繰り返していた場合、女性側の不貞の動機と比べて、明らかに男性側に非難されるべき落ち度が多くあるということができます。

 

このようなケースでは、男性側の違法性が著しく大きいとして、騙された女性の貞操権侵害を理由として、男性に対する慰謝料請求が認められた判例が過去にあります。

 

独身女性が、既婚男性の甘言にだまされて肉体関係をむすんでしまった場合には、貞操権の侵害による慰謝料請求が認められる場合があります。

 

女性が関係の解消時に、この慰謝料請求を主張し、男性側が非を認めた場合には、解決金(手切れ金)支払いの約束を取り交わすことができるでしょう。

 

但し、このような解決金(手切れ金)を家庭を持つ男性が支払うには、困難な場合が多く、一度は支払うと口約束しても、結局うやむやにされ、女性側が泣き寝入りすることになってしまうパターンが多いようです。

 

うやむやにされ泣き寝入りさせられることを防ぐため、示談書・合意書を作成し、解決金(手切れ金)の支払いを、口約束ではなく文書にして取り交わすことをお勧めします。

 

受け取れるべきものはしっかりと受け取って、新たなスタートを切ることが大切です。

(※金銭の要求にあたっては、相手から脅迫行為と受け取られないよう十分注意する必要があります。)

 

男性の場合、別れた女性から職場に電話があったりする被害も…。

男性の場合は、別れた女性から職場に連絡があったりするなど、別れ話のもつれが原因で社会的信用を脅かされてしまう事態に発展する可能性も考えられます。


※このような被害は名誉棄損や脅迫等の違法行為に該当する場合もあり得ます。

 

また、こちらに何の落ち度もなく、互いの恋愛感情の冷却から別れに至り、本来、解決金(手切れ金)などの支払いは不要のケースであったとしても、一定額の金銭(手切れ金)を支払わなければ、別れの話し合いがまとまらないといったケースもあります。

 

恋愛感情が絡むため、このようなケースでは一度相手が納得したと思っても、口約束だけでは後に何が起こるかわからないという怖さが残ってしまいます

 

話し合いのテーブルに着かずに、うやむやにしようと逃げ回っていても事態はさらに悪化するだけです。

 

このような場面では、必要であれば手切れ金などの金銭支払いを受け入れることも含め、一度決意をもって話し合いに臨み、まとまった関係解消の条件を書面化します。

 

合意書(示談書)を作成し、「○○という条件で関係を解消する」「今後は互いに金銭請求しない」、「追加で手切れ金のようなものを請求しない」など、重要な約束は書面で明確にしておくべきです。

 

女性は要注意!リベンジポルノの被害が増加しています!

貴方の画像がインターネット上に流出する可能性があります。

離婚した元妻や別れた元恋人の写真などを、インターネット上で公開する「嫌がらせ行為」(リベンジポルノ)の被害が増加しています。

 

写真や動画が、一度でもインターネット上に流出してしまうと、完全に削除することは困難になり、長期間にわたりWEB上で被害が拡散してしまうというとても深刻なトラブルに発展します。

Googleはヌード画像などの削除リクエストに応じる方針を打ち出しているようですが、まだ万全とは言えません。

 

ソーシャルメディアが一般に広く利用されている今日では、嫌がらせ行為による被害は計り知れないものとなる可能性があります。

 

画像やムービーは、単にWEBに投稿されるだけではなく、共有されて例えば氏名で検索した場合に、検索結果の上位に表示されてしまう可能性があるようです。

 

このような被害を事前に防ぐためにも、念のために「別れた後に写真データを勝手に使用しない」、「無断でソーシャルメディアに公開する事を禁止する」、示談書・合意書にはこのよう趣旨の文言を、盛り込んでおくことをおすすめします。

 

少々面倒に感じるかもしれませんが、元彼の行動に不安に感じている女性は、合意書(示談書)をきちんと取り交わしておくことをお勧めします。
 

男女関係解消の契約書(示談書・合意書)作成は当事務所にお任せ下さい

別れ話における男女関係のもつれは、日々、様々な態様で世の中に溢れています。

 

一旦は別れに納得してくれたはずの相手が、あきらめきれずにその後も復縁を求めてしつこく付きまとってくるなどのケースでお悩みの方も多いのではないでしょうか?

