浮気・不倫をメインに法的書面作成と最新の情報を提供するサイト  【男女問題専門】行政書士アークス法務事務所 受付10:00~18:00

-契約書・誓約書の作成を通じて不倫浮気トラブルを解決します-

本気で不倫浮気を解決する
男女の契約書・誓約書作成.com

日本行政書士連合会 登録番号14130747 行政書士アークス法務事務所

24時間メール受付中

経験豊富なプロが対応

職場不倫で会社を解雇されるのか?

【ご相談実績3,000件以上】不倫・男女問題専門の行政書士

職場不倫で会社を解雇されるのか?

日本行政書士連合会 登録番号14130747
行政書士アークス法務事務所

会社(職場)と社内不倫について

不倫はプライベートに関する事項とされている

不倫・男女問題専門の行政書士アークス法務事務所です。

 

「会社(職場)不倫で会社を解雇されるのか?」について、本ページで私と一緒に考えてみましょう。

 

不倫は私生活上のプライベートな行為であるとされています。

 

ただ、職場不倫が会社に発覚した場合、状況によっては不倫関係にあるどちらか一方が、会社を辞めなければならないということも、絶対にないとは言い切れません。

 

不倫や職場恋愛は私生活に関する行為とされているため、基本的にはプライベートの扱いとなります。

 

この後で詳述する、職場の環境に悪影響を及ぼす場合に該当しない限り、本来、不倫は会社(職場)から指摘されるような事項には該当しません。

 

あくまで男女間の情事、恋愛という取り扱いで、会社が積極的に社員の不倫を取り締まるようなことは行っていない場合がほとんどです。

 

業務上のミスを犯した、業務に関する不正を働いた、会社の金品を横領したというような、直接会社に対して損害を与える行為とは、取扱いが異なるものであると考えられています。
 

不倫が就業規則による懲戒の対象となる場合

しかし、実際には多くの会社が、たとえ業務とは関係のない私生活上のプライベートな行為についても懲戒の対象とすると定めています。

 

私生活上の行為であっても、会社の信用や健全な職場環境を低下させる行為については、

 

「会社として懲戒・罰を与えることもある」というルールを多くの会社が定めています。

 

これは裁判の判例で、「プライベートに関する行為であっても、企業秩序に直接関連するもの及び企業の社会的評価を毀損するおそれのあるものは懲戒の対象になり得る」と認めていることを根拠にしています。

 

例えば、数人が在籍するような小さな事業所で、既婚の男性社員と女性社員が不倫関係となり、その関係が事業所内に知れ渡ったりすると、私生活に関する行為であっても周りの社員は、

 

不倫関係にある二人の様子が気になり、業務に集中することができず、浮足立ってしまうかもしれません。

 

また、職場が大規模なオフィスであっても、不倫をしている男性社員の妻が、不倫相手の女性に会わせろと怒鳴り込んでくるといったような事態も考えられます。

 

そのようなことになれば、通常の業務に支障をきたし、職場環境を悪化させてしまうことになります。

 

このような場合には、会社も社員のプライベートなことなので、会社はタッチしないと見逃す訳にはいきません。
 

社内不倫でクビ(解雇)になることはあるのか?

会社の定める懲戒には段階・レベルがあり、上司からの厳重注意といった割と軽い処分から、出勤停止、解雇という重い懲罰まで、

 

行為の悪質性や、会社に実際に与えた損害などを考慮して、違反行為に適した懲罰が決定されることになります。

 

社内不倫がどれくらい重い懲罰に該当する行為なのかについては、一概に線引きをすることはできませんが、実際に解雇という重い処分がされることはごく稀であるということは言えます。

 

職場不倫に解雇という重い処分がされる事例は、職場内の秩序を著しく低下させる(会社に大きな損害を与える)場合に限られています。

重い処罰がされる傾向にある行為
  • 密かな不倫関係に留まらず職場内でセクハラ行為がある
     
  • 上司という職務上の優位性を利用して不倫関係を強要していた
     
  • 職場内で性行為を行っていたなど、

一般的な社内不倫に関する処分は、処分なし、もしくは口頭もしくは書面による注意、重い場合であっても減給、出勤停止といった処分に留まることが考えられます。

 

