浮気・不倫をメインに法的書面作成と最新の情報を提供するサイト  【男女問題専門】行政書士アークス法務事務所 受付10:00~18:00

-契約書・誓約書の作成を通じて不倫浮気トラブルを解決します-

本気で不倫浮気を解決する
男女の契約書・誓約書作成.com

日本行政書士連合会 登録番号14130747 行政書士アークス法務事務所

24時間メール受付中

経験豊富なプロが対応

不倫の謝罪(謝罪文ひな形・テンプレート)

【ご相談実績3,000件以上】不倫・男女問題専門の行政書士

不倫の謝罪(謝罪文ひな形・テンプレート)

日本行政書士連合会 登録番号14130747
行政書士アークス法務事務所

謝罪文を提出してほしいと言われた

・謝罪文を提出する意味を理解する

不倫・浮気、男女問題専門の行政書士アークス法務事務所です。

本ページでは「不倫の謝罪や、謝罪文」について解りやすく解説していますので、詳しく理解することができます。

 

不倫をしていた相手の配偶者(被害者)に不貞関係が発覚し、配偶者から謝罪文を要求されるという状況は割と頻繁に起こり得ると思います。

 

しかし、配偶者への謝罪の意思があったとしても、謝罪文を作成して提出することは慎重になるべきで安易に行うものではありません。

 

相手に対して謝罪するときには、謝罪文を提出することの意味をよく理解したうえで行う必要があります。

 

謝罪文は、それ単体で不貞行為の証拠として利用することができますので、謝罪文を提出するということは、相手に対して、不貞行為の証拠を自ら提供することと同じであると言えます。

 

相手からの請求を全面的に認め、一切争うつもりが無い場合には、被害者の感情を鑑みて、謝罪文を提供しても良いかもしれません。

 

一度謝罪文で認めた事実を、後から否定することは困難となりますので、文面に事実と異なることを記載する等していないかよく確認する必要があります。
 

・不貞行為を認めた証拠となる

もし、被害者側が不貞行為の確たる証拠を、何ももっていない場合に、加害者に対して謝罪文の提出を求め、受取った謝罪文をもって不貞行為の証拠とするということも考えられます。

 

被害者側の配偶者が、受取った謝罪文に基づき不貞行為の慰謝料請求を行うということも絶対にないとは言い切れないため、謝罪文を提出すれば本当に許してもらえるのか、慰謝料請求の意志はあるのかないのかを、謝罪文を提出する前に、見極める(聞き取る)必要があります。

 

もし、謝罪文を提出すれば、許す、慰謝料の請求を行わない、もしくはこちらが提示した慰謝料金額以上の請求は行わないと、被害者側と合意できているのであれば謝罪文の提出も考えられます。

 

このときは、できるだけ謝罪文の提供と併せて、相手と合意できた内容について示談書(和解合意書)を取り交わすべきです。

 

もし、今ははっきりしないが「とりあえず謝罪文を提出してほしい」と言われているのであれば、謝罪文の提供について、慎重に検討する必要があります。

 

しかし、謝罪文の提出を単純に拒否してしまうと、相手方からすぐに慰謝料請求を受けるということに繋がっていくおそれもあるため、相手の希望を聞き取り、謝罪文を提出した後にどうなるのか、許してもらえるのかどうか、和解できるのかについてもう少し聞き取る必要があると言えるでしょう。
 

謝罪文のひな形・テンプレート

上記で説明したとおり、謝罪文の提出は、相手に証拠を提供することにもなる、ということを理解した上で、それでも、こちらの謝意・誠意を伝えたい、被害者側と争うつもりがないという場合には、謝罪文を提出することになります。

 

以下に、簡単な謝罪文の一例を紹介しますので、テンプレートをベースにして、ご自身でアレンジしてご利用いただけます。

 