 

また、手切れ金・解決金のような約束の取り交わしでお困りの方も、いらっしゃるかと存じます。

 

男女が別れる際に、その関係解消に関して、後のトラブル防止のために、示談書・合意書という法的書面を作成し、互いの約束や条件を文書にして残しておくことができます。

 

関係を解消する旨、解決金(手切れ金)の支払い、今後は連絡を取り合わない誓約など、男女の別れに関する文書作成のご依頼をお受けしております。

 

現在は、低価格で書面作成業務を引き受けさせていただいております。
 

別れた後の無用なトラブルを防止する為に…。

ただでさえ気まずい別れ話の際に、文書を作成しようと提案することはとても抵抗を感じることだと理解しております。

 

ただ、契約書(示談書・合意書)などの法的書面は『感情の衝突によるトラブルを未然に防ぐ』という場面において、最大の威力を発揮することをお伝えいたします。

 

「ああ、書面にして約束しておけば…。」と、後のトラブルで後悔するくらいなら、サッと示談書・合意書を出して署名・捺印をもらえれば、後の無用なトラブルを未然に防止できるのです。

 

100回の口約束より、1回の文書作成が約束をより確かなものとします。


是非、関係解消契約書(示談書合意書)の作成を、ご検討ください。

 

また、一見簡単そうに見える文書でも、そこに記載されている文面の裏側で様々な法的判断を行って作成されているのが、契約書や示談書・合意書といった法的書面なのです。

 

契約書(示談書・合意書)はそもそも、分かりやすく簡潔に記載するもののため、一見すると簡単に書けるような気がするかもしれませんが、作成には専門知識が必要となります。

 

当事務所は開業以来、男女間の文書作成を専門としておりますので、安心してご依頼ください。公正証書の原案文の形式で作成することもできます。

 

e-mailの交換によって文書は作成できます。プライバシーを気にせずお手軽に、合意書・契約書などの法的書面を作成することができます。

皆さまからのご連絡をお待ちしております。

日本行政書士連合会所属 登録番号14130747
行政書士アークス法務事務所

お客様の生の声を紹介!

当事務所は、男女問題に関する法的書面作成で多くの実績があります。多数のお客様の生の声を是非ご覧頂き、安心の実績をご確認ください。

作成費用
男女関係解消契約書作成
(示談書・合意書)

¥20,000円(税別)

固定料金で追加費用はございません

当事務所では、お一人でも多くの方にサービスをご利用頂き、男女に関する問題を解決して頂きたいと考えています。
男女問題専門のプロが作成した『本物の契約書』をご提供いたします。
依頼者に有利となる高品質の書面を提供することで、社会に貢献していきたいと考えております。

開業以来、男女関係の法的書面作成専門
日本行政書士連合会 登録番号14130747
行政書士アークス法務事務所

・係争中(当事者で争っている)事案についてはお受けすることができません。
裁判関係の書類は本サービスでは作成することができません。

代表者ごあいさつはこちらをクリック

その他のオプション

こちらのフォームからお申込み下さい

男女関係解消契約書作成を申し込まれるお客様は、以下のフォームより送信ください。

内容を確認し、当方から折り返しメールにてご連絡いたします。

個人情報の取り扱いについては厳重に取り扱い第三者への提供等は行いませんのでご安心ください。

(例:山田太郎)

(例:sample@yamadahp.jp)
※メールアドレスの入力間違いが多く発生しています。十分にご注意ください。

「@docomo.ne.jp」「@softbank.ne.jp」「@ezweb.ne.jp」といった携帯キャリアのアドレスの場合、初期設定でパソコンからのメールが受信できないよう設定されていることがあります。

メール設定でPCアドレスからのメールも受信できるよう再設定頂くか、または他のメールアドレス(gmail.yahooなど)をご利用ください。

より適切なご案内をするため、お客様の状況や、どんな文書を作成したいのかを、できるだけ詳しく教えて下さい。

通常は当方とのメール交換で、書面を作成することができます。

メールお問合せ、ご相談は24時間受付中!

お問合せ・ご相談はメールフォームにて受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。お友達にメールするように気軽に、お問合せ・ご相談していただいて構いません。

info@kekkon-keiyaku.com

 受付時間:24時間受付可能(年中無休) 
※こちらから営業・勧誘等で連絡はいたしませんので、ご安心ください。

サイドメニュー

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

info@kekkon-keiyaku.com

メールでのお問合せは24時間、もちろん《無料》で受け付けております。メールにてお気軽に問合せていただいて構いません。なにか気になることがありましたら、遠慮なくご連絡ください。