過去には、職場不倫が会社へ明らかになり、一度解雇の処分を受けた女性社員が、解雇の無効を訴えた結果、「企業内の秩序を乱したとは認められない」として解雇が無効になった判例もあります。
 

不倫で会社の社内メールを使用することについて

社内不倫では、社内のメール・メッセンジャーを利用して、不倫相手と連絡をとっていることがほとんどです。

 

職場不倫が会社に明らかになり、会社側が職場不倫の事実を調査する段階に入った場合、

 

会社はその気になれば社員のPCの操作履歴やメールの内容まで、閲覧することができてしまいます。

 

この時に、勤務中に不倫相手と長時間業務と関係のないやり取りをしている、勤務時間中に外出した際、不倫相手とラブホテルに行っていたというような行為が認められれば、より重い処分がされることになるでしょう。

 

会社はその気になれば、PC操作、メール、社内関係者へのヒアリング調査等で、ある程度不倫の事実を調べることができます。
 

会社側の社内不倫に関する取り組み

上記で記載したとおり、不倫関係は、基本的にはプライベートな行為であるため、

 

会社に対する実害がない限り、会社側から積極的に不倫関係に対して介入することは考えにくいです。

 

ただし、社内(職場)不倫により、職場の風紀に乱れが生じる、職場環境を著しく低下させるなどの影響があった場合、もしくは、社内通報制度を利用した内部通報があった場合、会社としても放置すべきではない問題として扱うことになるでしょう。

 

業務上の関係を越えて、不倫関係となったふたりは、各々が所属する他部署の秘密情報を安易に漏らしてしまう等、会社の秘密保持の側面からも良くない影響があるかもしれません。

 

一度、特定の不倫関係を会社が問題視した場合には、当事者に対する注意・配置転換(異動)などの処置がされることになる可能性が高いでしょう。
 

示談、和解の話し合いで自主的に退職することもある

会社からの一方的な処分で、クビ・解雇に至ることは稀であることがわかりましたが、

 

実際には、職場で不倫関係にあった男女のいずれか一方が、会社を退職するおとが往々にしてあります。

 

不倫の被害者(配偶者)からの要望に応じて、自ら退職を選択するというケースがこれに該当します。

 

通常、不貞行為を行っていた者は、不倫の被害者(配偶者)に対して、不貞行為の損賠賠償(慰謝料の支払い)を行う責任があります。

 

不貞行為の慰謝料は、およそ50万円から300万円程度の範囲に収まることが多いため、慰謝料の支払いを免れる代わりに、自ら会社を退職するといった約束を被害者側と取り交わすことが考えられます。

 

不倫の被害者側としてみれば、不倫関係が発覚した後も、不倫を行っていた二人が同じ職場・事業場で引き続き業務上の連絡・接触を行うことも許せないという気持ちになると思います。

 

退職や職場の異動を不倫相手に求めたいと希望される方もいらしゃると思います。

 

本来、不貞行為の責任は金銭をもって償う(金銭賠償)ことが基本となるため、加害者側は不倫相手に対して、退職や異動を申告することを要求することは出来ません。

 

しかし、当事者同士の話し合いにより、和解の条件として、このような退職や異動の約束を交わすこともあります。

 

公序良俗に反しない限り、当事者間では自由に和解の条件を取り決めることができます。

 

不倫トラブルの当事者間で、慰謝料請求を行わない代わりに、職場を退職するという約束(和解)をすること自体がNGということはありません。

 

正社員の場合には、退職に応じることは困難であるかと思いますが、アルバイトやパートで勤めている場合には、状況によっては被害者からの退職の要望に応じることができる場合もあるでしょう。

 

これ以上の騒ぎが続くのも耐えられないため、職場を去ってどうにか謝罪の意思を伝えたいということもあると思います。

 

しかし、自主退職の約束は違反があっても退職を強制できないため、注意が必要になります。
 

示談書(和解合意書)

退職の約束は、違反があっても強制することができない

上記に記載した、自主的な退職の約束については、重要な注意点があります。

 

仮に自主的に退職するという約束(和解条件)を守らず、退職せずに同じ職場で勤務を続けた場合であっても、和解条件の違反を理由に、相手に対して自主退職を法律上強制することができないということです。

 

不貞行為の責任は金銭賠償(慰謝料の支払い)を基本とするため、退職・異動、近隣住所から引っ越すことなども、相手に強制することができません。

 

