浮気・不倫をメインに法的書面作成と最新の情報を提供するサイト  【男女問題専門】行政書士アークス法務事務所 受付10:00~18:00

-契約書・誓約書の作成を通じて不倫浮気トラブルを解決します-

本気で不倫浮気を解決する
男女の契約書・誓約書作成.com

日本行政書士連合会 登録番号14130747 行政書士アークス法務事務所

24時間メール受付中

経験豊富なプロが対応

【ご相談実績3,000件以上】不倫・男女問題専門の行政書士

協議離婚をスムーズに進めるコツ

日本行政書士連合会 登録番号14130747
行政書士アークス法務事務所

早急、早計な離婚は禁物

不倫・浮気、男女問題専門の行政書士アークス法務事務所です。

このページに目を通すことで「協議離婚をスムースに進めるコツ」について詳しく理解することができます。

 

夫婦の話し合いにより、合意によって離婚を成立させる手続きを協議離婚といいます。

 

離婚の原因は、性格の不一致、配偶者の借金や不貞行為など様々です。

 

協議離婚では、離婚の原因を踏まえたうえで、離婚に向けた話し合いを円滑にすすめ、双方異議なく合意のもと離婚を成立させる必要があります。

 

しかし、実際には、離婚の原因となる問題が解決されないうちに離婚の話し合いが行われるケースが多いため、スムーズに合意に至ることの方がめずらしいと思います。

 

これまで長年連れ添ってきたからこそ、抑えようのない激しい感情が沸き上がり、お互いにそのままの感情をぶつけ合ってしまうこともあるでしょう。

 

また、もう顔を見るのも話すのも嫌だ、早く離婚して関係を清算したいと、離婚を急ぐあまり、大切な慰謝料や子の養育費の取り決めをしないまま、早々と離婚届を提出してしまうということもあります。

 

そのような早急、早計な離婚は絶対にしてはならないと思います。
 

・決めなければならないことは山積み

離婚時に決めなければならないことはたくさんあります。

 

離婚原因が単なる性格の不一致ではなく、不貞行為やDV、借金、ギャンブルなど夫婦の一方に有責性のある行為があったときには、慰謝料の支払いが生じることになります。

 

有責配偶者が支払う慰謝料の金額を決める必要もあります。

 

また、離婚時の夫婦共有財産を分割する財産分与も取り決めなければなりません。

 

未成年の子どもがいれば子どもの親権や養育費の支払いも、当然明確に決めておく必要があります。

 

養育費については、余裕があるときに毎月少額を払っていくなどと曖昧な取り決めとせず、毎月、〇日にいくら支払うのか、はっきりと金額を定めておかなければならないといえます。

 

さらに、離婚後の妻と子の住居や、離婚後の生活が安定するまでの経済的援助の要否など、離婚後の生活設計について、話し合わなければならないことは、山積みであるといえます。

 

このような大切で難しい問題を未解決のままにして、早々に離婚届けを提出してしまうということは行わないでください。

 

これらの問題を解決するためには、お互いが冷静に向き合って、ある程度の時間をかけて話をする必要があります。

 

激しい感情をぶつけ合うような状態では、これらの問題を解決することはできません。

 

冷静になれるまで、時間が必要であるといえます。
 

・離婚までには時間が掛かることを理解する

上記にも記載したとおり、離婚にあたって決めなければならないことはたくさんあります。

 

離婚届けにサインして、早々に離婚を成立させてしまうといったようなものではありません。

 

離婚条件に関する話し合いは、相手方がこちらの申し出を素直に受け入れてくれば良いのですが、そうでなければ、数か月をかけてじっくりと覚悟をもって話し合いを行うべきものといえます。
 

離婚する、しない、態度は明確にする

離婚は人生の一大事といえるため、簡単に決断することができません。

 

また一度決断できたとしても、復縁・再構築の可能性はないのかと心は揺れ動くことになります。

 

それは配偶者も同じことです。

 

あなたが復縁・再構築に揺れれば配偶者も同じように揺れ動く可能性があります。

 

結果として、復縁・再構築を選ぶのであれば、全力で夫婦関係の再構築に取り組むだけです。

 

もし、離婚を決断したのであれば、配偶者に対して曖昧な態度は見せずに、離婚協議がまとまらないのであれば、調停を申し立てるという強い態度を明確に伝えておいた方が良いでしょう。

 

離婚の意志が揺れ動くようであれば、離婚条件を話し合い、協議離婚をスムーズに進めることは困難となります。
 

まずは別居して話し合いをする

離婚を目前にした夫婦がどのようにすればこのような難しい問題を冷静に解決し、無事合意に至ることができるのでしょうか。

 

