男女問題をメインに法的書面作成と最新の情報を提供するサイト  【男女問題専門】行政書士アークス法務事務所 受付10:00~18:00

-契約書・誓約書の作成を通じて浮気トラブルを解決します-

本気で不倫浮気を解決する!
男女の契約書
作成.
com

日本行政書士連合会 登録番号14130747 行政書士アークス法務事務所

24時間メール受付中

経験豊富なプロが対応

慰謝料を分割払いにするときの注意点

【ご相談実績4,000件以上】不倫・男女問題専門の行政書士

慰謝料を分割払いにするときの注意点

日本行政書士連合会 登録番号14130747
行政書士アークス法務事務所

分割支払いは受け取り側のリスク?慰謝料を分割払いにするときのポイントを解説

分割払いについて説明する男性

はじめまして、男女問題専門の行政書士大谷です。
分割金の支払いが滞るリスクに備えた対応をする必要があります!


不倫の慰謝料を一括で支払うことができないときに、和解の条件として慰謝料を分割払いとすることがあります。

分割払いでは、支払いが長期に渡るため途中で支払いが滞らないようにするための条件を決めて、書面で取り交わしておく必要があります。

具体的には、支払いを怠ったときには残金を一括で返済する義務を明確にしておくことがポイントになります。

 

一括支払いと分割支払いの違い

(1)慰謝料の支払いは一括支払いが基本

実際の慰謝料の支払いについては、いろいろな方法・条件とすることができます。

その中でも、慰謝料を一括支払いとするのか、分割払いとするのかという点は、はじめに確認すべきことの一つとなります。

慰謝料は一括で支払うことが基本となります。

示談書や誓約書などに、一括支払い・分割払いなど支払方法の定めが特にされていないとき、慰謝料の支払いは一括で払う必要があります。

分割払いというのは、イレギュラーな支払い条件であると言えます。

しかし、現実には、慰謝料の支払者が、高額の慰謝料を一括で支払うことが困難なことも多く、分割払いも多くのケースで利用されています。

 

(2)分割払いは受け取り側のリスク

「慰謝料の支払いを分割にする」ことは、支払い者側にとってメリットで、受取り側はリスクを負うことになります。

分割払いとした場合、未払いになる、途中で支払いが滞る可能性(リスク)を背負うことになります。

しかし、慰謝料の支払者が、高額の慰謝料を一括で支払うことができず、分割払いでなければ支払いに応じることができないという場合には、やむを得ず分割払いを受け入れることも検討しなければなりません。

もし分割払い条件を受け入れる場合には、分割支払いのリスクを少しでも減らすために、

誓約書や示談書などの契約書を作成して、支払いが途中で滞るリスクを防止するための条件をあらかじめ盛り込んでおく必要があります。


詳しくは、本ページの下記で詳述しますが、「期限の利益の放棄(未払残金一括支払い)」や、「遅延損害金」の定めを示談書で規定しておくことで、分割金の支払いが滞ることを抑止する方法が一般的となります。

いずれにしても、安易に分割払いを受け入れてしまうのではなく、受取り側が分割金が不払いになるリスクを負うことを認識・理解したうえで、分割払いの約束をするようにしなければなりません。

 

分割払いとするときの注意点

(1)毎月の支払金額(分割金)

署名する手

毎月の支払金額は、どれくらいが妥当なのでしょうか。

これは相手の収入や経済状況に大きく左右されるため、一概にいくらが適当というようなことは決められません。

一般的には毎月2万円から5万円程度の金額に分割して支払う条件が多いです。

もちろん毎月の支払額をそれ以上の金額としても、支払いが可能なのであれば問題ありません。

ただし、毎月の金額を数千円という少額に分割することはあまりお勧めすることができません。

少額に分割してしまうと、当然、支払期間も長期に及ぶことになります。

支払い期間が長期に及んだ場合、途中で支払が滞るリスクが大きくなると言わざるをえません。


慰謝料の受け取り側にとっては、本来、一括支払いが基本であるにもかかわらず、すでに大きく譲歩して、分割払いを受け入れているといえます。

さらに不倫相手から「支払いが厳しいので毎月数千円にしてほしい」というような提案をされても、そこまで譲歩して、相手の提案を受け入れる必要性は低いと言えます。

慰謝料は、被害を受けた損害の賠償金ですので、生活の余った部分から支払うといったものではなく、本来は、生活を切り詰めてでも支払わなければならない性質の金銭であると言えます。

