浮気・不倫をメインに法的書面作成と最新の情報を提供するサイト  【男女問題専門】行政書士アークス法務事務所 受付10:00~18:00

-契約書・誓約書の作成を通じて不倫浮気トラブルを解決します-

本気で不倫浮気を解決する
男女の契約書・誓約書作成.com

日本行政書士連合会 登録番号14130747 行政書士アークス法務事務所

24時間メール受付中

経験豊富なプロが対応

【ご相談実績2,500件以上】不倫・浮気問題専門の行政書士

不倫相手の謝罪に関する判例

【男女問題専門】日本行政書士連合会 登録番号14130747 行政書士アークス法務事務所

不倫相手から被害者(配偶者)への謝罪について

不倫・浮気問題専門の行政書士アークス法務事務所です。

 

それでは早速、「不倫相手の謝罪に関する判例」について、本ページで私と一緒に考えてみましょう。

 

このページでは、不倫相手から被害者への「謝罪」に関する裁判の判例を紹介します。

 

不貞行為を行った者の行為は、被害を受けた配偶者に対する不法行為であり、謝罪を要する行為であるということができます。

 

被害を受けた配偶者を傷つけたという事実に対して、誠心誠意の謝罪を行った結果、慰謝料の裁判において慰謝料が「減額」されること、または、謝罪を行わないことにより慰謝料が「増額」されるケースがあります。

 

それでは、不倫相手から被害者に対する謝罪について、一緒に具体的な裁判判例を確認してみましょう。
 

不倫相手の謝罪が慰謝料の「減額」事由となった判例

「結婚期間は約1年9か月であり、本件不貞行為が行われるまでの期間でいえば、結婚期間は約1年3か月程度の比較的短期間であったこと、不倫相手は本件不貞行為について自己の非を認め、一応被害者(配偶者)に陳謝していることをもしんしゃくすれば、本件不貞行為による慰謝料としては70万円をもって相当であると認められる。」
(東京地裁平成23年2月24日)

 

上記によると、裁判の判旨において、不倫相手が被害者である配偶者に陳謝していることが、慰謝料算出(減額すること)に関し、考慮されていることがわかります。

 

「被害者(配偶者)との関係において、不法行為に当たることを、不倫相手は当初から自認し、謝罪の意思を表明している。」として、慰謝料の減額事由として考慮した。
(東京地裁平成24年3月29日)

 

この判例もまた、不倫相手が当初から、不貞行為であることを素直に認めて謝罪の意思を表明していることを、評価して慰謝料減額事由としています。

 

謝罪しないことが、慰謝料の「増額」事由となった判例

不倫相手が被害者(配偶者)に対して謝罪をしないことは、慰謝料の増額事由になります。不貞行為を認め反省する態度が見られない場合は、より違法性が高いということでしょうか。

 

以下に、不倫相手が被害者(配偶者)に謝罪しないことについてどのように考えているか参考になる、裁判判旨を紹介します。

 

「不倫相手は不法行為について、未だ被害者(配偶者)に対して謝罪をしていないことを考慮すると」
(東京地裁平成20年10月8日)

 

上記は、明確に謝罪していないことを考慮するとしています。

 

「不倫相手から被害者(配偶者)に対する謝意は表明されていないこと~」
(東京地裁平成23年3月17日

 

「本件訴訟においては、被害者(配偶者)から証拠が提出されるまで、自らの不貞の事実を否認する態度に出て、被害者(配偶者)の精神的苦痛を増大させたと認められる。」
(東京地裁平成22年3月25日)

 

「不倫相手も不倫をした配偶者いずれも、被害者(配偶者)に対し、不貞関係について謝罪の意を示したことはない。」
(東京地裁平成25年8月20日)

 

上記の通り、素直に謝罪を表明していないことを慰謝料の増額事由として評価していることがよくわかります。
 

不貞行為そのものを否認している場合における判例

不倫相手の態度が、謝罪しないどころか、不貞の関係を否認したり、合理的な理由のない弁解をしてごまかそうとしていたり、堂々と不倫を解消するつもりがないと宣言してしまうケースが少なからず存在します。

 

上記のようなケースは当然慰謝料の「増額」事由となります。

 

「不倫相手と不倫をしている配偶者が、今後も不貞関係を自ら積極的に止めるつもりはない旨を明言しており、これはわが民法の定める一夫一婦制の婚姻制度に対する重大な挑戦とも受け取れる。」
(東京地裁平成18年3月31日)

 

「不倫相手から、被害者(配偶者)に対する謝意は表されておらず、かえって、不自然・不合理な主張を繰り返している。」
(東京地裁平成23年1月13日)

 

「不倫相手は、被害者(配偶者)に対して、謝罪することなく、被害者(配偶者)からインターネット上の書き込みの削除の要望にも対応せず、不倫の関係を解消する意思はなく、夫婦が離婚した場合には、浮気をした配偶者と婚姻する意思である。」
(東京地裁平成25年7月16日)

 

上記のとおり、謝罪しないばかりか、不貞関係を認めなかったり、不誠実な対応を行う場合は、慰謝料の増額自由となることは当然の結論と考えられています。
 

まとめ

このページで紹介したように素直な謝罪や不貞行為を認めることは、慰謝料の減額事由となり

 

謝罪をしないことや、不貞行為の事実を素直に認めない等の不誠実な態度は、慰謝料の増額事由になるということがよくわかりました。

 

不倫の被害にあった場合、不倫が発覚してしまった場合には、誠実な対応を求めること、誠実な対応をとることを意識してください。

 

「浮気しない」という約束を法的書面で文書化する。

男女間で絶対に守ってもらいたい約束の№1は「浮気をしない」ことではないでしょうか。何度も浮気を繰り返す恐れのあるパートナーには、誓約書で二度と浮気をしないことを誓ってもらうほかありません。

内容証明による「通知書」を作成し、貴方の主張を相手に伝えることができます。

もう泣き寝入りする必要はありません。故意または過失により夫婦の平穏を侵害する加害者に対して、迷惑行為の即時中止や慰謝料の請求をすることが可能です。貴方の主張を、内容証明郵便による通知書をもって相手へ伝えることができます。

お客様の生の声を紹介!

当事務所は、男女問題に関する法的書面作成で多くの実績があります。多数のお客様の生の声を是非ご覧頂き、安心の実績をご確認ください。

メールお問合せ、ご相談は24時間受付中!

お問合せ・ご相談はメールフォームにて受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。お友達にメールするように気軽に、お問合せ・ご相談していただいて構いません。

info@kekkon-keiyaku.com

 受付時間:24時間受付可能
※こちらから営業・勧誘等で連絡はいたしませんので、ご安心ください。

サイドメニュー

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

info@kekkon-keiyaku.com

メールでのお問合せは24時間、もちろん《無料》で受け付けております。メールにてお気軽に問合せていただいて構いません。なにか気になることがありましたら、遠慮なくご連絡ください。