離婚を目前に冷静に話し合えという方が無理な話であるということは十分に理解できます。

 

同居を続け日々いがみ合うような関係のままでは、建設的な話し合いをすることはできません。

 

冷静にお互いが再度向き合って話し合いをするために、一度、別居して離れて生活してみるという方法が良いと思います。

 

幼少の子どもがいる場合には、一緒に暮らしたまま話し合いを行えば、両親が怒鳴り合い、罵り合う様を日常的に目の当たりすることになってしまうかもしれません。

 

そのような体験はきっと子どもの健全な成長にも悪影響を与えることになってしまうと思います。

 

また、離婚が成立しなければ、配偶者に対して婚姻費用(生活費)の支払いを求めることができるため、腰を据えた話をすることも可能になります。
 

・顔を合わせなければ冷静に話し合いを進められる

離婚時に取り決めなければならない事項は多く、また法律の知識が関係するものが多いです。

 

夫婦で取り決めなければならないことの他にも、行わなければならない手続きや、その他仕事など準備をしておかなければならないことで、頭がいっぱいになってしまいます。

 

これらの事項を解決することは、平常の精神状態であってもとても大変、困難なことばかりです。

 

これから離婚する夫や妻と顔を突き合わせて、話し合いで決めることはとても難しいといえます。

 

一旦、別居して、夫婦が距離をおいて、冷静になりながら時間をかけて取り組んだ方が良いことが多いと思います。

 

時間を掛ければ、親族や信頼できる友人・知人、専門家などの力を借りて取り組むことができます。

 

相手の言い分とこちらの言い分、はたしてどちらがより一般的であるのか、もし仮に話し合いで解決できなかったときに、調停などで認められる内容なのかといったこともじっくりと冷静に考えることができます。

 

また、相手に伝えるときも、直接面と向かって伝えずに、電話・メール・LINEなどで伝えることもできますので、論理的に説得力のある言葉で伝えることができます。
 

・離婚後の生活基盤を整える準備期間とする

冷静に話し合いを行うための別居ですが、併せて離婚後の生活の基礎部分を整えるための準備期間にもなります。

 

準備期間を設けずに、子どもを連れて実家に戻り、早計に離婚を成立させてしまえば、離婚後の生活の基盤が整う前に一人身となってしまうことになります。

 

別居期間中に、活環境の整備、仕事・収入の確保、離婚条件の話し合いの3つを同時に並行して整えると良いと思います。
 

一方的に別居を始めない

別居をはじめるときには、相手の同意を得たうえで行うことをお勧めします。

 

相手に理由も告げずに一方的に家を飛び出すようなことを行ってしまうと、納得することが難しいことですが夫婦の同居義務に反しているとして、もし調停などに進んだ場合には、不利に働く可能性もあります。

 

しかし、不倫された夫婦の一方が、これ以上の精神的苦痛を被ることを避けるため、一時的に離れて暮らすことを希望することは、合理的で別居の正当な理由になり得ると思います。

 

よって、別居をはじめるときには、相手の完全な承諾が得られないままであったとしても、精神的苦痛を逃れるための一時的な別居であることをきちんと相手に伝えたうえで別居を始めるようにしてください。

 

突然、いなくなる、行き先も言わずに別居を始めるといった極端な行為は行わないでください。

 

また、配偶者からDV(暴力行為)を受けているというような事情があるときには、避難するため、行き先もいわずに、一方的に別居を始めても、後から不利になったりするようなことはありません。
 

離婚に関する基礎的な知識を勉強することが必要

離婚条件に関する話し合いを進めるうえで、法律に関する基礎的なことも知っておく必要があります。

 

離婚を目前にして法律に関することなど、勉強する余裕はないという気持ちは理解できます。

 

しかし、ある程度の知識がなければ、本来得られるものを得られなくなってしまうかもしれません。

 

慰謝料や財産分与等、離婚についてある程度基礎的なことを知っておかないと、夫や妻と話し合うこともできません。

 

WEB上には無料で分かりやすく説明している記事はたくさんありますので、少しずつ理解を広げていってください。

 

ある程度、自分でどのようなことを請求できるのか、考えがまとまってきたら、その時点で離婚時の条件について話し合いをはじめることができます。
 

第三者に間に入ってもらうこともある

夫婦だけで話し合いをすることができないときには、中立な第三者に話し合いの間に入ってもらうこともあります。

 

話し合いの立会人は、中立な立場で冷静、信頼できる友人や知人、もしくは親族に頼ることになります。

 