できるだけ毎月の生活に影響しないようにという意図は理解できますが、毎月数千円を、数年間の長期にわたって支払い続けるというような、分割の条件は、慰謝料の受取側にとってデメリットが大きいといえます。

 

(2)支払期間

次に分割金の支払期間を決める必要があります。

慰謝料の総額を、毎月の支払金額で割れば、全額支払い済に至るまでの月数が算出できます。

支払期間は、長期とせずに、できるだけ短い期間とすることが基本となります。

分割の支払期間は、数か月から長くても2年程度の支払期間とする示談のケースが多いです。

すでに説明したとおり、長期間の分割は、受取側が一方的にリスクを負うことになります。

毎月、不倫相手から分割金がきちんと支払われているのか確認するという作業を行うことになりますので、いつまでも不倫相手との関係が切れずに、思った以上のストレスを受けることにもなります。

今後の夫婦関係の再構築、新たなスタートを切るためにも、不倫相手側との関係は早めに清算(解消)しておいた方が良いといえます。

 

(3)毎月の支払い方法

慰謝料の毎月の支払い方法は、金融機関の預金口座を指定して、振込で振り込んでもらう方法が一般的となります。

振込手数料は、支払者側が負担することが通常です。

まれに慰謝料の支払い者が、不貞行為の事実を知らない自分の配偶者に、明細等で毎月分割金を振り込んでいる事実が発覚しないよう、現金を持参して支払いたいと希望することがあります。

しかし、慰謝料の受け取り側にとっては、毎月、不倫相手と現金の受け渡しで合わなければならないことになりますので、労力・ストレスの面から、手渡しでやり取りするという方法は、現実的ではありません。

支払い方法は、指定した預金口座に振り込む方法とすることをお勧めします。

 

(4)毎月の支払期日

慰謝料の分割金については、毎月一定の支払期日(締め切り)を設定する必要があります。

毎月、15日、25日、末日といったように、期日を指定してその日までに振り込んで支払ってもらうことになります。

ゴールデンウィークや年末年始など、金融機関が一定期間休みになる時期もありますので、支払期日が、金融機関の休日であった場合には、前営業日までとするか、翌営業日までとするのかを念のため確認しておくと良いでしょう。

支払期日が金融機関の休日に該当した場合は、翌営業日とする場合が多いため、翌営業日が一般的であると言えます。

これらの支払い条件は、すべて示談書において規定しておきます。

示談書で明確にしておくことで、万が一、支払いが滞ったときでも示談書に基づいて相手に支払いを求めることが可能になります。

 

分割金の未払を防止するための施策

(1)支払いが滞ったときは残金一括支払い

慰謝料を分割にすることによって、慰謝料の支払い者は「(支払期間が長くなるという)期限の利益」を得ることになります。


もし、支払者が分割金の支払を怠り、支払いを滞らせているにもかかわらず、いつまでの期限の利益を享受させることは適当ではありません。


「一度でも分割金の支払を怠った場合(又は未払金額が一定の金額に達した場合)には、期限の利益を当然に失い、残金を一括して支払わなければならない」といったように、支払いが滞った場合には、残金全額を一括で支払う義務を取り決めておきます。


この規定によって、分割金の支払遅滞を抑止することになります。

分割払いの条件とする場合には、この期限の利益に関する条項を示談書に定めることが一般的となっています。

 

