浮気・不倫をメインに法的書面作成と最新の情報を提供するサイト  【男女問題専門】行政書士アークス法務事務所 受付10:00~18:00

-契約書・誓約書の作成を通じて不倫浮気トラブルを解決します-

本気で不倫浮気を解決する
男女の契約書・誓約書作成.com

日本行政書士連合会 登録番号14130747 行政書士アークス法務事務所

24時間メール受付中

経験豊富なプロが対応

【ご相談実績2,500件以上】不倫・浮気問題専門の行政書士

手をつないで歩くことは不貞行為か?

日本行政書士連合会 登録番号14130747 行政書士アークス法務事務所

どこからが不貞行為に該当するのか

不倫・浮気問題専門の行政書士アークス法務事務所です。

 

それでは早速、「手をつなぐことは不貞行為か?」ということについて、本ページで私と一緒に考えてみましょう。

 

夫婦の間には貞操を守る義務があり、原則的に不貞行為と呼ばれる不法行為があった場合には、配偶者の損害を賠償する義務を負うことになります。

 

尚、不貞行為の被害にを受けた配偶者は、自身の配偶者および浮気・不倫相手に対し、自身が被った損害に相当する慰謝料を請求することが可能となります。

 

この時、不貞行為とは何か?とう疑問が生じます。

 

肉体関係があった場合に不貞行為と認められることは理解できますが、肉体関係には至らないが、夫婦の平穏を侵害する行為として決して許容できない行為は、ほかにもたくさんあります。

 

個人的には、夫婦の一方が異性と手をつないでいたら、浮気以外の何物でもないと考えていますが、法的に不貞行為として扱われるか否かはまた別も問題でもあります。

 

本ページでは、「手をつなぐ」という行為に絞ってもっと掘り下げてみたいと思います。

配偶者が他人と手をつないで歩いているところを発見

専業主婦のA子さんは、夫が見知らぬ女性と手をつないで歩いているところを発見しました。

 

大変ショッキングな出来事で、A子さんは夫の不倫や浮気の存在を疑わざるを得ない状況です。

 

A子さんは相手女性に対して、不貞行為による慰謝料請求を行うつもりでいます。

 

さて、このように「手をつなぐ」という行為があったのみで、A子さんは相手女性に対して慰謝料請求をすることは可能でしょうか?

 

「手をつなぐ」という行為が、夫婦の平和を侵害する不法行為に該当するのか、否かというポイントを中心に検討する必要があります。

 

以下、「手をつなぐ」とう行為に関する、二つの裁判所の判例を紹介します。

ケース① 不貞行為が認められた例

別居中の配偶者が、アパートから見知らぬ女性と手をつないで出てきたところを目撃、配偶者は当該女性のアパートに数日間宿泊していたことが後に判明。

 

ケース①は、女性宅に数日宿泊している時点で、すでにアウトだと思いますが…。

 

「手をつなぐ」という行為の考え方の参考に以下の判例を紹介します。

 

狭い一室に男女が数日間にわたり同宿し、戸外に出た際には体を密着させて手をつないで歩いていたこと等からして、配偶者と相手女性の間には肉体関係があったと認めるのが相当』

 

として、両者の関係が不貞行為として不法行為となることが認められました。

 

注意しなければならないならない点は、「手をつなぐ」行為そのものが不貞行為に当たるといっている訳では無いようです。

 

数日間にわたり同宿したうえで、体を密着して手をつないでいることから、肉体関係があったと認めるのが相当としています。

 

ケース② 不貞行為が認められなかった例

ケース②は、配偶者が見知らぬ女性と「手をつないで歩いている」様子を、友人・知人等がたびたび目撃しているという例です。

 

このような状況がどのように判断されるのか、個人的にはとても気になるところです。

 

まず、目撃された女性が特定のひとりの女性なのか、複数の別々の女性なのかといった点も気になります。

 

裁判所の判例は次のとおりです。

 

『関係者(友人・知人等)の目撃とあるが、仮に、関係者の目撃した「手をつないで」一緒にいた女性がすべて特定のひとりの女性(B子とします)であり、すべてB子と手をつないで歩いていたとしても、そのことから当然に不貞関係の存在が推認されるものではない。

 

個人的には、上記の判例から、手をつなぐという行為のみでは、不貞行為は認められない印象を受けました。

 

ただし、極端な例ではありましたがケース①のように、その他の状況やシチュエーションによっては、「手をつなぐ」という行為が不貞行為の存在を認めるにあたって参考材料になる場合もあるということが理解できました。

 

「不倫と浮気に関するコラム」に戻る

「浮気しない」という約束を法的書面で文書化する。

男女間で絶対に守ってもらいたい約束の№1は「浮気をしない」ことではないでしょうか。何度も浮気を繰り返す恐れのあるパートナーには、誓約書で二度と浮気をしないことを誓ってもらうほかありません。

内容証明による「通知書」を作成し、貴方の主張を相手に伝えることができます。

もう泣き寝入りする必要はありません。故意または過失により夫婦の平穏を侵害する加害者に対して、迷惑行為の即時中止や慰謝料の請求をすることが可能です。貴方の主張を、内容証明郵便による通知書をもって相手へ伝えることができます。

お客様の生の声を紹介!

当事務所は、男女問題に関する法的書面作成で多くの実績があります。多数のお客様の生の声を是非ご覧頂き、安心の実績をご確認ください。

メールお問合せ、ご相談は24時間受付中!

お問合せ・ご相談はメールフォームにて受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。お友達にメールするように気軽に、お問合せ・ご相談していただいて構いません。

info@kekkon-keiyaku.com

 受付時間:24時間受付可能
※こちらから営業・勧誘等で連絡はいたしませんので、ご安心ください。

サイドメニュー

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

info@kekkon-keiyaku.com

メールでのお問合せは24時間、もちろん《無料》で受け付けております。メールにてお気軽に問合せていただいて構いません。なにか気になることがありましたら、遠慮なくご連絡ください。