立会人は、夫婦いずれか一方とのつながりのみ深いということが考えられるため、立ち合いには中立な視点で、客観的な指摘をすることができる人物でなければなりません。

 

立会人がつながりの深い一方に味方する、偏った指摘をするようなことがあれば、相手に不信感を与えてさらに話し合いが難しくなってしまうことも考えられます。
 

・離婚調停の申し立てをする

どうしても夫婦同士で合意に至ることができないときには、調停委員に間に入ってもらい話し合いを行う離婚調停という制度を利用することができます。

 

一般的な落としどころがわからない、当事者同士の話し合いではまったくラチがあかない、冷静に客観的な基準で判断してほしいという場合には、離婚調停を利用すると良いでしょう。

 

離婚調停を行い、それでも夫婦で合意に至ることが出来なかったときには、離婚審判など裁判で決着を図ることもできます。

 

ただ、安易に離婚調停を利用するのではなく、当事者同士の話し合いによる決着を十分に試みたうえで、どうしても合意に至ることができない(または話し合いをすることができない)という場合に調停を利用するようにしてください。

 

やはり、裁判所の手続きで合意に至るよりも、当事者同士の話し合いによる離婚の合意が一番であると言ってよいと思います。
 

離婚協議書の作成は当事務所にお任せください

・メール交換によるサポート、男女問題専門の行政書士が作成します

当事務所では開業以来、一貫して不倫・浮気、男女問題に関する書面作成を専門としています。

 

別居時の婚姻費用支払いの合意書、離婚協議書、不倫に関する夫婦の誓約書など、経験豊富でこれまでに多くの依頼を手掛けています。

 

不倫・離婚など男女問題でお悩みの方には書面作成のご依頼を通じて、メール交換によるサポートを行うことも可能です。

 

また、より多くの方にご依頼いただき、お抱えの男女問題を解決して頂きたいため、手軽に誰でもプロ(専門家)に作成を依頼できるような、利用料金の設定を行いました。

 

公正証書をご希望の方につきましては、当方で「離婚給付等契約公正証書」の原案文として、離婚協議書を作成いたします。

 

作成した離婚協議書を最寄りの公証役場へ持ち込んで頂き、公証人に公正証書を作成してもらうことができます。

 

離婚というプライバシーに関することや、センシティブな身の上の問題を取り扱うことになるため、他人に相談や依頼することをためらってしまう方がいらっしゃいます。

 

当事務所は、原則としてお客様とのメール交換のみで文書を作成しています。

 

メール交換で、お客様の状況を聞き取り、文書の内容を決定していくので、プライバシーを尊重したまま書面を完成させることができます。

 

他人に相談することをためらうような問題でも、気にせずに相談・依頼をすることができます。

 

この機会に、不安で苦悩する日々ときっちり決別する、勇気ある行動を起こしてみてください。

私がお手伝いいたします。

事務所概要

作成費用

離婚協議書作成業務

(相談・サポートを含む)

¥22,000円(税別)~お見積
※慰謝料、親権、養育費などシンプルな離婚協議書の作成は22,000円(税別)で作成可能です。

当事務所では、お一人でも多くの方にサービスをご利用頂き、男女に関する問題を解決して頂きたいと考えています。
男女問題専門のプロが作成した『本物の契約書』をご提供いたします。
依頼者に有利となる高品質の書面を提供することで、社会に貢献していきたいと考えております。

開業以来、男女関係の法的書面作成専門
日本行政書士連合会 登録番号14130747
行政書士アークス法務事務所
 

ご利用の流れ

お問い合わせはこちらから

以下のフォームに必要事項をご記入の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。

(例:山田太郎)

(例:sample@yamadahp.jp)
※メールアドレスの入力間違いが多く発生しています。十分にご注意ください。

「@docomo.ne.jp」「@softbank.ne.jp」「@ezweb.ne.jp」といった携帯キャリアのアドレスの場合、初期設定のメールフィルターにより、こちらからのメールが届かないケースが多く発生しています。
当事務所のアドレス「info@kekkon-keiyaku.com」
を受信できるよう再設定頂くか、または他のメールアドレス(gmail.yahooメールを推奨)をご利用ください。

より適切なご案内をするため、お客様の状況や、どんな文書を作成したいのかを、できるだけ詳しく教えて下さい。

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

info@kekkon-keiyaku.com

メールでのお問合せは24時間《無料》で受け付けております。メールにてお気軽に問合せていただいて構いません.
遠慮なくご連絡ください。

サイドメニュー