男女問題をメインに法的書面作成と最新の情報を提供するサイト  【男女問題専門】行政書士アークス法務事務所 受付10:00~18:00

-契約書・誓約書の作成を通じて浮気トラブルを解決します-

本気で不倫浮気を解決する!
男女の契約書
作成.
com

日本行政書士連合会 登録番号14130747 行政書士アークス法務事務所

24時間メール受付中

経験豊富なプロが対応

【ご相談実績4,000件以上】不倫・男女問題専門の行政書士

契約書を郵送する方法

日本行政書士連合会 登録番号14130747
行政書士アークス法務事務所

実際に不倫の契約書を郵送する方法について解説

郵送方法を説明する男性

不倫など男女問題専門の行政書士大谷です。
今回は不倫の和解合意書や誓約書を郵送する方法について説明します!
 


契約書を郵送でやり取りした経験のない方は、どうやって契約書を郵送すればいいのか、分からないという方もいらっしゃると思います。

男女間のトラブルで、不倫相手に契約書を郵送した経験があるという方は少ないと思います。




 

①双方がサインする契約書を郵送する方法と、②一方のみがサインする誓約書・念書を郵送する方法を分けて説明します。
自分に該当する部分を必要に応じて確かめるようにしてください。

双方がサインする契約書・合意書を郵送する方法

合意書を2部用意し、発送者が先にサインする

合意書は、こちらと相手方と双方がサインして成立する契約書です。

そのため、合意書は2部を準備します。

発送者が先に合意書
2部共に署名押印したうえで、相手へ発送することが一般的です。

発送者が送付した2部の合意書を受け取った相手は、署名押印欄にサインをして、その内の1部を再び発送者へ返送する方法でやり取りをします。

 

割り印や契印は必須?

割印や契印とは、契約書が対で作成されていること、複数ページに及ぶ契約書が一体として作成されていることを確認するために捺される印のことをいいます。

もし、「契印・割り印の捺し方が分からない」、又は「契印・割り印を忘れたっ!」という場合でも、

契約書がきちんと製本されページの差し替えができない状態であれば、契印・割り印がなくても契約書の法的効果には影響しません


ただし、契約書がバラバラな紙で綴じられていないと、一部のページが差し替えられてしまう可能性もありますので、契印・割り印を捺す必要があります。

また、ホチキス留めの場合も、ホチキスを外してページを差し替える、もしくは一部を抜き取るということができてしまうため、念のため契印を捺した方が良いでしょう。


契印・割り印を捺す場合には、インターネットで検索すれば契印・割り印の押印の仕方が分かりやすく解説されているページがありますので、参考にしてみてください。

契約書がきちんと製本されているのであれば、契印・割り印がなくても、問題になることはありません。
 

おすすめはレターパックによる郵送

契約書の準備ができたら、いよいよ相手に郵送します。

郵送には日本郵便のレターパックを利用して送付する方法をお勧めします。

レターパックは最寄りの郵便局、もしくはコンビニのローソンで購入することができます。

レターパックには、対面手渡しで配達されるレターパックプラスと、ポストに投函されるレターパックライトの2種類があります。

どちらも郵便追跡サービスを利用することができますので、郵送状況や配達が完了したことをインターネット上で確認することができます。

レターパックプラスは対面手渡しがメリットである反面、受取人が不在の場合には郵便物を受け取ることができません。

受取人自らが郵便局へ連絡して、再配達をしてもらう必要があります。

レターパックライトは、受取人が不在であってもポストに投函されるため、不在で持ち帰りになるということは基本的にありません。

相手があらかじめ契約書の取り交わしに同意しているのであれば、レターパックライトの利用で問題ないと思います。


レターパックの品目には、「書類」と記載すれば良いでしょう。わざわざ「契約書」と具体的に書かなくても大丈夫です。


尚、契約書は、郵便法上の「信書」扱いになります。

信書を送付できるのは日本郵便もしくは、特定信書便のサービスを提供できる一部事業者に限られています。

宅配便やその他民間のメール便などで、契約書など信書を送ることはできません。

 

日付の記載はいつするのか?

