男女問題をメインに法的書面作成と最新の情報を提供するサイト  【男女問題専門】行政書士アークス法務事務所 受付10:00~18:00

-契約書・誓約書の作成を通じて浮気トラブルを解決します-

本気で不倫浮気を解決する!
男女の契約書
作成.
com

日本行政書士連合会 登録番号14130747 行政書士アークス法務事務所

24時間メール受付中

経験豊富なプロが対応

手をつないで歩くことは不貞行為?

【ご相談実績5,000件以上】不倫・男女問題専門の行政書士

手をつないで歩くことは不貞行為か?

日本行政書士連合会 登録番号14130747
行政書士アークス法務事務所

既婚者が異性と「手をつなぐ」など不適切な行為について

行政書士イメージ

不倫、男女問題専門の行政書士事務所で代表を務める大谷と申します。
「手をつなぐ」という行為はもちろん不貞行為に該当しませんが、そのような不適切な行為についてどう考えれば良いのか説明します。


もし、夫や妻が異性と浮気をしていて、偶然、手をつなでいることを発見…

そんなとき、配偶者としてはどんな対応ができるでしょうか。

既婚者が異性と手をつないで歩くというようなことは、ふつう考えられませんので、相手と不適切に親密な関係にあることがうかがえます。

今回は、手をつなぐという行為を例にして、既婚者の不適切に親密な関係や行為について説明したいと思います。
 

不貞行為(性行為)がなければ責任追及できない?

どんな行為が不貞行為に該当するのか

まず、不貞行為の定義から明らかにしていきましょう。

不貞行為とは、一般的には既婚者が配偶者以外の人とする性行為とされています。

しかし、世の中には、性行為・肉体関係には至っていないが、夫婦の平穏を侵害する決して許容できない不法行為(迷惑行為)が行われることが多くあります。

明らかに不倫関係・恋人関係だけれども、性行為・肉体関係は否定しているというようなケースです。

そのようなケースでも、性行為がなければ既婚者と親密な関係になっても良い、相手夫婦の平穏を侵害する迷惑行為を行っても良いということはできません。

他人の権利を侵害する「不法」行為(不貞行為ではありません)があれば、不法行為をした加害者に対して、慰謝料の支払いを求めることができます。

そこで、ひとつの具体例として、配偶者以外の異性と「二人きりで手をつないで歩く」という行為の考え方を説明します。

一般的に夫婦のいずれか一方が、異性と手をつないでいたら、浮気以外の何物でもないと考えることが自然だと思います。

法律上、違法性を有する不法行為であると認められるのであれば、相手に対して慰謝料の支払いを求めることができます。
 

性行為・肉体関係がない場合の慰謝料請求

配偶者が他人と手をつないで歩いているところを発見

胸に手を当てる女性

A子さんは、夫が見知らぬ女性と手をつないで歩いているところを発見しました。

大変ショッキングな出来事で、A子さんは夫の不倫や浮気の存在を疑わざるを得ない状況です。

A子さんは相手女性に対して、慰謝料請求するつもりでいます。

さて、このように「手をつなぐ」とういう事実のみで、A子さんは相手女性に対して慰謝料請求をすることは可能でしょうか?

以下、「手をつなぐ」とう行為に関する、二つの裁判所の判例を紹介します。

 

肉体関係の存在を推認する材料の一つになったケース

別居中の配偶者が、アパートから見知らぬ女性と「手をつないで」出てきたところを目撃、そのアパートは、女性の自宅アパートで、配偶者はそこに数日間宿泊していたことが判明したというケースです。

「手をつなぐ」という行為について、どの様に考えれば良いのか以下の判例を紹介します。

『狭い一室に男女が数日間にわたり同宿し、戸外に出た際には体を密着させて手をつないで歩いていたこと等からして、配偶者と相手女性の間には肉体関係があったと認めるのが相当』

として、不貞行為の慰謝料支払いが認められました。

ただ、注意しなければならないならない点は、「手をつなぐ」行為そのものに違法性があると言っている訳ではありません。

手を繋いでいることに対して、慰謝料の支払いが認められたわけではありません。

数日間にわたり同宿したうえで、さらに体を密着して手をつないでいることから、肉体関係があったと認めるのが相当としています。

密着して、手をつないでいるという行為は、二人の肉体関係の存在を推認する材料の一つになっているということになります。
 

手をつなぐという行為のみで、不貞関係は認められないとされたケース

このケースでは、配偶者が見知らぬ女性と「手をつないで歩いている」様子を、友人・知人等がたびたび目撃されていました。

それ以上の事実は確認できなかったようです。

判例ではこう言っています。

「関係者(友人・知人等)の目撃とあるが、仮に、関係者の目撃した「手をつないで」一緒にいた女性がすべて特定のひとりの女性であったとしても、そのことから当然に不貞関係の存在が推認されるものではない。」