(2)遅延損害金を設定する

遅延損害金(遅延利息)というのは、支払期日に遅れた場合のペナルティの一種のことです。

あらかじめ約束した期日に遅れた場合には、支払い完了に至るまで、滞納・未払金額について一定割合の利息を付すことで、支払いの遅延を抑止することになります。


支払期日に遅れた分の金額について、払うまで利息が付されて、支払者はいつまでも支払わないままにしておくと、どんどん利息が増えていくということになります。

これをもって早期の支払いを促すことに繋がります。

利息(利率)の上限は、消費者契約法において元本の14.6%(日割計算)とされていますので、実務上はこの14.6%を遅延損害金の利率とすることが多いです。

遅延損害金についても、口約束のみではトラブルの原因になってしまう可能性があるため、きちんと書面(示談書や誓約書)を取り交わして、契約書で規定することになります。

 

(3)公正証書を作成しておく

分割金の支払いを確保する方法として、公正証書を作成するという方法があります。

公正証書を作成しておけば、万が一分割金の支払いが滞ったときに、給与の一部差押えなど強制執行を行うことができる効力を付与してもらうことができます。

公正証書を作成しておけば、分割金が支払われなくなった場合でも、強制執行で支払いを確保することができるため、不払いのリスクを最小限にすることができます。

ただ、公正証書を作成するときには当事者が揃って公証役場へ赴き公証人の面前で押印を行わなければならないという手続き面での高いハードルがあります。

公正証書を作成するときには、事前に公証人と内容のすり合わせをする必要があります。

示談条件にあいまいなところがあるなど、事前の準備が不足していると、何度も公証人と打ち合わせを行うことになる場合もあります。

そのようなことを避けるため、事前にある程度しっかとした示談書案を用意しておくとスムーズに公正証書を作成することができます。


当事務所では示談書の作成や、公証役場とのやり取りを代行するプランも用意していますので、示談書や公正証書の作成を検討する場合には、本ページ下部のフォームからお問い合わせください。

 

分割払いのときは示談書が必須

(1)慰謝料の支払い条件を明記した示談書を取り交わす

一括支払いのときも、分割払いのときも、慰謝料の授受が発生する場合には、示談書(和解合意書)の作成は必須といえます。

示談書を作成することによって、慰謝料の金額が確定し、万が一、不払いなどのトラブルが発生したときには、示談書(和解合意書)に基づき、トラブルを解決(未払金の請求)することになります。

示談書を取り交わして、慰謝料の支払い条件を明らかにしておかなければ、一度合意に至った金額も「やはり支払えない」「もう少し減額してほしい」と、後から覆されてしまうリスクを負うことになります。

示談書を取り交わすことで、不倫相手の慰謝料支払い義務を明確にする(固定する)ことができます。

 

(2)支払者側は追加請求を受けないようにする

慰謝料の支払い者側は、一度慰謝料を支払った後に、被害者側から追加請求を受けないようにするという点から、示談書を作成するメリットがあります。

一度慰謝料を支払い解決に至ったにもかかわらず、被害者側から「追加でもう少し支払ってほしい」といった請求を受けることを防ぐ必要があります。

このように慰謝料を支払う側にとっても、被害者側からの追加請求や連絡を、遮断するため示談書を取り交わしておく必要性があると言えます。

慰謝料を支払う側、慰謝料を受け取る側、双方にとって示談書を取り交わしておく必要性があるのです。

 

(3)相手の住所(請求先)を確認する

慰謝料の支払いが滞ったときや、再び密かに会っている、連絡を取り合っているといった状況になってしまった場合には、相手方に対して、法的請求を行うことになります。

具体的には、慰謝料・違約金の支払いや、不貞関係の解消を求める、通知・請求書を作成して、内容証明郵便などを送付して、法的請求を行います。

また、通知・請求をおこなっても、それでも相手が支払いに応じない場合、最終的には調停や訴訟等の裁判所の手続きで解決を図ることとなります。


このように内容証明郵便で通知・請求書を郵送する場合も、裁判所の訴状を送達する場合も、いずれも相手の住所・氏名の情報が必要になります。

お互いに住所を知らせないまま示談書や誓約書を取り交わすことも、あるにはあります。

住所を書かず、氏名のサインのみで済ませる形式で書面を作成します。サインのみでも契約は有効に成立します。

しかし、後にトラブルが生じて相手に法的請求を行う可能性があることを考えると、示談書や誓約書を取り交わす際に相手の住所を確認しておくことが大切です。

通常の契約書では、お互いの「住所・氏名」を自署する構成になっています。

 