合意書の日付は、実際に署名押印を行うその日付を記入することになります。

また、2部ある合意書の日付は、二つとも必ず同一の日付とします。

日付が空欄の合意書の1部が返送されてきたときには、相手が持つ1部と日付を揃えて書き入れる必要があります。

合意書に日付を記入するタイミングは、おおまかに次の二つのタイミングが考えられます。

1.初めに一方が署名押印する段階で、2部共に日付を記入してしまう。

この方法には注意点があります。

初めに一方が署名押印する段階で、2部共に日付を記載することができる場合は、すでに契約書の内容について双方が確認済で、両者の合意が成立している場合が良いでしょう。

例えば、メール等であらかじめ契約書の内容を確認し合っていて「この内容で合意します」というような場合には、はじめに一方が署名押印する段階で、日付を記載しても良いでしょう。

 

2.はじめに署名押印する時点では日付の記入を行わず、相手が契約書を受け取り、署名押印するとき(署名押印欄に双方の署名・押印が揃うとき)、相手に日付を記入してもらう。

どちらのタイミングでも構いませんが、二つの契約書の日付が異なるということはないようにしてください。
 

誓約書(念書)を送付する方法

誓約書(念書)を1部用意する

誓約書は、通常、約束をする誓約者のみが署名押印する書面です。

そのため、誓約書は1部を準備します。

不倫相手に約束してもらう誓約書を送付する場合は、あらかじめ誓約書を返送するよう相手に連絡してから郵送します。

反対に、誓約者が自分で誓約書を準備して、相手に提出する場合は、自らがサインした誓約書を、誓約する相手へ郵送するのみとなります。

ただ、誓約書自体は誓約する相手へ提出してしまうため、手元には書面が何も残らなくなってしまいます。

自分がどのような約束をしたのか、後から確認できるように、署名押印後の誓約書のコピーをとっておくか、写真撮影してデータで保管し、後から内容を確認できるようにしておきます。

 

その他の郵送に関する疑問点

「返信用封筒」は付けるのか?

「返信用封筒も一緒に送った方がよいでしょうか?」というご質問をいただきますが、これはどちらでも構いません。

もちろん返信用封筒があった方が、受け取った側の返送の手間を軽くすることができます。

返信用封筒を付けてあげれば、相手は届いた書面にサインして、添付の返信用封筒に入れてポスト投函するだけということになりますので、相手からスムーズに返送を受けることができるかもしれません。

ただ、ケースバイケースではありますが、相手はビジネスの取引先ではないため、敢えてこちらが返送の費用を負担して、封筒を付けてあげるという配慮までは不要ではないかと考えます。

被害者側が、加害者に対して合意書を送付するときには、封筒ぐらい自分で用意して、速やかに返送してください。ということだと思います。

反対に、加害者側が、被害者側へ書面の返送を求める場合には、返信用封筒を付けるという配慮(誠意)があって良いと思います。

 

「書類送付状」は付けるのか?

ビジネス文書を郵送するときには、送付した文書が相手にきちんと届いているか、過不足がないか受け取った側が確認できるように、「書類送付状」を付けて郵送する方法がビジネスマナーとして一般的になっています。

「いつもお世話になっております。以下の書類を送付致しますので、ご査収ください。」といったようなコメントと、送付した文書の内訳(請求書 1通、納品書1通)を書類送付状に書いて、その他の書類と一緒に送付します。

個人間の契約書のやり取りで、この書類送付状を付けることは必要なのか、あった方が確実で丁寧であるといえます。

不貞行為の加害者側が、被害者側に対して契約書を送付するときは、書類送付状も付けて送付した方が丁寧で相手の印象も良いと思います。

他方、被害者側が加害者側に契約書を郵送するときはどうでしょうか。

私が、被害者だとすれば、書類送付状は付けずに2通の契約書を送り付けてしまうと思います。

いずれにしても、送付状を付けなければならないというようなものではありません。

 