例えば、慰謝料を支払う旨の一文は削除して、もう少し謝罪・反省・後悔している気持ちを追記するなど、状況に合わせて修正してご利用ください。
 

謝 罪 文

〇〇〇〇 様

 この度は、私の身勝手で愚かな行為により、貴殿(又は貴女)に大変ご迷惑をお掛けいたしました。深く反省のうえ、本書面をもってお詫び申し上げます。

 私は○○○○年○月頃から○○○○年○月頃までの間、貴殿(又は貴女)の妻(又は夫)である〇〇〇〇氏と不貞行為を行い、貴殿(又は貴女)に対し精神的苦痛を与えた事実を認めます。

 私がこれまでに行ってきた行為は、謝罪して許されるものではないと理解しております。私の行為により貴殿(又は貴女)に与えてしまった精神的苦痛の賠償として、慰謝料をお支払させて頂きたいと考えております。

 自らの行為を深く反省し、今はとても後悔しています。この度は本当に申し訳ございませんでした。

  年  月  日


  氏 名              印

 

・謝罪文を提出しなければならない義務はない

不倫(不貞行為)を償う方法は、慰謝料の支払いが基本とされていて、謝罪文を被害者側に提出しなければならない法的な義務はありません。

 

あくまで当事者同士で示談解決を行う一環として、被害者感情を考慮して、被害者側の主張に事実と異なることがなく、かつ相手と争うつもりがない場合に限り、状況に応じて任意的に作成・提出することになります。

 

慰謝料を減額してもらう(又は免除してもらう)申し出のきっかけとして、謝罪文を提出してこちらの誠意を伝えるという考え方もあります。
 

・示談書(和解合意書)を取り交わして解決とする

謝罪文を提出するのみでは、何の解決にも至っていないと言えます。被害者側はいつでも不貞行為を行っていた加害者に対して、慰謝料請求を行うことができます。

 

被害者側からの慰謝料請求その他の請求を遮断し、今回の一件について法的にも解決とするためには、被害者側と示談(和解)を成立させる必要があります。

 

被害者側と示談できたときには、示談書(和解合意書)を取り交わして、示談・和解成立を文書で確認することになります。
 

示談書(和解合意書)の主な内容
  • 不貞行為があったことの確認
  • 不倫関係を解消し、二度と連絡接触してはならないこと
  • 第三者に口外しないこと
  • 迷惑行為を行わないこと
  • 慰謝料の支払い条件について(慰謝料支払いがない場合もある)
  • 再び連絡接触した場合には、違約金(ペナルティー)を支払うこと
  • 示談書締結をもって解決とし、お互いに追加の金銭要求や異議を述べないこと
・事実を認め謝罪することは慰謝料の減額理由になる

裁判上でも、自らの過ちを潔く認め、被害者へ謝罪することが慰謝料の減額事由とされることもあります。

 

逆に、被害者に対していつまでも謝罪しないことが、被害者側の精神的苦痛を増大させたとして、慰謝料が増額される原因となることもあります。

 

ここまで、主に謝罪文を作成・提出ときの注意点やリスクについて説明してきましたが、「謝罪文を提出して、被害者側へ誠意ある謝罪を行いたい」という気持ちを否定するものではありません。

 

真摯に反省し誠意ある謝罪文を作成して、提出することによって、被害者側の感情も多少和らぐ可能性があります。

 

謝罪しろと言われたから謝罪するのではなく、謝罪の法的な意味を理解し、そのうえで自らの意志で、被害者に対して、誠意ある謝罪を行うことが大切であると考えます。
 

(被害者側から)不倫相手に謝罪させたい

・不貞行為の責任は慰謝料請求が基本(無理に謝罪を要求できない)

不倫相手に対して謝罪文を提出させたいという、被害者側は、不倫相手に対して、謝罪文の提出をどのように要求すれば良いでしょうか。

 

謝罪してほしい、謝罪文を提出してほしいと伝えて、素直に相手が謝罪を行えば良いのですが、中には、素直に自らの不貞行為を認めない相手もいると思います。

 

素直に謝罪しない相手に対して、無理やり謝罪を強要することはできません。不貞行為の責任は、金銭賠償(慰謝料)が基本となりますので、慰謝料の支払いをもって責任を取ってもらうことになります。