分割金の支払いが滞ったら

(1)内容証明郵便による通知書で請求する

慰謝料の分割金の支払が滞った場合には、相手に対して支払いの請求をすることになります。

示談書に書かれた支払い条件を、履行するように求めることになります。

ここでもし示談書を作成していなかったときには、契約した証拠が手元にないため相手への請求に苦労することになってしまいます。

実際の請求方法は、相手に対して口頭・メール・LINEで請求をする方法か、

または、内容証明郵便による通知・請求書を相手に送付して、示談書どおりの履行を求めることになります。

口頭等の直接交渉では相手が支払いに応じない可能性が高いときは、通知・請求書の郵送による書面通知を行うことが一般的となっています。

弁護士等が代理交渉するときも、内容証明を相手に郵送する方法で法的請求を行うことになります。

 

(2)弁護士に回収を依頼する

通知・請求書面で、慰謝料(分割金)の請求を行っても、それでも相手が支払いに応じない場合は、弁護士に交渉の代理を依頼することになります。

弁護士は、本人の代理人として、弁護士名義で内容証明を送付します。

弁護士から請求を行っても、それでも支払いに応じないときは、調停・訴訟等裁判所の手続きで解決を図ることとなります。

示談書を作成していた場合は、相手の支払い義務・支払い条件が示談書で明確になっているため、調停・訴訟などで、相手は言い逃れをすることができなくなります。

変な条件になっていない限り、示談書どおりの慰謝料の支払いが認められる可能性が高いということが言えます。

 

やはり現金(振込み)での一括支払いがお勧め

これまで説明したとおり、慰謝料の支払い方法は、一括支払いと、分割払いが考えられます。

分割払いは受け取り側が不払い・支払が滞るリスクを抱えることになりますので、どうしても慰謝料が支払えない場合など、やむを得ない場合以外は、一括支払いを選択すべきであると言えます。

慰謝料の満額を一度に受け取ることができないときは、多少金額を減額してでも、相手との関係を断ち切ることができるため、一括で慰謝料を振り込んでもらった方が良いかもしれません。

相手からの支払いが滞ったときに、未回収の分割金を回収するには、相手に対して正式に法的請求を行うことになる可能性が高いといえます。

回収時の労力・ストレス・費用・時間などを鑑みると、多少減額を受け入ることになったとしても、一括で支払いを受け、示談成立後の不倫相手との接点を断つ方が良い場合もあります。

 

誓約書

「夫婦の約束を法的書面で文書化する。

男女間で絶対に守ってもらいたい約束の№1は「浮気をしない」ことではないでしょうか。何度も浮気を繰り返す恐れのあるパートナーには、書面で二度と浮気をしないことを誓ってもらうほかありません。

お客様の生の声を是非ご確認ください。

当事務所は、男女問題に関する法的書面作成で多くの実績があります。多数のお客様の生の声を是非ご覧頂き、安心の実績をご確認ください。

メールでのお問合せ、ご相談は24時間受付中!

代表デスク

まずはご相談から、お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

04-2935-4766

受付時間:10:00~17:00(土日も対応可能)

info@kekkon-keiyaku.com

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

10:00~17:00(土日祝対応可)

04-2935-4766

info@kekkon-keiyaku.com

メールでのお問合せは24時間受け付けております。メールにてお気軽に問合せていただいて構いません.
遠慮なくご連絡ください。

サイドメニュー