返送先や期日を相手に伝えなければならない

契約書を郵送する前の相手方とのやり取りで、返送先を伝え、いつまでに返送するといったようなこと決めておく必要があります。

もし、そのような事項が決まっていないときは、契約書を送付するときに、相手に伝えなければなりません。

契約書を受け取ったまま、相手の手元からいつまでも契約書の返送がなく、やきもきすることは、精神的にも苦痛なことだと思います。

そのようなことにならないように、あらかじめ返送期日や返送先等について、相手に電話・メール・LINEなどで伝えておくか、もしくは、契約書を郵送するときの送付状に「〇日までに返送すること」を記載して相手に郵送することになります。

契約書の返送を約束してもらうときに、あらかじめ返送期日については、話し合っておいた方が良いでしょう。

 

内容証明郵便を利用する必要はありません

契約書を内容証明郵便で郵送する必要はありません。

内容証明郵便では、送付した書面の内容を後から郵便局に証明してもらうことができます。

慰謝料請求の請求書や、迷惑行為の中止を求める警告書など、こちらから、いつ、誰に対して、どのような請求・警告を行ったのかを、後から郵便局に証明してもらうために利用します。

内容証明郵便の受取人は、後から、そのような請求・警告は受けていない等と言い逃れることはできなくなります。

よって、法的な請求・警告などを行うときには、内容証明郵便で請求・通知書面を郵送することが一般的です。

他方、契約書は、当事者が署名押印することによって契約書の記載内容を当事者が異議なく認めていることを証明するための書面です。

わざわざ内容証明郵便を利用してその内容を証明してもらう必要がありません。

契約書を相手方に郵送するときには、レターパックなどの信書便で送付します。内容証明郵便で送付する必要はありません。

 

相手にこちらの住所を知られたくないときの対応

郵便局留めを上手く利用すれば、相手にこちらの住所を知られずに書面の郵送を行うことができます。

郵便局留めとは、宛先の住所を、相手の最寄りの郵便局として、郵便局に郵便物を留め置いてもらい、自ら郵便局へ取りに行く方法で郵便物を受け取ることのできる郵送方法です。

相手からの書面の返送先を、こちらの最寄りの郵便局留めとしてもらうことで、相手に自宅住所を知られずに郵便物を受け取ることができます。

不倫に関する契約書の郵送では、よく利用されている方法ですので、このような方法もあるということは知っておいてください。

 

和解合意書、誓約書の返送を求める「通知書」について

もし、あらかじめ相手に契約書の返送を求める連絡をとることができないときには、

契約書と一緒に、こちらからの示談解決に向けた提案であること、契約書に署名押印して返送すれば、和解解決としてこれ以上責任追及しないことなどを記載した通知書を作成します。

この通知書を、契約書と一緒に送付して、書面通知の方法で相手に、契約書
の返送を求めます。


単純に契約書の返送を求めるだけではなく、このまま示談解決に至ることができなければ、弁護士に相談のうえで法的措置を執ることも検討していることなど、こちらの主張を記載します。

契約書の返送があれば、示談解決することができますが、返送がなければこちらも対応を考えていることを伝えて、相手にこちらの本気度を理解してもらいます。

反論があれば、相手にも書面で申し出てもらいます。

もし、こちらの提案どおりに約束できるのであれば、書面に署名・押印のうえで、何日以内に返送するよう相手に通知することになります。

 

「通知書」の作成送付について

不倫浮気の誓約書

不倫・浮気の誓約書19,800円(税込)

不倫・浮気は絶対に許さない!
不倫・浮気を防止するための誓約書

男女間で絶対に守ってもらいたい約束の№1は「浮気をしない」ことではないでしょうか。何度も浮気を繰り返す恐れのあるパートナーには、誓約書で二度と浮気をしないことを誓ってもらうほかありません。

お客様の生の声を是非ご確認ください。

当事務所は、男女問題に関する法的書面作成で多くの実績があります。多数のお客様の生の声を是非ご覧頂き、安心の実績をご確認ください。

メールでのお問合せ、ご相談は24時間受付中!

代表デスク

まずはご相談から、お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

04-2935-4766

受付時間:10:00~17:00(土日も対応可能)

info@kekkon-keiyaku.com

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

10:00~17:00(土日祝対応可)

04-2935-4766

info@kekkon-keiyaku.com

メールでのお問合せは24時間受け付けております。メールにてお気軽に問合せていただいて構いません.
遠慮なくご連絡ください。

サイドメニュー