 

法律上認められている、慰謝料請求権が、不倫相手に対する強力な交渉カードとなります。相手が誠意ある態度を示さないのであれば、こちらは粛々と慰謝料請求の準備を行うことになります。

 

慰謝料請求の準備を進めながら、不倫相手に対して、素直に不貞行為を認めて謝罪するのか、それとも、このままこちらと争うのかを選択してもらうことになります。
 

・配偶者の自白などを証拠として残す

まずは不倫をしていた夫(または妻)から不貞行為を認めてもらうことが第一となります。

 

夫(または妻)が、不貞行為を行っていたことを認めたときは、誓約書などの書面にして記録として残すか、もしくは不倫を認めている際の音声を録音して、記録・証拠として残すことをお勧めします。

 

また、不貞行為の存在を示唆するメールやLINEのやり取りを、写真にとる、画面キャプチャを保存するなどの方法で記録に残します。

 

不倫相手と比べて、夫(または妻)からであれば、証拠も比較的得やすいことが通常です。配偶者から取得できた不倫の証拠をもって、不倫相手と話し合いを行っていくことになります。
 

・不倫相手に誓約書を提出してもらう

不倫相手から謝罪してもらうことは心理面、その後の夫婦関係の再構築に向けてとても大切なことではあります。

 

ただ、不倫相手に謝罪文を要求するのであれば、謝罪文よりも、不貞行為を認めた誓約書(念書)を書いてもらった方が良いと言えます。

 

相手が謝罪文を提出すれば許す(慰謝料請求しない)という場合でも、謝罪に加えて、夫(または妻)と今後連絡・接触しないこと、再び関係していることが発覚したときは違約金(損害賠償)を支払う義務などを規定した誓約書の提出を求めることになります。

 

心情的に謝罪文がなければどうしても許せないというときには、誓約書の中に、謝罪に関する文言を盛り込んで誓約書を作成することになります。
 

・相手が騙されていたなどの事情がある場合も

不倫相手側にも事情がある場合があります。こちらが既婚者であることを知らなかった、夫(または妻)に騙され続けていた、夫(または妻)に無理やり不貞関係を迫られていたといったような事情が考えられます。

 

このような事情が潜んでいることもありますので、不倫の事実を知った後、相手に対して冷静さを欠いた対応をするのではなく、不倫相手の言い分も聞き取る必要があります。

 

不倫相手に対して慰謝料請求を行うことができないケースもありますので、注意してください。

 

相手の言い分を聞き取ったうえで、配偶者へそれが真実であるのか否かを確認して、そのうえでどのような対応をすれば良いのか検討しなければなりません。

 

何をどうすれば良いのか、何から手を付けていけば良いのか分からない場合には、書面作成を通じ、当方で助言を行うこともできますので、本ページ下部の問い合わせフォームからお問い合わせください。
 

・電話や直接会って謝罪してもらう

こちらが有力な証拠を準備できれば、不倫相手と会うなど、連絡をとって不倫相手から触接謝罪を引き出せる可能性が高くなります。

 

有力な証拠がない段階で相手と会って、その場で相手が不倫(不貞行為)の事実を認めることもありますが、反対に「想像しているような関係ではありません」などと、不倫(不貞行為)の事実を否定されてしまうこともあり得ます。

 

また、相手と会う場合や電話で話すときには、あらかじめ、電話であれば録音の準備を、直接会うのであれば、誓約書や示談書等の書面を準備して、相手が不倫の事実を認めた証拠を残せるようにしておくことが大切です。
 

謝罪の有無が慰謝料金額に与える影響

・慰謝料の減額事由となることがある

不倫相手の謝罪の有無は、慰謝料の金額に影響を与えると考えられています。実際の裁判の判旨でも、慰謝料金額算定の理由などで、謝罪の有無に言及している判例も存在しています。

 

「被害者(配偶者)との関係において、不法行為に当たることを、不倫相手は当初から自認し、謝罪の意思を表明している。」(東京地裁平成24年3月29日)

 