上記の判例(分かりやすくするために文言一部修正)では、手をつなぐという行為のみでは、それだけで異性との不貞関係が認められるものではないと言っています。

仲良く異性と手をつないで歩いていることが、たびたび目撃されていたとしても、その他の事情がない限り、特定の女性と手をつないで歩いているという行為のみで慰謝料を請求することは困難であることがわかります。
 

ただ、性行為がなくても慰謝料請求できるケースがある

手をつなぐという行為のみでは、不貞関係を推認することができず慰謝料を請求することは難しいということがわかりました。

しかし、だからといって肉体関係がなければ、相手に対して慰謝料請求できない、性行為がなければ慰謝料請求される心配はないということではありません。

手をつなぐという行為と、性行為に至るまでの間には、たとえば抱き合う、キスする、身体を触るなど様々な行為が考えられます。

そして、たとえ性行為・肉体関係を伴わない行為であっても、婚姻生活を侵害・破壊に導く可能性のある悪質な行為があれば、それは慰謝料支払義務の生ずる不法行為になり得るとされています。

よって、性的関係・肉体関係がなければ不倫相手に対して何もできない、何も請求できないということでは決してありません。

手をつなぐという行為よりも、もっと悪質性が高く、慰謝料請求の対象となる可能性の高い行為を、以下のページで紹介していますので、是非参照してください。
 

性行為(不貞行為)がない場合の慰謝料請求

まとめ

本ページでは、「手をつなぐ」という行為と慰謝料請求の可否について、説明しました。

単に手をつなぐという行為でも、世間の通常の感覚からすればまぎれもない浮気であるかのような印象がありますが、

上記で説明されているとおり、手をつなぐという行為のみで、ただちに不貞関係は認められない(慰謝料請求は困難)ということがわかりました。

また、不貞行為の確証がない場合などで、手をつなぐという行為が、不貞行為の存在を推認するための一つの材料になる可能性があるということもわかりました。

そして、手をつなぐことよりも、もっと過激な迷惑行為が行われている場合には、加害者に対して慰謝料請求できることがあるということを、ぜひ知っておいてください。

故意に夫婦の平穏を侵害する迷惑行為を行い、相手の夫婦関係が破たんしたような場合には、たとえ性行為がなくても、慰謝料請求できる可能性があります。

当事務所では、迷惑行為の中止を求め、ケースによっては慰謝料(迷惑料)を相手に請求するための、通知書(内容証明)の作成送付の代行をお引き受けしています。

性行為は認められないが、相手の迷惑行為によって、夫婦の平穏が侵害されて困っているという人は、是非、当事務所にご相談ください。
 

行政書士イメージ

不倫の専門家が作成した内容証明の作成・送付24,200円(税込)

不倫相手に対して、不倫関係の解消や慰謝料請求等の法的請求を行うときは、内容証明郵便により通知・請求書面を送付する、書面通知を行うことが一般的です。当事務所では、通知・請求書面の作成と郵送を代行します。

不倫浮気の誓約書

不倫・浮気の誓約書19,800円(税込)

不倫・浮気は絶対に許さない!
不倫・浮気を防止するための誓約書

男女間で絶対に守ってもらいたい約束の№1は「浮気をしない」ことではないでしょうか。何度も浮気を繰り返す恐れのあるパートナーには、誓約書で二度と浮気をしないことを誓ってもらうほかありません。

お客様の生の声を是非ご確認ください。

当事務所は、男女問題に関する法的書面作成で多くの実績があります。多数のお客様の生の声を是非ご覧頂き、安心の実績をご確認ください。

メールでのお問合せ、ご相談は24時間受付中!

代表デスク

まずはご相談から、お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

04-2935-4766

受付時間:11:00~17:00(土日も対応可能)

info@kekkon-keiyaku.com

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

11:00~17:00(土日祝対応可)

04-2935-4766

info@kekkon-keiyaku.com

メールでのお問合せは24時間受け付けております。メールにてお気軽に問合せていただいて構いません.
遠慮なくご連絡ください。

サイドメニュー