和解の約束に違反し、自主退職しなかった場合に、裁判に訴えても不倫相手に対して退職を強制する判決はされないことになります。

 

よって、慰謝料請求しない代わりに職場を自主的に退職するという約束は、紳士協定的な意味合いしか持たないという点を認識しておかなければなりません。
 

・まとめ

社内不倫は、私生活上のプライベートな行為ではありますが、会社の職場環境を悪化させる、その他の就業規則上の違反がある場合には、

 

会社の懲罰の対象となり、処分を受ける可能性があることが理解できました。

 

解雇(クビ)という重い処分を受けることは稀なケースですが、会社に不倫関係が明らかになった場合には、ルールを守れない者、社会的に不誠実な人間であるというレッテルが貼られることになりますので、

 

正式な処分がなされなかった、もしくは軽いものであった場合でも、周囲の目線は冷ややかなものになることでしょう。

 

自分が、だれを昇進させようか・だれに責任ある仕事を任せようかと考えたときに、果たして不倫している社員、大切な家族を泣かせてしまう社員に任せるでしょうか?

 

本ページでは、不倫と会社の懲戒について記載しましたが、基本的に不貞行為は民法上の不法行為に該当しますので、被害者に対して、慰謝料支払という損害賠償を行う責任が課せられることになります。
 

不倫・浮気に関する書面作成サービスご案内

・メール交換によるサポート、男女問題専門の行政書士が作成します

ノートPCを操作する男性

当事務所では開業以来、一貫して不倫・浮気、男女問題に関する書面作成を専門としています。

 

手切れ金の支払など男女関係の解消に関する合意書、不倫の被害者と加害者が取り交わす示談書・和解合意書、夫婦で取り交わす誓約書など、経験豊富でこれまでに多くの依頼を手掛けています。

 

不倫・男女問題でお悩みの方には書面作成のご依頼を通じて、メール交換によるサポートを行うことも可能です。

 

また、より多くの方にご依頼いただき、お抱えの男女問題を解決して頂きたいため、手軽に誰でもプロ(専門家)に作成を依頼できるような、利用料金の設定を行いました。

 

プライバシーに関することや、センシティブな身の上の問題を取り扱うことになるため、他人に相談や依頼することをためらってしまう方がいらっしゃいます。

 

当事務所は、原則としてお客様とのメール交換のみで文書を作成しています。

 

メール交換で、お客様の状況を聞き取り、文書の内容を決定していくので、プライバシーを尊重したまま書面を完成させることができます。

 

他人に相談することをためらうような問題でも、気にせずに相談・依頼をすることができます。

 

この機会に、不安で苦悩する日々ときっちり決別する、勇気ある行動を起こしてみてください。

 

私がお手伝いいたします。

 

事務所概要

お問い合わせはこちらのフォームから

以下のフォームに必要事項をご記入の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。

(例:山田太郎)

(例:sample@yamadahp.jp)
※メールアドレスの入力間違いが多く発生しています。十分にご注意ください。

「@docomo.ne.jp」「@softbank.ne.jp」「@ezweb.ne.jp」といった携帯キャリアのアドレスの場合、初期設定等により、こちらからのメールが届かないケースが非常に多いです。
当事務所のアドレス「info@kekkon-keiyaku.com」
を受信できるよう再設定頂くか、または他のメールアドレス(gmail.yahooメールを推奨)をご利用ください。

より適切なご案内をするため、お客様の状況や、どんな文書を作成したいのかを、できるだけ詳しく教えて下さい。

お客様の生の声を紹介!

当事務所は、男女問題に関する法的書面作成で多くの実績があります。多数のお客様の生の声を是非ご覧頂き、安心の実績をご確認ください。

メールお問合せ、ご相談は24時間受付中!

お問合せ・ご相談はメールフォームにて受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。お友達にメールするように気軽に、お問合せ・ご相談していただいて構いません。

info@kekkon-keiyaku.com

 受付時間:24時間受付可能
※こちらから営業・勧誘等で連絡はいたしませんので、ご安心ください。

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

info@kekkon-keiyaku.com

メールでのお問合せは24時間《無料》で受け付けております。メールにてお気軽に問合せていただいて構いません.
遠慮なくご連絡ください。

サイドメニュー