謝罪の意思を表明していることが、裁判所の判断において考慮されている(影響している)ことがわかります。
 

・謝罪しないことが慰謝料の増額理由となることもある

謝罪していないという事実が、慰謝料の算定に考慮されることもあります。謝罪しないという事実は、慰謝料増額の方向で考慮されることになります。

 

具体的に判旨の一部を引用すると「本件訴訟においては、被害者(配偶者)から証拠が提出されるまで、自らの不貞の事実を否認する態度に出て、被害者(配偶者)の精神的苦痛を増大させたと認められる。」(東京地裁平成22年3月25日)というように示されていて、慰謝料を増額する趣旨の理由となっています。
 

公序良俗に反した要求をすることはできない

例えば、こちらから相手に土下座を強要する、頭を丸めさせるといった、世間の一般的な感覚から外れた、行き過ぎた要求をすることはできません。

 

また、こちらは被害者であるからと相手に対して、必要以上に無理な要求を行うと、強要や脅迫といった犯罪行為に該当してしまう場合もありますので、不倫相手と話し合うときには、冷静さを欠いてはいけません。

 

相手に対して、論理的に法的な請求を行い、解決を図っていく必要があります。
 

不倫・浮気に関する書面作成サービスご案内

・メール交換によるサポート、男女問題専門の行政書士が作成します

ノートPCを操作する男性

当事務所では開業以来、一貫して不倫・浮気、男女問題に関する書面作成業務を専門としています。

 

示談書・和解合意書夫婦間の誓約書慰謝料請求の通知書など、経験豊富でこれまでに多くの依頼を手掛けています。

 

不倫・男女問題でお悩みの方には書面作成のご依頼を通じて、メール交換によるサポートを行うことも可能です。

 

また、より多くの方にご依頼いただき、お抱えの男女問題を解決して頂きたいため、手軽に誰でもプロ(専門家)に作成を依頼できるような、利用料金の設定を行いました。

 

プライバシーに関することや、センシティブな身の上の問題を取り扱うことになるため、他人に相談や依頼することをためらってしまう方がいらっしゃいます。

 

当事務所は、原則としてお客様とのメール交換のみで文書を作成しています。

 

メール交換で、お客様の状況を聞き取り、文書の内容を決定していくので、プライバシーを尊重したまま書面を完成させることができます。

 

他人に相談することをためらうような問題でも、気にせずに相談・依頼をすることができます。

 

この機会に、不安で苦悩する日々ときっちり決別する、勇気ある行動を起こしてみてください。私がお手伝いいたします。
 

事務所概要

お問い合わせはこちらのフォームから

以下のフォームに必要事項をご記入の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。

(例:山田太郎)

(例:sample@yamadahp.jp)
※メールアドレスの入力間違いが多く発生しています。十分にご注意ください。

「@docomo.ne.jp」「@softbank.ne.jp」「@ezweb.ne.jp」といった携帯キャリアのアドレスの場合、初期設定等により、こちらからのメールが届かないケースが非常に多いです。
当事務所のアドレス「info@kekkon-keiyaku.com」
を受信できるよう再設定頂くか、または他のメールアドレス(gmail.yahooメールを推奨)をご利用ください。

より適切なご案内をするため、お客様の状況や、どんな文書を作成したいのかを、できるだけ詳しく教えて下さい。

お客様の生の声を紹介!

当事務所は、男女問題に関する法的書面作成で多くの実績があります。多数のお客様の生の声を是非ご覧頂き、安心の実績をご確認ください。

メールお問合せ、ご相談は24時間受付中!

お問合せ・ご相談はメールフォームにて受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。お友達にメールするように気軽に、お問合せ・ご相談していただいて構いません。

info@kekkon-keiyaku.com

 受付時間:24時間受付可能
※こちらから営業・勧誘等で連絡はいたしませんので、ご安心ください。

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

info@kekkon-keiyaku.com

メールでのお問合せは24時間《無料》で受け付けております。メールにてお気軽に問合せていただいて構いません.
遠慮なくご連絡ください。

サイドメニュー